« きょうのベット<473479> | トップページ | きょうのベット<473790> »

2008/04/28

きょうの杓子定規

Jg17

最後までヤンキース・松井秀の出番はこなかった。九回に代打の準備はしたが、グラウンドに出るまでに試合が終了した。故障以外では初めてとなる2試合連続の欠場だった。
 「(欠場の)予感はないけど、あっても不思議ではないと思ってましたよ」。試合後、淡々とした表情で松井秀は振り返った。この日のイ軍先発は、通算9打数無安打の左腕サバシア。スタメンを外れても不思議な組み合わせではなかった。
 開幕前には松井秀とダンカンを“ツープラトン”で起用するプランがあったのも事実。構想を貫く方針なら、今後も左腕が先発する試合でのスタメン落ちが多くなる可能性はある。
 松井秀は試合前、無念を晴らすように普段より多めのランニングをこなした。「あんまり休みすぎてもアレだし、ひざのためでもある」。数少ない機会でも、左腕を苦にしないことを試合でアピールするしかない。本当のレギュラー扱いは、その先にある。 by デイリースポーツ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=12290

開幕前の方針をデフォルトに、過去の成績をインプットして、

出てきた結果をそのまま採用。

それなら「人間」は必要ない。

人間には「やる気」っていうものがあるって知ってるのかな?

「結果」を残してもこういう待遇だと、流石の松井も「切れる」可能性もある?

そんな中、

米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜選手が、球団公式ホームページで行われている「最も優れた指名打者は誰か」を問うファン投票で、2位以下を大きく引き離し堂々1位の得票率を獲得している。ファンは「DH・松井」を高く評価しているようだ。

 松井は28日正午現在(日本時間)、過半数を超える53パーセントの得票率で1位に選ばれている。2位はジェイソン・ジアンビーで21パーセント、以下3位はホルヘ・ポサダの16パーセント、4位ジョニー・デーモンの10パーセントとなっている。

 松井は主砲アレックス・ロドリゲスが妻の出産に立ち会うためチームを離れていた23日と24日のホワイトソックス戦では「4番・DH」で先発出場し、連日ヒットを放つなどチームの勝利に貢献した。しかし、ロドリゲスの復帰後、27日と28日のインディアンス戦では2試合続けてスタメンから外れ、出場機会はなかった。 by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=12283

ちょっと微妙な評価だけど、本来はレフトで認められたいよね。

兄貴はともかくポサダやデーモンとDHで争うっていうのもちょっと違和感があるし。

であしたはどうするのジョー?

|
|

« きょうのベット<473479> | トップページ | きょうのベット<473790> »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/20629966

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの杓子定規:

« きょうのベット<473479> | トップページ | きょうのベット<473790> »