« ダブルの撃沈 | トップページ | きょうの? »

2008/05/10

きょうの読了「マグマ」

マグマ (朝日文庫 ま 27-1)

相変わらずの力作で、今回は「女ハゲタカ」ということですが、

ハゲタカというよりは「掃き溜めに鶴」って感じですかね。

それにしてもこの作者は凄い。今の日本の現状をあまりにも的確に著していて、

思わず「ノンフィクション」なのかと錯覚する程。

相変わらず事故と隠蔽が治まらない原発の実態を見るにつけ、

ホントにこのままでいいのか、日本に真の「恒久エネルギー」は出てくるのか、

この作品が現実のものにならないかと思わずにはいられません。

でも単に夢物語にならず、世界政治、国内での政、財、官の闇についても

赤裸々に暴き出していて、その中で「弄ばれ」ながらも奮闘する主人公に

自分を投影しながら一気に読了しました。

で、実際に「地熱発電」に未来はあるんですか?

|
|

« ダブルの撃沈 | トップページ | きょうの? »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/20871917

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「マグマ」:

« ダブルの撃沈 | トップページ | きょうの? »