« きょうの採用<1477> | トップページ | きょうのベット<476635> »

2008/05/08

きょうの完敗

Cl3

今季ここまで5勝0敗と好調を維持するクリーブランド・インディアンスの左腕クリフ・リー投手が7日、開幕から無傷の6連勝で来ていたニューヨーク・ヤンキースの右腕エース王建民投手と対決。7回無失点の好投でこの戦いを制するとともに、メジャーの先発投手(規定投球回以上)で唯一の防御率0点台をキープした。

 昨季は不調で7月にマイナー落ちも経験したリー。対する王建民は2年連続19勝のエース。それでも、リーは「相手投手が誰だろうと全く関係ない。無失点の投球をできるだけ長いイニング続け、チームに勝つチャンスをもたらしたいだけ」と強気だった。

 白星を手にしたリーはア・リーグトップの6勝に並んだだけでなく、今季44回1/3を投げて25安打、2四球、39奪三振、自責点わずか4と内容もほぼ完ぺき。1968年に22勝9敗、防御率1・12でナ・リーグMVPとサイ・ヤング賞に輝いたボブ・ギブソン(カージナルス)さえ、開幕から6試合は55イニングで35安打、12四球、36奪三振、自責点8(防御率1・31)だった。

 エリク・ウェッジ監督は「ここまでの働きをするとは誰も予想しなかっただろう。彼はこれだけの力があることを証明した。それも1試合や2試合だけではない」とリーの快進撃をたたえた。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=12627

台湾vs中国?のエース対決は完全に李の勝ち。

初めて見る投手だったけど、テンポが速いね。あっという間に攻撃時間が終わってる。

王も七回3失点ならクオリティスタートってやつだよね。

ダルビッシュvs涌井は昨日は涌井の勝ちだったけど、リベンジはできるかな?

(ってインディアンス戦は明日で終わりじゃん。来年までお預け)

Oh28

チェンの次は王かあ。。。モー様は大丈夫だよね?

|
|

« きょうの採用<1477> | トップページ | きょうのベット<476635> »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/20843118

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの完敗:

« きょうの採用<1477> | トップページ | きょうのベット<476635> »