« きょうの採用<1504> | トップページ | ダブルの撃沈 »

2008/05/09

きょうのホームランショー

Rc25

朝携帯チェックしてとりあえず勝ってるのを確認して、安心してもう一眠り。

体調が悪くてきょうは休んで見ちゃおうかなとも思ったけど、

なんとか布団から這い出して出社。

そして帰宅後さっそく録画鑑賞。

デーモンの「首傾げの」5号でスタートしたこの試合、

この後兄貴にロビン、ベテミットにも出るんだよね?

松井は第一打席に簡単にレフト前で17試合連続をあっさり達成して

きょうの流れで一発も欲しかったところだけど、

第二打席のセンター前もホントに簡単に打ってるね。

兄貴のドン詰まりのアッパーデッキ弾でこれが6号なんだよね。

ミルキーと共にヤンキースのホームラン王で追いつけないかな?

でも無理に一発を狙いにいくとこの好調が崩れそう、っていうのもあるしね。

で点をもらった次の五回に連打で3失点ってやっぱり簡単にいかないムース。

あっという間の同点で、結果を知らなかったらもう諦めてたところ。。。

そしてその裏ロビンにダブル、間を置いてデーモンにもダブルが出て4-3。

ツーアウトになってからの点は大きいね。

でムースは五回で降板でオーレンドフに交代。

簡単に三者凡退でチェンに続いて信頼できるセットアッパーかな?

松井の第三打席は惜しい当たりのファーストライナーで、

そういえば最近打点がないんだよね。前にランナーがいない場面が多いのと、

ここぞの場面で意外と打ててないんだよね。

七回のオーレンドフ(名前長いね。。。でも名前がロスだからそれもあれだし)、

ヒットも打たれたけど危なげないピッチングで後は二人に任せた。

そしてロビンにスプレーヒットが飛び出して5-3。これでちょっとは戻ってくるかな?

そして「最後のヤンキースタジアム」のマウンドにマサ小林が登板。

でAロッドの代わりのベテミットにいきなりバックスクリーンへの一発。

日本人投手はサードベースマンに打たれる運命なのかな?

八回から方程式通りのチェン。

ショートゴロ、ライトフライ、そして因縁のデルーチに落ちる球での空振り三振で

一回転してのガッツポーズ!やっぱり期するものがあったんだろうね。

Jc13_2

松井の最終打席もいい当たりだったけどショートにいい場所で捕られて4-2で終了。

そして最後は42番のモー様登場。

ショートゴロ、0-2からちょっと簡単に行き過ぎてのライトオーバーのダブル、

インサイドを詰まらせてのセカンドフライ、最後はサードゴロでまたもや無失点で

9セーブ目を獲得。チェンとは一味違う落ち着きのあるピッチング。

「きょうは全打席、感じとしてはよかったと思いますよ」。試合にも勝ち、満足げな表情で振り返る。四回二死の第2打席でも中前打を放ち、ここ5試合で4度目のマルチ安打を記録した。
 17試合で本塁打は1本だけ。「ホームランにフォーカスを当てればそうなる。あんまり意識しないようにしてますけど」と本人も分かっている。しかし、自身の打撃には手ごたえを感じている。「打球の角度は意識してない。常に自分のバッティングをするだけ」と言い切った。
 もはや長距離砲の面影はない。17試合で放った23安打のうち、15本が中堅から左へのもの。ジラルディ監督も「広角に打てるのが持ち味」と分析するように、テクニシャンとしての一面が際立つシーズンだ。 by デイリースポーツ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=12658

自分でもそういう感じなんだね。そうなると次のホームランもちょっと先かな?

であしたの井川は、というかタイガース戦は中継なしなのね。。。

BSデジタルでもないか。。。ムースもイマイチだったし、ホントに頑張ってもらわないと。

Jd24_3

どういう関係なのかな?

( Western Conference Finals of the 2008 NHL Stanley Cup Playoffs between the Detroit Red Wings and the Dallas Stars at Joe Louis Arena on May 8, 2008 in Detroit)

|
|

« きょうの採用<1504> | トップページ | ダブルの撃沈 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/20859883

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのホームランショー:

« きょうの採用<1504> | トップページ | ダブルの撃沈 »