« きょうの衝撃 | トップページ | きょうの「一球」 »

2008/06/09

きょうの誰?

2008年F1第7戦のカナダGPは、現地時間(以下、現地時間)8日にモントリオールのサーキット・ジル・ビルヌーブ(1周4.361km)で決勝日を迎えた。午後1時(日本時間:9日午前2時)より70周の決勝レースが行なわれ、BMWザウバーのロバート・クビサが、1時間36分24秒447(平均速度189.987km/h)で自身とチームにとってF1初優勝を挙げた。さらにチームメイトのニック・ハイドフェルドも2位に入り、BMWザウバーがワン・ツーを飾っている。 by ISM

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000110-ism-moto

自動車レースのF1世界選手権シリーズ第7戦、カナダ・グランプリ(GP)は8日、当地のジル・ビルヌーブ・サーキット(1周4.361キロ)で70周の決勝を行い、予選2位のロベルト・クビツァ(ポーランド、BMWザウバー)が1時間36分24秒447で初優勝した。2位は同チームのニック・ハイドフェルト(ドイツ)。BMWザウバーは2006年のF1参戦以来、初タイトル獲得とワンツーフィニッシュを果たした。
 中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)は48周目で他車に追突し、マシン破損でリタイア。トヨタ勢ではティモ・グロック(ドイツ)が4位に入り、ホンダ勢ではルーベンス・バリケロ(ブラジル)が7位。ポールポジションでスタートのルイス・ハミルトン(英国、マクラーレン・メルセデス)は序盤戦でクラッシュした。  by 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000025-jij-spo

自動車レースF1の今季第7戦、カナダ・グランプリ(GP)は8日、当地で決勝を行い、ロバート・クビカ(ポーランド、BMWザウバー)が1時間36分24秒447のタイムでF1通算初優勝を飾った。
 ニック・ハイドフェルド(ドイツ、BMWザウバー)が2位に入り、BMWザウバーが1―2フィニッシュ。デビッド・クルサード(英国、レッドブル)が3位で表彰台に立った。
 ポールシッターで大会2連覇を目指したルイス・ハミルトン(英国、マクラーレン)は、ピットレーン出口で総合覇者のキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)に後方から接触。両者はリタイアした。また、中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)もリタイアした。 by ロイター

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000543-reu-spo

わたし的には「ロバート・クビサ」なんだけど、どれがホントなの?

でいつの間にかポイント首位だったんだ。

少しは面白くなってきた?

|
|

« きょうの衝撃 | トップページ | きょうの「一球」 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/21527002

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの誰?:

« きょうの衝撃 | トップページ | きょうの「一球」 »