« 今季初の「首位」決戦 | トップページ | きょうの「お約束」? »

2008/07/27

それぞれの引導

Xn01

ニューヨーク・ヤンキースの井川慶投手が、ついにメジャー40人枠から抹消。これまでつけていた背番号「29」も、新戦力のハビエル・ネイディ外野手に奪い取られた。井川は今後、傘下の3Aスクラントン・ウィルクスバレー所属扱いとなるが、ヤンキースでメジャー昇格するためには40人枠に再び入る必要があるため、復帰はかなり厳しい状況となった。

 これは26日に正式成立した、ヤンキースとピッツバーグ・パイレーツとのトレードに伴う措置。ヤンキースはパイレーツからネイディと救援左腕ダマソ・マルテ投手を獲得し、若手有望株4人を放出。ネイディらをメジャー登録するために、井川とリリーフ右腕ラトロイ・ホーキンズ投手をメジャー枠から外し、さらに若手のブレット・ガードナー外野手をスクラントンに降格した。

 井川は5年2000万ドル(約21億5000万円)の大型契約でヤンキースに入団したものの、メジャー1年目の昨季は2勝3敗と低迷。今季も開幕からマイナー暮らしが続き、メジャーではわずか2試合の登板で0勝1敗、防御率13・50と振るわなかった。

 なお、パイレーツへ放出となった選手は当初、ロス・オーヘンドルフ投手ほかマイナー選手3人と伝えられたが、正式発表では、メジャー経験のある右腕ジェフ・カーステンズ投手が含まれていることが判明。両右腕と、ヤンキース傘下でも屈指の有望株として評価の高いホセ・タバタ外野手らマイナー2選手が移籍することになった。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15291

背番号が29でヘルメットの番号が39なのが急遽の移籍って感じが出てて

その余波での戦力外っていうのがさらなる悲しみを誘います。

カーステンズも一時はスタータ候補でもあっただけに、

入ってきた二人には必ず活躍してもらわないと。

田端外野手はどれほどの有望株だったのか。

ガードナーは育てる余裕はなかったのか。

(博士の処遇には納得)

ギリギリでの動きが予想外に大きくてちょっと吃驚したけど、

現金男の最後の仕事が吉と出るか凶と出るか。

で井川はメジャーリーガーではいられないの?

結局飼い殺しなの?

チームが勝ってるだけに逆に辛いです。

(で松井も戦力外なの?)

|
|

« 今季初の「首位」決戦 | トップページ | きょうの「お約束」? »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

ゲーム差が縮まってきましたね~
後半戦のヤンクスの強さは流石です!

井川さんはロースターから外されましたが
彼にとっては選択肢が広がってよかったと思います。
詳しく知らないけど、ウェーバー通過した選手は
最低年俸で他の球団が雇えるみたいなので
(前の契約年俸は全額ヤンクスが負担)
他の球団が雇いやすくなったと思います♪

>Re:樹里亜

そうみたいですね。
ヤンクスもそれを承知でやったってことですよね?
で引き取り手は?シアトルとのトレードの駒にはなるんですかね?

でも一気にきましたね、勝ちも補強も。
で松井はもうどっちでもいいってことなんですかね。

NHKも明日のボストン戦以降はシアトルモードで
オリンピックが始まったらさらに減るんですかね。。。

でこの連勝いつまで続くのか。

投稿: ヒロミ⇔樹里亜 | 2008/07/27 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22580072

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの引導:

« 今季初の「首位」決戦 | トップページ | きょうの「お約束」? »