« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/31

きょうの常識・非常識

六本木のサイクルショップに電話をして、そこで買ってなくても修理してくれる、

とのことでお店に。

でタイヤを見せて空気を入れる部分を取ったらパンク防止剤がダラダラと落ちてきて、

「防止剤入ってるんですか?」と聞かれて「はい、買ったときに入れました」と言ったら

「防止剤は絶対入れちゃだめなんだけど。少なくとも都心のお店では絶対に入れない」

って言われて、

でもそもそも買ったお店で勧められて入れたんだけど。

で家に帰って調べてみたらその自転車屋チェーンが無条件で勧めてたみたいで

なんでもかんでもお店を信じちゃいけないのかなと。。。

でもよくわからない状態でお店の人に勧められたら信じるよね?

防止剤が入ってるから修理を断られた人も結構いるみたいで、

その業界では常識なんだろうけど、素人からしたら実際にそういう体験をしないと

分からないし。

まあ遠出してる時に起きなかっただけ良かったのかな?

結局なんだかんだで自己責任ってことなんだろうね。

(でもどうしてもサイクルショップの人って好きになれない。

きょうのお店の店員さんも、いきなりため口だし、普通に「です・ます」会話って

できないのかな?

馬鹿丁寧なのも嫌だけど、一応お客なんだし、明らかに年上なんだから。

別に「お客様は神様」だとは思ってないけど、社会人としての常識だと思うのはダメ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/30

都会の盲点

先週自転車に乗ろうとしたら後ろのタイヤがペッタンコで、

でも空気を入れたらパンパンになってよかったと思ったら、

空気入れを抜いた途端に逆戻り。

どこかのネジが緩んでるのか分からなくてひとまず諦めることに。

そしてきょう赤坂見附にある自転車屋を探してやっと見つけたと思ったらお休み。。。

そして一気に雨が降ってきて見附の駅に避難。

ベルビーの本屋で時間を潰して少し雨が収まってきたので

溜池にあった自転車専門店へ。

確かこの辺と思ってようやく見つけたと思ったら、

「当店でお買い上げの商品以外の修理は致しません」

「マニアではない、少しでも自転車スポーツに興味を持つ人たちに最高のホスピタリティを提供すること」

とか言ってるのは本心なの?

雨が降る中どうしようもなく自宅に戻ることに。

分かってはいたことだけど、なんとかならないのかな。。。

やっぱり商店街って必要だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何週間振りの土曜の朝?

Ys38

現地時間の金曜夜7時、日本時間の土曜朝8時。

2年前はホントに当たり前だった松井秀喜のいるヤンキース戦。

それが故障による離脱、

日本人メジャーリーガーの続出による他チームの試合中継増と

様々な要因が重なって普通に見られること自体も珍しくなり、

その試合を勝利する、さらに松井が活躍して、

となるとホントに数%の確率になってくる。

単純に土曜の朝の生中継が7月26日のボストン戦以来で、

その日は野暮用で途中退席だったし、松井もまだDL中だった。

で松井がいた土曜日となると、6月21日のレッズ戦で松井は4-2も敗戦試合。

勝ち試合は6月14日のアストロズ戦。W松井対決でこの日も4-2、試合は2-1。

きょうはこちらも何年ぶりに見た?パバーノが、球は高めにいくも何とか六回一失点、

そして七回からブルーニー、マルテ、べラス、ラミレスとそこまで代えるかって感じの

継投で、昨日に引き続いて八回からモー様。

それも1アウト1,2塁の場面でって頼りすぎじゃない?

ラミレスもいい三振とってもう一人いってもよかったんじゃない?

まあとりあえず勝てたからよかったけどどういう心境の変化なのかな。

それにしても相手投手のバーネット。八回二失点で負けって可哀想杉。

松井もまったく手も足も出ずの3タコで、でもあの投球じゃショウガナイカ。

片やボストンも零図も圧勝ってどうでもいい。。。

きょうも数%に含まれない試合にはなったけど、

こうなったらもう最後まで付き合いますか。

(明日はラズナーだけど、もう今日みたいな継投はできないよね?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/29

奇跡の髭男爵

Jg25

いつの間にかまた髭が戻ってた兄貴。

昨日の最終打席に続いての起死回生の代打同点ホームラン。

八回一人一殺リレーで同点の場面でモー様投入でどうなるかと思ったけど、

ユーク、ベイ(キャプテン送球エラー)、コッツェ、

ラウリー(兄貴逆シングルでのキャッチ)、コーラを打ち取っていよいよ最後の攻撃。

ネイディセンター前、ロビン強烈なサードライナー(バント失敗後)、

代走ガードナーが松井の初球に盗塁。一塁が空いて敬遠で1アウト1,2塁。

途中出場のパッジが粘りに粘って歩いてついに満塁でまたもや兄貴。

そしてボストンもパペルボン投入。

きょうはジョーが先手でフランコナはちょっと後手?

これ以上ない場面で打席に入って初球、二球目とインコースを見逃し、

三球目が外に流れてそれをセンター前にポトリと落としてサヨナラヒット!

意図的なのかタマタマなのか、一応ジラルディ采配が当たったのか?

焼け石に水なのか、奇跡の始まりか?(なんてもう言わないけど。。。)

Hm157

とりあえず明日の生観戦生松井に期待できるか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/28

最近の空欄

アリナミン

こちらの広告を駅のホームで見て、

思わず出たのがこの言葉。

「○○不振」ときたら、

続きを読む "最近の空欄"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/27

今季の終焉(確定)

Ap19

最後のヤンキースタジアムでの最後のボストン3連戦。

点を取っても取られて、最後は後一本が出ず、

オカジー、パペに抑えられての敗戦。

この3連戦がホントに最後のボストン戦になりそうだね。。。

今から零図が3位に落ちて、ボストンとヤンキースが残るなんて

1%もないからね。

現ヤンキースタジアムとともに、ひとつのヤンキース時代が終わるのかも。

っていうかそろそろ新生ヤンキースが誕生しないと。

来年どういう顔ぶれになるかまったく未知数だけど、

誰が監督になるのかな?

そして松井の立ち位置は。

あまりにも早すぎるシーズンオフだけど、お疲れ様でした。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/08/26

きょうの予定調和

「星野監督しかいない」

どこまでいっても彼の発言に左右される日本球界。

どこまで野球を私物化すれば気が済むの?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/25

きょうの一枚

Rc30

K氏情報で探したらありました。

ちょっとユニフォーム大きすぎだけど、お父さんのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/24

今回のオリンピック(総括)

「感謝」「連覇」「悲願」「失望」「日本○○」

  

まず一番印象に残ったのは、各選手のインタビューでの

「家族」「コーチ」「仲間」「ファン」への感謝の気持ちを表したもの。

今までそういうインタビューを聞いていても「ホントにそう思ってるの?」

って感じだったけど、今回様々な選手の声を聞いていて、実感として周りのみんなに

支えられての結果だったというのが改めて感じられました。

    

そして一旦は競技から離れるかもしれない状況に追い込まれてからの復活&連覇を

成し遂げた選手たち。

一度頂点を見てさらなる目標を持つことの難しさ、

それを支えた家族やスタッフ、応援するファン。

9個の金メダル中7個が連覇っていうのは

ちょっと次の大会に向けて心配ではありますが。

  

そして何といっても今大会の一番は「悲願の金メダル」女子ハンドボール。

いままでの歴史を見てきたものとしては(まあ五輪期間だけですが。。。)

長年の夢である、「オリンピックでアメリカに勝って優勝する」という悲願が達成されて

本当に嬉しく思いました。

それも「最強の」アメリカを相手にしての勝利ということで、

最後の大会というのだけが残念ですが、こちらは大丈夫だと信じています。

   

そしてその反面「失望」したのが野球。

確かにストライクゾーンの「不安定さ」という要素はありましたが、

それはどのチームにも当てはまるもので、

やはり星野監督を信頼しすぎたのが敗因だったのか。

世界大会、一発勝負という環境の中で、

選手の状態を正確に把握し、その場その場で一番いい状態の選手を起用する。

駄目だと思ったら即座に切り捨てる「非情さ」というものが最後の決め手だったと。

来年のWBCがあっという間に来てしまいますが、

次回は監督選出、選手の選抜、バックアップ体制と、間違うことが許されない状況。

前回優勝国としての自覚、今大会の結果と合わせて、

今度こそ負けられない戦いになる、ということを今一度考え直して望んでほしいです。

  

今回のオリンピックは改めて「世界大会」というものを実感した大会だったと思います。

「日本柔道」「体操日本」「日本野球」

日本人の価値観の中育ったスタイルが世界の中でどういう位置にいて、

これからどう変化すべきなのか、変化してはいけないのか、

改めて考えさせられる時に来た気がしました。

中国での開催ということで、始まる前からいろいろありましたが、

始まってしまえばやはり世界のトップの真剣勝負に魅了されて、

あっという間に終わってしまった感があります。

きょうの男子マラソンで最後に競技場に入ってきた佐藤選手に対しての「加油」コール。

最後の最後でようやく中国の応援に共感できました。

  

フェルプスの八冠、ボルトの圧倒的な勝利、シンクロロシアの満点演技、

頂点の中の頂点のパフォーマンスが今回もたくさん見られて、

内容的には大満足なオリンピックだったと思います。

Sb3

続いて欲しいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふたつの数字(444&500)

Hm156_2

ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が23日(日本時間24日)、敵地でのボルティモア・オリオールズ戦に「7番・指名打者」で先発出場。7回に9号ソロアーチを放った。また、この一発が日米通算444号(日本通算332本、メジャー通算112本)となり、通算本塁打数で長嶋茂雄巨人終身名誉監督が持つ日本歴代12位の記録に並んだ。ヤンキースは5-3で勝利を収めた。

 21日の試合で復帰後初アーチを記録した松井はこの日、オリオールズ先発のジェレミー・ガスリー投手と3度対戦。初回は2死一、二塁のチャンスで打席に立つも、ファーストゴロに倒れる。4回、先頭での2打席目も空振り三振に凡退。しかし、再び先頭で迎えた7回の打席では、ガスリーが投じた4球目を右中間スタンドにたたき込んだ。9回の打席はファーストゴロ。この日は4打数1安打、1打点の活躍でメジャー通算500打点も記録した。 by major.jp

http://mlb.yahoo.co.jp/japanese/headlines/?id=2120500&a=16119

ようやく意味のある「打点」となって、プラス2つの記録もおまけでついて、

そろそろ7番はないんじゃない?

まあ兄貴とネイディも打ってるからっていうのもあるけど、

流れを考えたらやっぱり5番でしょ?

(で誰か戻ってたの?一試合くらいじゃ足りないからね。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2008/08/23

きょうの読了「容疑者Xの献身」

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)

途中までは読者に全てを晒しているかに見せかけて、

全く思いもよらない結末を提示する。

当たり前ではあるが、だからこそ引っかかる。

「幾何の問題にみせかけて、じつは関数の問題」

それがそこかしこに散りばめられて、彼さえいなければそれは

何事もなく達成されていた。

でもひとつの郵便物がかつての同窓生を結び付けてしまう。

「数学者」

その頭脳さえあれば全てをそこで展開できる。

腕も足も必要ない。

それが幸福なことなのか、凡人には理解できないが、

そんな彼が出会ってしまったのが彼女。

それほどの思いを持てる相手が見つかったことが「救い」だったのか、

「堕落」だったのか、今はだれにも分からないだろうが、

それほどの思いを持たれた身にとってはそれに甘えるだけなんて

逆にできない、というところまでは「計算」できなかったのか。

金メダルを取る、と見せかけて、彼は何を提示したかったのか。

これも彼にしか、否、彼にも分からないのかもしれない。

(堤真一じゃカッコよすぎるっていう判断は映画化に当たっては成されないんだよね。

そこが「切欠」になってる、っていう設定はどう表現してるのか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/22

何本目の空砲?

Hm155

携帯チェックを途中で止めて、思い出した頃BOXを見たら「1HR」の文字が。

0-13からの3ランで全くの焼け石に水状態だけど、松井自身どう思ってるのかな?

「今日の試合であれ以上できることは何もなかった」

「負けを受け入れて、前進するしかない。でも、こういった負け方は本当に厳しい」

誰かさん見たいに記録に走るわけにもいかないし、無理しても馬鹿を見るだけだし、

どういうスタンスで取り組めばいいのかな?

来年の構想に残る為にアピールをするのか、唯唯打席に集中するのか。

(ところで来年WBCやるんだよね?って出るわけないか。)

でいまさら?

続きを読む "何本目の空砲?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今朝の出会い

今朝ミッドタウンの前を歩いてたら、何やら撮影中?

特に規制はしてなかったからズンズン歩いていったんだけど、

その先には見覚えのある顔が3人。

「あれ?桃井かおり?隣は?名前が出てこない、もう一人も、顔ちっちゃ!」

って思いながら速度は緩めることなく一瞬の遭遇。

でてっきりまた化粧品CMの撮影かと思ったらこの組み合わせはなかったか?

でも一人は「吹石一恵」であると分かったんだけどもう一人が出てこない。

「京子」っていうのだけは分かったんだけど苗字が出てこない。

でも名前だけだとなかなか検索ってできないもんだね。

出演ドラマも名前が出ないし、キーワードになる言葉が。

モデル上がりの女優っていうのはキーワードにならなくて、

所属事務所の名前も分からず結局携帯では分からず。

そして家に帰ってPCで「京子」と検索したら出てきました。

「長谷川京子」でした。

それ程珍しい名前ではないとは思ってたんですが、鈴木京香は出てきたんですが

なぜかまったく出てこない。

で「吹石一恵」と合わせて検索したらでてきたのがこちら

偶然なのか鈴木京香も出てるのね?

ここにきて初めて見た芸能人がいきなり3人ってのも凄いけど、

どんなドラマになるのか?とりあえず初回だけは見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの無理心中

Hj2

七回に藤川が出たときに、「あれ?八回はどうするの?」と思ってて、

案の定八回は岩瀬。

この時点で負けを確信しました。。。

当たってないスンちゃんにまわってきて

一発だけはと思いながら結局打たれて万事休す。

GGのエラーとかは関係ありません。

上野で心中するのは誰もが納得ですが、岩瀬では無理心中と言うしか。

結局情に流された「星野ジャパン」ではなく「星野さんと不愉快な仲間達」。

きのうのソフトの喜びが半減したきょうの試合。

これだけのピッチングスタッフを揃えながら、

決勝を見据えすぎた温存&温情采配。

結局はじめから藤川、岩瀬、上原と決めてかかっていたのがそもそもの間違い。

っていうかもう書く気が起きない。

録画がうまく録れてなかったみたいだけど、見る価値がないってことなんだろうね。

でみなさん帰ってくるんですか?

――調子の良くない岩瀬を、どうして大事な場面で起用したのですか?

(韓国メディア)

星野監督 それは私のやり方ですから。

だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/21

最初で最後の金メダル

Yu

初回不運な当たりで満塁までいったけどなんとか無失点で抑えたのが効いてきたのか

三回三科の今大会初ヒットのダブル、バント後のショート内野安打で待望の先取点!

そして四回3番山田が高めのボールを思い切り引っぱたいて

センターオーバーの追加弾!

と思ったら雨が激しくなってきて一時中断。

宇津木氏の言うとおり流れを変えたくないのもあるし、そこまでひどくもない雨で

これがどう影響するのか。

でなでしこを見てみたら0-1で負けてる。。。

きょうも上野が投げてて、うまい具合に力が抜けて、丁寧なピッチング。

20分弱の中断からどう展開していくか。

四回表ツーアウトランナーなしから再開。

広瀬三振でチェンジ。

四回裏、二回目の4番ブストス。

軽ーく合わせただけのバッティングであっという間にスタンドイン。

パワーもあるけど打撃もうまい。二球同じ球は駄目だね。

そしてなでしこはもう一点取られて0-2で4位決定。

よくやったとも言いたいし、もう一歩とも思うし。。。

上野も最後はドキッとしたけどセンターフライで後続は抑える。

五回表はまたオスターマンの投球が低めに決まりだして三者凡退。

五回裏、上野もきっちり攻めて三者凡退。

(それにしても宇津木氏叫びすぎ。こっちがヒヤッとする。。。)

六回表アメリカはアボットにスイッチ。

さらに球が速くて重い。どうなってるの?

それでも3番山田、きっちりセンター前に打ち返して凄いねえ。

4番馬渕、109kmが肘に当たってツーアウト1,2塁。

最後はチェンジアップで佐藤は三振。うまいねえ。

六回裏、2番にヒットが出て3番バントでブストス敬遠。まあしょうがないか。

1アウト1,2塁でギリギリの投球でフォアボールで満塁。

6番をショートフライ、7番もセカンドフライで今度も守り抜いた!

あと一回、あと一回!

七回表、広瀬低めをサード横に捌いて三科バントをセカンド送球も取り損ねて

ノーアウト1,2塁!

峰はピッチャー強襲でランナー進めて1アウト2,3塁。

打球が足に当たってどうするアメリカ。

藤本ピッチャーゴロもホーム送球エラーでサードホームイン!

二人目はホームタッチアウトも1点追加で3-1!

最後は見逃し三振も貴重な一点。

さあ最後の「攻撃」!

先頭打者がセンター前で出たけど、ショートファールボールを追って追って掴んで、

1番のサードライナーを執念のキャッチ。

そして最後もサードゴロ。ファーストにボールが渡ってついに勝った!

勝ったんだよね!

宇津木「監督」も嬉しくて言葉が出ない!

しばらく無言の中継の中、健闘を称えあう選手たち。

やっとここまで来たんだね。

絶対勝てない、なんてことはない、ってことをようやく証明してくれた彼女達。

Sb1

本当におめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの一本

「ブルージェイズ1-5ヤンキース」(20日・トロント)
 復帰2戦目のヤンキースの松井秀喜外野手(34)は、ブルージェイズ戦に指名打者で出場し、復帰後初安打となる左中間二塁打を放った。4打数1安打で、6月22日以来の安打。
  ◇  ◇
 球場内の大型画面に映し出された松井秀のほおは緩んでいた。復帰7打席目で記録した初安打は、左中間を破る二塁打だった。
 八回一死の第4打席。フレーザーの速球を迷わずフルスイング。「いいバッティングだったと思います」。故障前と同じ、快音を響かせた後の“松井節”で振り返った。
 安打が出るまでの3打席も、単なる凡打ではなかった。頭に描くイメージと体の反応も「そんなに離れてはいない」と言う。打撃の精度に関しても「打席を重ねていけば上がっていく」と自信満々だ。“打てるかどうか”に対する不安は、復帰2試合目で早くも払しょくした。
 反省材料は出塁後の走塁だ。次打者のカノが放った一直で飛び出し、帰塁できずに併殺となった。左ひざを気にしたわけではなく「判断ミス。打った瞬間、抜けるんじゃないかと思った。一瞬の判断はかなり鈍い」。約2カ月のブランクは試合に出ることで埋めるしかない。
 地区首位レイズからは10ゲーム差と、厳しい状況に変わりはない。「結果を出してチームが勝つようにプレーしていくしかない」。チームへの貢献が復帰の目的だ。奇跡を起こすためには、存在意義を示し続ける必要がある。 by デイリースポーツ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=16052

点には絡まなかったけど最終打席でようやく一本。

これで明日も出してもらえるかな?

でも7番じゃあんまり意味がないんだよね。

兄貴も上がってこないし5番でいいんじゃないの?

中継がなくなった途端に打ち出したりして。

まあ勝ちゲームも久々の経験だし、ロードでリタイアだけは勘弁ね。

(で9月のNHKの放送予定は立ってないの?ハイライトのみ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうで終幕

Af

「夢の舞台で五輪チャンピオンと試合できてよかった」。北京五輪卓球女子シングルス4回戦で、世界ランキング1位の張怡寧選手(中国)に敗れて全試合を終えた福原愛選手(19)は、笑顔で振り返った。
 2005年から世界最高峰の中国スーパーリーグに参加。中国語も堪能で、中国では「瓷娃娃(ツーワーワー、磁器の人形)」「小愛(シャオアイ)」の愛称で親しまれる。試合中は張選手への「加油(頑張れ)」の大声援に交じり、中国語で「
福原愛」コールも起きた。「(張選手は)北京出身なのに、(自分を)応援してくれてうれしい。中国の人の声援が聞こえた」と福原選手。
 「納得いくプレーができた。アテネ出場はラッキーだったけど、北京は狙って出られたので満足。悔いは残っていない」とも。家族や監督への感謝を口にした後、報道陣に「ありがとうございました」。愛ちゃんスマイルで締めくくった。(了) by 時事通信

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080821-00000114-jij-spo

第二の故郷で最高の舞台を満足して終われるって、色々な意味で「有難き」こと。

ひとつのステージが終わったのかな?

次のステージは何を目標にするのか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふたつの金&世界新

Uv1

Uv

凄い、凄すぎる。(ってどっちも見逃してる。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/20

ふたつのタイブレーカー

Ue

結局きょう一日で何球投げたのか。(正式記録21回、318球。シンジラレナイ!)

野球との二元中継で書き出したんだけど、あまりにも終わらなくて書き直し。

それにしても凄すぎる。

午前10時半からのアメリカ戦で九回を投げて、午後6時からのオーストラリア戦も

最終的には12回を投げきっての勝利。

点を取らせる為のタイブレーカーが機能しなかったのか、

延長八回から5回で1失点だからね。

点を取られた11回の裏に再度追いついて、12回にようやく満塁からのセンター前。

七回ツーアウトからの痛恨の同点弾後、ここまで引っ張られるとは。

で明日も投げるの?

結局野球は六回裏から本格観戦ということだけど、こちらも動かないねえ。

ダルビッシュの先発も二回で降板で三回からはマー君って調整登板ってこと?

韓国戦かキューバ戦でもう一回先発するのかな?

六回裏1アウト1,2塁からセカンドバーデンの二つの「守り」勝ちで無得点。

でこちらも11回に突入して初めてのタイブレーカー。

ノーアウト1,2塁からのスタートで打順も選び放題。

ピッチャーは10回に続いて岩瀬で、アメリカは8,9番がランナーで1番バッターから。

そしてバントをしてくるのかと思ったらいきなり初球をヒッティングで

センター前へのタイムリー。1,3塁。スタートまでにごちゃごちゃしてて

集中力が欠けてたか。。。

さらに初球をライト前でさらに1点でまたもや1,3塁。やられた。

こちらはきっちり機能してるタイブレーカー。

で今度もセンター前に落ちて3点目。またもや打たれる岩瀬。

4番をようやく三振に取るもファーストゴロの間にホームインで4点目。

最後はファーストフライも4点は多すぎ。

そして日本は荒木、西岡がランナーで2番青木からの攻撃。もう打つしかない。

で青木は三振、新井はセンターフライ、稲葉にようやくライト前タイムリーが出るも

遅すぎでしょ。

中島にレフト前が出て2-4でツーアウト1,2塁で川崎。

ワイルドピッチでランナー2,3塁となって一打同点?

そして川崎敬遠で代打慎之介。一発狙ってる?

最後は変化球をファールフライで終わった。もうこの時点で終了。

ベスト4の4位。上位3チームに全敗ってもう駄目でしょ。

このチームで勝っちゃ駄目ってことでしょう。

韓国に潔く負けて帰ってきてください。ソフトボールに期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの復帰(しただけ。。。)

「ブルージェイズ2-1ヤンキース」(19日、トロント)
 故障者リスト(DL)入りしていたヤンキースの松井秀喜外野手(34)は約2カ月ぶりに復帰。ブルージェイズ戦に「7番・指名打者」で出場し、3打数無安打だった。
  ◇  ◇
 打順は回ってこなかった。ネクストサークルで待機していた松井秀は、スコアボードをちらりと見てベンチに戻った。6月22日以来58日ぶりに、メジャーのグラウンドに立った。だが、安打も勝利も記録できなかった。
 球団の手術勧告を拒否して目指した今季中の復帰は「7番・指名打者」という形で実現した。「久しぶりだったんで、いい緊張感を味わった」。チームメートとの全体練習ではキャッチボールも再開。気合を入れて臨んだ一戦だった。
 だが、これが調整試合とメジャーの違いなのか。ブ軍先発のバーネットの前に3打数無安打。チーム全体でも7回13三振。起爆剤としての役割を松井秀に期待するのは酷な試合だった。
 「スイング自体は悪くない。目が慣れれば何とかなるんじゃないかと思う」。松井秀は前向きに復帰戦を振り返った。まずは1本の安打。再出発はそこからだ。 by デイリースポーツ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=16021

家を出る時間を少し遅らせてなんとか第一打席だけは見たんだけど、結局3-0。

点も初回のアブちゃんのヒットエンドランの1点だけって、ラズナーが良かっただけに

ホントに「終戦モード」なのかな。。。

トロントにスイープされたら4位転落だし。

どうせなら5番とかでいけないもんかね?もう様子見してる段階じゃないでしょ?

まあバーネットに八回13三振ってこれじゃ勝てないか。

これからどう展開していくべきなのか。

1.まさかの快進撃でなんとかワイルドカード。

2.ギリギリのところで及ばずにシーズン終了。

3.全く浮上せずにそのまま終了。

まあ3のパターンが一番現実的だけど、そうなったらGM、監督と解雇っていうのは

あるのかな?

そうなってもらってホントの意味での「改革」が行われないとこの先もない気が。

とりあえず監督だけでも代えてもらって。

でその中で松井は残っているのか。

Jd27

一日二つのエラーって。。。打てなくてもミルキーってわけにはいかないか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/19

今後の展開

韓国がキューバに勝って、事実上1位通過でキューバは2位。

そして明日のアメリカ戦に勝てば3位、負ければ4位。

3位ならキューバと、4位なら韓国と準決勝。

WBCのことを考えると韓国、キューバの順番の方がいいかとも思うけど、

明日アメリカに負けてるようじゃ金メダルなんて夢のまた夢。

それに4位だと準決勝が11時からになっちゃうからやっぱり3位にならないと!

木曜一日休みでこれからのローテーションはどうなるの?

ダル、涌井、杉内、和田、(休み)、成瀬、涌井ってことはやっぱり明日はダルだよね?

ダル以外の先発はきっちり仕事をしてるし、明日きっちりダルが締めて、

キューバに成瀬、韓国にもう一回和田を当てて、ピンチになったら即座に継投で

総動員体制で乗り切るしかないよね。

中国戦は6回までに10点取って、七回も涌井がそのままで戦力温存作戦に。

調整登板させるほど余裕がないのかな?

10-0のコールドゲームで、とりあえず決勝トーナメント進出決定。

でも中国は韓国相手に0-1と競ってたんだよね。

どこでどういう結果になるかは全くわからないし。

ここからアメリカ、キューバ、韓国とひとつも負けられない戦い。

もうやるしかない!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/18

まさかの勘違い

銀のヌデレバは大勘違いを犯していた。独走していたトメスクの存在に気づいたのは、ゴール手前41キロ過ぎの折り返しだった。「驚いた。前にいたのに気付かなかった」トメスクが20キロ過ぎに抜け出した時は、集団の後方につけていたため分からず、トップ集団にいると思い込んでいた。この勘違いがなければ当然、抜け出せていた。

 40キロ地点で1分1秒差。それまで集団の中で足元も滑ったため慎重な走りを続けていたが、昨年の世界陸上女王は猛然と追い上げ、トラックに入って地元・中国の周春秀とデッドヒート。競り勝って1位に22秒差でゴールした。

 2大会連続のメダル獲得はモタ、エゴロワ、有森裕子に次いで4人目。「この結果には失望はしていない。私の辞書に失望はないの。2回目の出場で2度目の銀メダルはすばらしいと思う」と、36歳は胸を張った。 by スポーツ報知

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080818-00000059-sph-spo

これもコースマジックだったのか。

縦長集団で道が狭まる箇所もたくさんあって、

走りながら順位の確認までは無理だよね。

でもこういうことって今までなかったのかな?

トメスク自身も何で追いかけてこないのか不思議がってたけど、

スパートに気が付かないなんて思いもしないだろうし。

誰か教えてあげるタイミングってなかっただろうし、

何か対策を打たなきゃいけないことだよね。

これだけ情報戦っていってる中で、順位っていう最低限知っとかないといけない情報が

疎かになってるなんてホントに灯台下暗し。

金メダリストになるのってホントに「ラッキー」なことなのかもね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最後の復活

Hm36

左ひざ痛のためフロリダ州タンパでリハビリを続けるヤンキースの松井秀喜外野手(34)が、前日に続いてマイナーの1Aの試合に出場し、3打数1安打1四球。19日(日本時間20日)のブルージェイズ戦(トロント)でメジャー復帰することが濃厚となった。
  ◇  ◇
 四回無死一塁。松井秀が放った打球は三ゴロだったが、併殺にはならず一塁でセーフ。「一番強く走れた。ギアを上げてみたという感じ」。六回二死では右前打も放ち、順調な調整ぶりをうかがわせた。
 タンパでの実戦は3試合で終了。17日は実戦形式の打撃練習を消化し、ニューヨークへ戻ることが決まった。松井秀自身の準備はOK。「(首脳陣に)プレーできるかと聞かれれば『できる』と答える」。あとはチームドクターの検査結果を受けた首脳陣がゴーサインを出すかどうかだ。
 チームは連敗をストップさせたが、地区首位のレイズには9・5差をつけられている。チャンスが残っているうちに戦線復帰しなければ意味がない。「そういう気持ちはもちろんある。どこまで力になれるかは分からないけど」。はやる気持ちを抑えるように、松井秀は話した。 by デイリースポーツ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15953

みんなが諦めてても、松井が諦めていない限り、信じて応援するだけ。

何番だろうと、代打だろうと、一点を追いかけて最後の最後まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/17

4つのメダル

Ki00

奇しくもアテネと同じ色になったけど、それぞれ全く別の色に見えたメダルたち。

でもそれぞれ「晴れやかな」笑顔が見られてそれだけはよかったと思う。

もうこの4人が揃うことはないだろうけど、それだけに価値のある4人だった。

でもその4人の仲間になれなかった選手たちが何人いたのか。

野球の代わりにレスリングの階級をもうすこし増やしてあげてもと。

ですぐに10月にまた世界大会があるんだって?

もうちょっと休ませてあげたいねえ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日跨ぎの連敗

Hj1

お盆で実家に帰ってちょっと人と会うことになって、自宅に帰ったのが7時。

女子レスリングは金と銀という「予想通り」の結果になって、

まあしょうがないかと思ってて、赤坂に帰るには微妙な時間で

親父が飯を作ってたっていうのもあって、

しょうがないから韓国戦を見てから帰ろうと思ってたんだけど、

まあ予想通りすんなり終わるはずもなく、魔の九回が終わった段階で、

「これで帰るのか。。。」と思ったら、まさかの反撃で「これじゃ帰れない!」

ってことになったんだけど、ノーアウト2,3塁からの三者凡退という、

三度目のまさかで結局終電に間に合わずに自宅に泊まることに。

そしてチャンネルを変えると100mが終わってる。。。

まさかまさかの9.69。それもゴール前で横を向いての記録ということで

信じられないこと尽くし。

ホントに人類に限界はないんだね。

そして朝一で帰ろうかと思ったら、そういえばきょうは女子マラソンか、

ってことでこちらを見てから帰ることに。

でも途中で土佐がやばくなって、中村も集団から離脱したところで

時刻表をみて帰ることに。

それにしても「マラソン中継」を何だと思ってるのか。

ただでさえどうなるかわからない北京のマラソンコースでの試合だったのに、

CMを見てるのか中継を見てるのかわからない放送内容で、

こんな中継するならNHKに中継権渡せ!って感じで途中で見る気もなくなって。

でもあんなロングスパートでそのまま独走するなんてね。

ホントにオリンピックはわからない。

で家に着いて男子400mメドレーリレーが見れて、米、豪に続く銅メダルで

日本も凄い位置に来たもんだなと。

これからは残りのレスリング、あと二人、馨はともかく京子はどうなるか。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/15

最後の・・・

「正々堂々」

この言葉の意味を知ってる選手はどれくらいいるのか。

一試合中に何度も帯を締めなおし、その度に休んで流れを切って、

最後の最後で気をつけていた背負いを食らっての敗戦。

勝つためにはなんだってやる。

そういう考え方もあるかも知れないけど、そんな勝利が後の人生に生きてくるのか。

そんな選手に負けたこと自体は本当に悔しいだろうけど、

そんな勝ち方で金メダルを取らなくてよかったとも思う。

柔道とJUDO、今回は嫌と言うほど言われてきたけど、

戦い方とか戦略とか以前に、「武道」であることがあまりにも忘れられていることに

日本人としての「違和感」を持たざるを得ない。

精神論だけでは駄目だけど、「心技体」揃ってこその競技者だと思う。

石井に最後に決めて欲しかったけど、ここは相手も途中で諦めてて

動かない相手から一本を取るのはちょっと難しかったかな。

でも最重量級の二連覇が決まって、なんとか形にはなったか。

って言ってる間に野球が始まってた。

「屁のツッパリ」、「遊びたい」の後の「練習したい」は余計?

篠原氏の言うとおり、確かにしゃべらない方がよかったか。

この大会で「柔道」は終わるのか、進化するのか退化するのか。

4年でどう変わるのか、楽しみであり不安でもあり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/14

きょうの贅沢

Kk03

当たり前のように独泳での金メダル。

でも生で見てても100mの時のような「痺れ」はない。

ここまで金5銀3銅3と金が先にいってる状況。

でも6日目にしてもう「観戦疲れ」。

昨日は柔道、野球、フェンシング、バレーボールと休む間もなく見て、

見るだけでも疲れるんだなと。

でもきょうは柔道が男女ともに予選落ちで野球が雨で1時間遅れと

ちょっと一休み。

きょうはようやく新星が体操男子に登場で、次こそ金と頼もしい声。

でどうした柔道男子。

あしたの100kg超級も新人の石井で、やっぱり安定感の棟田が見たかった気が。

野球はきょうも先制を許して、台湾にこれじゃ予選敗退もある?

柔道が終わって競泳もひと段落すると今度は女子レスリングって

またまた女子。男子はどうなの?

で中継の方は各局レポーターを送り込んでるけど、中継の合間にちらっと写るだけで

別にいらないんじゃない?

バレーボールのタイムアウト毎のCMインはウザイけど、

それ以外は今のところ気にはなってない。

で不治のあの穴は出てない?一応北京には行ってるみたいだけど

あの陰気くさい顔じゃさすがに出せないか。

ようやく阿部に一発が出て中島もセンターオーバー。

打線がなんとかしないと勝てないからね。

でまだ勝ててない男子バレー。中国から初勝利なるか?

きょうもまだまだ眠れません。

そして九回ようやくストッパーを引きづりおろして大学生相手に4点取って

最後は「最高の状態」を見せつけた上原。

5点差とか関係なく素晴らしい投球。一球の無駄球もなく完璧な締め。

これが本来の上原なんだよね。

一時はどうなるかと思ったけど、なんとか初勝利。

後は4番の復活を待つだけ。

新井なんとかしてくれ!

Sa2

まずは一勝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/13

ふたつのキューバ斬り(ならず)

Mu2

柔道女子70キロ級と野球の二元実況行きますか。

試合開始直前でオーダーが「確定」するというおかしなルールで

実際のとこはどうなの?

西岡、青木、森野、新井、稲葉、阿部、里崎、宮本、川崎、そしてダルビッシュ。

西岡センター前、青木デットボール、森野初球をきっちりバントで1アウト2,3塁。

新井は見逃し三振であのインコースはきついね。

と思ったらあっという間に上野朽木倒しの一本勝ちで4つ目の「連覇」!!

一本か技ありか判断つかずにしばらく押さえ込んでたけどきっちり一本。

それまでずっと表情を変えなかった上野が畳を降りるところでようやく笑顔が。

こちらも家族の支えがあっての金メダル。

で稲葉凡退でチャンスを生かせず。。。

ダルビッシュは惜しい球が外れて四球スタート。

盗塁を決められるも三振、ライトフライ、三振とピンチを切り抜ける。

しかし二回裏、センターオーバーのトリプルにすかさずセンター前へのタイムリーで

先制を許すことに。

さらにヒットエンドランで1,3塁。たまらず大野コーチがマウンドへ。

インコース攻めが災いしてデットボールで1アウト満塁。

1番バッターをショートフライ、最後はレフトフライで3者残塁。

なんとか1点で抑えた。これは大きい。

そして今度は表彰式。

ちょっとフライング気味に壇上に。もういつもの彼女に戻ったのか、微笑。

銅鑼入りの君が代、ちょっと気に入っちゃったんだよね。

涙はなく最後は思い出したかのような笑顔。

(今気づいたけどキューバの選手、ちょっと可愛いね。)

そしてその間にヒット、ダブル、レフトライナーの間の生還とあっという間の同点!

でもまたもや先頭打者にダブルを打たれてまだまだ長いこの試合。

ファーストゴロで送られて、前進守備の間を抜けてのライト前タイムリーで1-2。

後続は抑えたけどすっきりいかないね。

四回表、稲葉、阿部(セカンドエラー)と続いて里崎ピッチャー正面へのバントで

サードフォースアウト。

見越してたはずなのに宮本サードゴロダブルプレー。痛すぎる。。。

四回裏、行かれたかという打球がギリギリフェンス前で失速もキャッチできず、

その後すかさず三盗で動いてくるね。

三振も取るも2四球でまたもや満塁。

でもなんとかレフトフライに打ち取って粘るね。

五回表、川崎足の怪我を押してのライト前で代走を断っての一塁。

西岡凡退も青木センター前、牽制ミスでボークとなって1アウト2,3塁に。

森野腕に当たってちょっと具合が気になるけど満塁のチャンスで4番新井。

なんとかライトに運んで川崎懸命に走って同点に!

ランナーそれぞれ進んで2,3塁で稲葉。センターフライで逆転まではいかず。

五回裏、100球を超えて3つめの四球。

さらに左中間に持っていかれてここまでか。

頭から代えた方がよかった気もするけどそうもいかないか。

続く投手は成瀬。

追い込んでから痛烈なレフト前で二人かえってバッターもセカンドへ。

パワーもあるけど足も速いね。。。

とここでフェンシング男子フルーレ太田選手の決勝戦が始まって、

またもや二元中継に。

1セット3分間の3セットマッチの第1セット、1-3で第2セット。

二回の同士討ちもどちらも相手ポイント。

2-6となったところで剣の交換。気分も変えて再スタート。

3-9で第2セット、連続ポイントで差が開く。

接近戦の離れ際のポイントでうまい攻めだね。

第3セット1点先取でまずはいいスタート。

1点の攻防で5-10。さらに連続ポイント、6-10。

入れ替わり際の1点で6-11。

さらに横から6-12。残り1分。

そして13点目が入ってあと2点で終了。

3点返すも最後は15点目が決まって試合終了。

でも史上初の銀メダル獲得。最後まで頑張りました。

ようやく野球に戻れる。

七回はマー君登板でいきなり三振。球が切れてるね。

でも難しい球も何球かであっという間に対応してくる。

ライト前に鋭く運んでレベルが高い。

でも今度はストレートで三振。配球も考えないと。

でアメリカは韓国にサヨナラ負け。九回に3点取って2点取られるって

凄い試合になってるね。

最後もストレートの三振でアウトは三つとも三振。

でも八回も三者凡退でこのまま終わる?

で八回裏は藤川が「調整登板」?

三人で抑えるもみんないい当たり。みんなフルスイング。

対応能力の高さは半端じゃないね。

九回先頭の阿部がセカンド右に鋭くセンター前、

でも里崎のスイングが塁審の判断を待たずに主審が三振をコールし、

ちょっと抗議しかけた星野監督に話しかけただけで「退場」コールをしてきて、

でも選手交代の為のベンチアウトということで退場は回避って。

で代打は村田。もう一発しかない。

三振ストライクをひとつオマケしてもらったけど結局ライトフライ。

最後のバッターは中島。三球三振でゲームセット。

この結果がこの先どういう展開になるのか。

やっぱり強い、速い、うまいキューバ。

日本は爆発力がないと勝てない相手だね。

この経験が生きるか死ぬか。

どうなる星野ジャパン!?

Dy2

やっぱり韓国戦だった?

Yo3

いろいろ器械だらけで大変な競技だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/12

一瞬のひらめき

At2

これこそ「日本柔道」「美しい柔道」でしたね。

2大会連続のオール一本勝ちでの連覇!

準決勝までは押さえ込みによる一本で、決勝では相手が出てくるところを

うまく体に乗せての綺麗な内股。

回転の途中で笑顔が浮かぶほどの完璧な一本。

呆然自失のデコス。

調子がいい、余裕がある、自信もある。

それが逆に作用してしまうのがオリンピックの怖さ。

でもそれを上回るものがあるからこそ勝てるのかもしれない。

ここまで3つの金はすべて「連覇」によるもの。

苦しい4年間を乗り越えての勝利は「最初の金」の何倍も嬉しいだろうね。

(でもそろそろ「新星」が出てきてもいい?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢のまた夢

女子マラソンで五輪2連覇を目指す野口みずき(シスメックス)が北京五輪を欠場することが、12日分かった。直前の練習で左脚太ももを痛めた。代わりに出場する選手はいない。 by 毎日新聞

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080812-00000023-maip-spo

舞台に上がることなく4年間が終了。

誰の責任なのか。それ程に鍛錬と酷使の狭間の見極めが難しいということなのか。

でも補欠登録していないっていうのはどういうことなのか。

あれだけ候補がいてその中で3人が選ばれたというのに、

結果的に2人しか出場できないって、懲戒ものじゃない?

「お疲れ様」とも言えないなんて。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/11

きょうの読了「のだめカンタービレ#21」

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)

今回の表紙は「声楽」ってこと?初めて楽器が見当たらない。

ゆっくり読もうと思いながら結局一気に読みきっちゃって。。。

千秋&Ruiのラベルが強烈なインパクトをのだめに与えて

ついにのだめからプロポーズ。

でもそれは「逃げ」の一手でも。

そんなタイミングでミルヒに出会って千秋より先にコンチェルトをやることに?

でパリ編テレビアニメが10月スタート?!

こちらも楽しみです。

でホントにやっちゃうの、のだめ?

「美しい音が聴こえるうちに」 意味深です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢の終わり

Os1

チャンネル変えて「あれ?男子だっけ?」と思ったら反対のコートはオグシオだったから

「女子」だったんだと分かったけど二人とも髪短すぎ。

髪型だけでなくパワーも男子並みの世界ランキング3位の中国ペア。

スマッシュを打つ度に歓声があがる観客席。

微妙な判定はことごとく相手側のポイントになり、第1セットは8-21で落とす。

最後はドロップショットで強打だけではないのが憎いところ。

気持ちを切り替えての第2セット。

小椋の強打で先制するもそこから一気に9点取られて、2-11で折り返すことに。。。

オーバーのシーンが多すぎ。パワーセーブする余裕がない。

強打の連打になすすべなし。

イージーミス、判断ミスも出て結局なにもできずに5-21で敗戦。

第一シードが負けてる中国としてはなんとしてもという試合だったと思うけど

あまりにも完璧な内容で。

こうなったらスエマエに頑張ってもらわないと。

(でもホントによく勝ったね。)

やっぱりこういうことだったのね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢の途中

Sm01

シャトルがネットにかかって相手側のコートに落ちた瞬間、2人は喜びのあまり、その場に崩れ落ちた。北京五輪のバドミントン女子ダブルス準々決勝で“スエマエ”こと、末綱聡子、前田美順組(共にNEC・SKY)が、世界ランキング1位でアテネ五輪金メダルのヤン・ウェイ、チャン・ジーウェン組(中国)を下す大金星を挙げた。最強ペアを下しての準決勝進出。メダル獲得へ大きく前進する勝利だった。 by スポーツナビ

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/beijing/badminton/text/200808110012-spnavi.html

中国応援団の前で世界ランキング1位相手に2セット目も落としそうな場面からの

逆転での勝利。

喜び方がハンパじゃないね。植田監督バリ?

決勝でオグシオと当たるなんていう「奇跡」はあるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年の終戦(90%)

米大リーグ、ヤンキースは11日(日本時間)、敵地でエンゼルスとの3連戦の最終戦を行い、3-4でサヨナラ負けを喫した。

 ヤンキースは初回にエンゼルス先発サンダースの立ち上がりを攻め、アブレイユとA・ロドリゲスの連続タイムリーで2点を先制した。しかし3回、フィギンスとアイバーの連続タイムリーと、テシェイラの犠牲フライで3点を奪われて逆転された。
 それでもヤンキースは4回、無死一、三塁のチャンスで、カノのセカンドゴロの間に三塁走者が生還し、3-3の同点とした。
 試合はその後、両チームとも追加点を奪えず、同点のまま9回裏へ。ヤンキースは2番手マルテが1死一、二塁のピンチを招くと、マルテに代えて抑えの切り札リベラを投入。しかし、フィギンスに決勝のサヨナラタイムリーを浴びて、3-4で接戦を落とした。

 ヤンキースはエンゼルスとの3連戦で痛すぎる3連敗を喫し、首位レッズとのゲーム差は「8.5」にまで広がり、2位レッドソックスとの差も「4」となっている。 by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15786

ついに「3戦目の法則」も敗れて二度目のスイープ敗戦。

スパートを掛けるのが早すぎたのか、采配ミスなのかは分からないけど

自分的には9割方終わったって言ったら駄目?

零図は全く落ちるどころか上がる一方でボストンとの差も4で、

これだけが唯一のよりどころ。

松井が戻ってくるのが先か、雌雄が決するのが先か。

でも今年は膿を出し尽くす為に負けた方がこれからの為なのか。

ワイルドカードで上にいるツインズ戦が最終決断の材料ってことに。

(オリンピックどころじゃないんだけどね。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

報道の自由?

Kk02

「なんも言えない」

これが実感なんだろうね。

オリンピックで世界新を出しての金メダル。

録画で見ても伝わってくるんだからやっぱり生で見たときの衝撃は

比較にならないだろうね。

でも「選手」より「応援団長」を写す神経は分からない。

感動を奪われた感覚。彼は分かってるのか?

伝えなければならないことと自然に伝わることに意味があることの違い。

自己満足を見せられてもこちらは嬉しさが半減するだけ。

いつになったら気づいてくれるのか。(一生気づかないだろうなあ。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/10

最初の金

Mu1

最後の技は何だったのか。

一瞬背中から落とされてあれっと思ったらいつの間にか押さえ込んでて

一旦は足を掛けられたけど直ぐに振りほどいて後は秒殺でタップ勝ち。

喜びの笑顔から込み上げる気持ちを抑えながらの退場に思わずもらい泣き。

客席の奥さんは早くも取材攻勢で少しはゆっくり喜ばせてあげたら?

「仕事をしただけ」

言ってみたいです。

中村選手はまだ決勝レベルではなかったみたいだけど、

先が楽しみな選手であることは確か。

こちらも「無念の」銅ではありましたが、次はやってくれるでしょう。

(中村トオルに似てるのは気のせい?)

で男子サッカーは終戦。早すぎ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

これまでの変遷

いつの間にか引っ越してから1年が経って、ちょっと思い出しながらこれまでの

引越し変遷を書いてみようかと。

ちょっと長くなるかな?

続きを読む "これまでの変遷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/09

最後の一本

Tr2_2 

勝利の瞬間も全く表情は変わらず、綺麗な払い腰が決まった。

観客席への挨拶も一瞬の笑顔のみ。

初めての3位決定戦。どんな気持ちで向かって、どんな気持ちで帰ってきたのか。

その前の3位決定戦で勝った選手の喜びようとは全く意味合いが違う勝利。

それまでの試合でイマイチ技の切れが感じられず、

負けた試合も技が決まらずに結果的に反則負け。

でも相手も戦う「意志」が全く見られない。

何故か3度目だけ谷だけに指導が来てのポイント差。

一瞬何が起こったのかわからなくなって時間が止まった谷。

後は終始逃げに回っての勝利でガッツポーズ。

やはりこれだけを見てもこれは「柔道」ではない。

そして谷を破ったヨーロッパチャンピオンの「見事な」一本勝ちでの金メダル。

谷のお株を奪う、組んで直ぐの秒殺一本。

今回の結果が彼女の柔道人生においてどういう意味を持つのか。

連覇の難しさ、勝ち続けること、第一線にい続けることの難しさ。

ここでの結論には誰も何も言えない。

でももう一度あの笑顔がみたいのも確か。

お疲れ様と言いたかったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今後の断髪?

Mr40

身なりに厳しいロサンゼルス・ドジャースへのトレード直後、ジョー・トーリ監督と最初の面談でトレードマークのドレッドヘアを切る約束をしたマニー・ラミレス外野手。それから1週間経ち、未だ約束を実現させていないラミレスに業を煮やしたのか、トーリ監督がいつ髪を切りにいくのか尋ねたところ、ラミレスは「来週」と答えたという。

 トーリ監督いわく、監督は髪を切れと命令したのではなく、ドレッドヘアはラミレスにとってどれだけ大切なものか尋ねただけだったとのこと。それに対し、ラミレスはチームに馴染むことが大事で、特別扱いはされたくないと答えたという。

「長い間慣れ親しんだ髪型だし、デリケートな問題だ。私が選手だったら新天地に来てあれこれ押し付けられるのはうんざりだからね」と、ラミレスに対して理解を示すトーリ監督。さらに入団から6試合で4本塁打という球団新記録を打ち立てたラミレスのパワーが、髪を切ることで失われるのではないかとの心配すらのぞかせる。

「もしそんなことになれば(髪を切らせた)私はクビだ。この後も本拠地での連戦が続くし、私の評価はがた落ちになるだろう。監督を始めた25年前には想像もできなかった事態だ。昔の監督たちもお墓の中で何事かと憤慨しているだろうね」と、完全にスター優位に変わってしまったメジャーリーグの流れを皮肉っている。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15741

髪を切らせて首だなんて、思ってはいないだろうけど、

デーモンの断髪はいい結果を生んだのかな?

髭男爵のカットはいい方に向ったみたいだけど、どうなるのかな?

リーゼントとか似合ったりして。ってそれはないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/08

名投手の実力

Mm28_2

米大リーグのヤンキースは8日(日本時間)、敵地でレンジャーズとの4連戦最終戦を行い、3-0で快勝した。左ひざ痛のため故障者リスト(DL)入りしている松井秀喜は今月中の復帰を目指し、フロリダ州タンパで調整中。

 試合は、ヤンキースが初回にジーターのソロ本塁打で先制。5回にはデーモンのタイムリーで追加点を奪い、2-0とリードを広げた。9回にはジーターのタイムリーでダメ押しとなる3点目を挙げた。

 先発のムシーナはレンジャーズ打線に8安打を打たれながらも、要所を締めるピッチングで7回を無失点に抑える好投。8回はブラニー、マルテと継投し、9回は連投となったリベラが締めくくった。
 ムシーナは15勝目(7敗)を挙げ、ハーラートップに並んだ。
 
 この日試合の無かった2位レッドソックスと、3位ヤンキースのゲーム差は「3」に縮まった。  by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15703

去年の状態が「年相応の」成績だと思ってたのに、

今年の状態は何と表現したらいいのか。

これが真の実力なのか?でもタマタマで残せる成績じゃないし。

去年はかろうじての11勝が今年は既に15勝。

17年連続10勝以上、去年はガクッと落ちたけど三振も200以上の時期も

あったんだよね。

114の貯金ってどうなんだろ。

ペティットが14年間で2004年だけ6勝であとは10勝以上で貯金は91。

シリングは結構浮き沈みが激しくて20勝以上が3回もあるけど

1桁勝利も働き出してからでも8回で貯金は70。

乱爺は20勝以上3回、1桁勝利4回で貯金は135。

結構コンスタントではあるけど、ムースほどの安定感ではない。

ヤンクスでの2シーズンは共に17勝してたんだね。何か負けてるイメージが強いのは

気のせいだったのかな?

ペドロは20勝以上2回、1桁勝利3回(ここ2年連続)で貯金116。

1999年の23勝4敗、313奪三振でサイヤング賞は凄すぎだね。

マダックスは20勝以上は2回も19勝も5回あって、20年連続10勝以上、

貯金も133で、現役ではやっぱりナンバーワンなんだろうね。

これだけの投手をまともに見たことがないってちょっと罪なこと。

アリーグとナリーグって日本人にとって大きいのかな?

何とかテキサスに2勝2敗で収まって、明日はまたもや天使軍団。

チェンの代わりの久々ケネディ、今季初勝利なるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/07

今年の法則?

Ir03

何故かマッチアップの3戦目は負けない法則がきょうも発動して?3連敗は免れる。

でもパッジが負傷退場って。。。

(それほど重症でなくてよかったけど、相手はDL入り。ガタイが違う?)

柔道王のハンター、やっぱりそっち方面に行ったほうが良かった?

点をもらってすぐに逆転されちゃあね。

ポン損はとりあえず久々の勝利で4人の継投で最後はこちらも久々のモー様。

髭男爵から髭がなくなって今度は何になったのかな?

ホームランも出て厄落としは成功?

でこんなニュースも。

素材は悪くないとはずっと思ってたんだけど、ヤンクスでは芽が出なかったのが残念。

井川もこうなると出たくもなるよね?

お金を返上して他所に行くっていうことは契約上できないのかな?

チェンは駄目っぽいね。。。どうしてこうなるのかな。。。

ケネディが穴を埋め返せるか?

Rc29

この顔で訴えられたら審判も可哀想に思っちゃうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/06

きょうの空砲

Rs2

試合は、レンジャーズの一方的な展開となった。初回にハミルトンの今季27号2ランで先制点を奪うと、その後も追加点を重ねて終始リード。投げては、7月8日にメジャーデビューを果たしたばかりの左腕ハリソンが、6回1/3を5安打2失点に抑える好投を見せ、今季3勝目(2敗)を飾った。ハリソンにとってヤンキース戦の登板は、この日がキャリア初めてだった。一方、ヤンキースは走者を出しながらも併殺打など拙攻が目立ち、“新顔”投手の前に犠牲フライで1点を返すのが精いっぱい。それでも7回、疲れを見せたハリソンに対し四球と二塁打で走者をため、代わった中継ぎ投手から押し出し四球で1点をもぎ取ると、8回にはセクソンが追撃の満塁弾をたたき込むも反撃及ばず。ヤンキースの先発投手を務めたペティットも5回5失点と精彩を欠き、今季9敗目(12勝)を喫した。 by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15641

六回1アウト満塁から二者連続三振で切り抜けたのに、

七回もまたもや二者連続三振取って何でそこから3点取られるかな?

四球、ヒットエンドランで久々のブルーニー登板が誤算だったのか。

もう一人ロバートソンいってもよかったんじゃない?

四球で満塁になって走者一掃の3RBIダブル。。。痛すぎる。

その前の満塁で押し出しの一点しか取れなかっただけに。

その後の満塁弾はやっぱり遅すぎってことになっちゃった。

ホームランでランナーがいなくなったのが逆に勢いをなくした感も。。。

まあ1試合で4つもダブルプレー取られたら勝てないよね。。。

6安打6点ってことだけど10四死球ってどういうこと?

テキサスは8安打8点8四死球って両チームで四死球18ってどうなってるの?

せく損ももうちょっと早く打ってくれてればね。。。

これだけ打線が好調なんだから、もう一点やらない守備ができないかな?

明日の「3戦目」で負けたら今年も終わりかな。。。

ポン損vs防御率10点台のまたもやルーキー。

どっちもどっち?

(でチェンバレンの状態は?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/05

今後の大懸念。。。

Jc21

敵地レンジャーズ・ボールパークで行われたテキサス・レンジャーズ戦に先発したニューヨーク・ヤンキースのジョバ・チェンバレン投手が、右肩の違和感を訴えて5回途中に降板した。なお、同球場では昨年もフィリップ・ヒューズ投手が左太ももを痛めるアクシデントに見舞われていた。

 チェンバレンは、5回無死一塁の場面でイアン・キンスラー二塁手と対戦中に右肩の異常をきたしたもよう。その後、キンスラーを歩かせると、打者4人と対戦したが、逆転の3ラン本塁打を浴びるなど、この回を終わらせることができないままマウンドを降りた。なお、けがに関する詳しい情報はまだ入ってきていない。

 なお、ヒューズは昨年5月1日、メジャー2試合目の先発ながらも7回途中までノーヒットピッチングを展開。しかし、ノーヒットノーランまであとアウト8つというところで太ももを痛めると、その後は故障者リストに入り、長期離脱を余儀なくされていた。

 結局ヤンキースは、9回に新戦力のダマソ・マルテ投手がマーロン・バード右翼手に満塁本塁打を浴び、5-9でサヨナラ負け。この日敗れたア・リーグ東地区の首位タンパベイ・レイズ、2位ボストン・レッドソックスとのゲーム差を縮めることはできなかった。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15612

あれだけ段階を踏んでようやく軌道に乗ったと思ったらこの悲劇。

久々に中継が見られると思ったらこんな結果になるとは。

で今後のオーダーはどうなるの?

試合の方は五回表、二つのボークで点が入って、テキサスの監督が退場。

そして裏の守備、ノーアウト1塁でボテボテのキャッチャーゴロダブルプレーが

一転ファールの判定になって結局歩かせてのノーアウト1,2塁に。

でいつ痛みが走ったのかな?パッジの送球に驚いた時?

1アウト後、ヤングにライトスタンドに運ばれて4-5と逆転。

四回のツーランも高めの球だったけど、その頃から何かあったのかな?

ハミルトンは三振に取ってまだ大丈夫?

バードを追い込みながらライト前に運ばれてトレーナーと共にジョーがマウンドへ。

それっぽい仕草はなかったもののここで降板。我慢しちゃったのかな?

ベンチはどの辺で気がついたのかな?

検査結果を待つしかないのか。。。

(上の写真はかなり「絶妙な」タイミング。そこまで落ち込んでなかったと思ったけど)

で録画してたら途中から雨の影響かカクカク画面になってとうとう途中で録画中止。

確かにすごい雨と雷だったからね。。。

Jg24

一瞬ロケット復帰?かと思ったけど、兄貴だったのね。

剃って最初に先制打。さらに豪快な一発と、4の3。とりあえず結果は出た?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/04

きょうのお目覚め

Xn02

ニューヨーク・ヤンキースのハビエル・ネイディ左翼手と、ロサンゼルス・エンゼルスのマーク・テシェイラ一塁手。ともに7月のトレードで新天地にやってきた優勝へのキーマンが、この日の試合でそろって活躍した。特にネイディはキャリアハイの6打点をたたき出す働きを見せた。

 ピッツバーグ・パイレーツから加入し、ひざの故障で戦列を離れている松井秀喜外野手に代わってレフトに入ることが多いネイディ。6回に2点タイムリー二塁打、5-5の同点で迎えた7回には移籍後3ホーマー目の勝ち越し3ランを打った一方、8回表に今度はテシェイラが移籍後初アーチとなる逆転のグランドスラムを放つ。しかし、その裏にヤンキースはエンゼルス守備陣の乱れやネイディのタイムリーなどで一挙6点を挙げ、エンゼルスとの激戦を制した。

 ニューヨークのファンからカーテンコールを送られたネイディは「ここは、プレーするのに最高の舞台。より良い場所なんて、おれには考えられないし、楽しみがたくさんある。この調子を維持してチームに貢献していきたいね。いいプレーをして勝利に貢献するのが一番大事なんだ」と新天地にかける思いを改めて口にした。

 ジョー・ジラルディ監督は新戦力について「新しい環境に慣れるのに数日を要したけど、今週はいい結果を出してくれた。こういう働きを期待して、おれたちは獲得したんだ」と称賛。指名打者ジョニー・デーモンも「ここ一番に強い選手だ。おれがヤンキースに来てからは最高のトレードと言えるのでは」とネイディをたたえていた。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15589

とうとうネイディもアブちゃん化してきた?

松井の代役というよりデーモンの代役だと思うんだけど、

自分の立場ももうちょっと考えたほうがいいかも。

勝ちだすとまた戻る場所があるのか、と思い出すけどそれはそれ。

上が落ちてこない以上勝ち続けるしかない。

もうちょっと活躍しだしたら「X-Men」の称号をあげようかな?

Dr06

こちらはまだ眠たい?

(なんでMLBハイライトやらないの?ずっと待ってたのに。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/03

きょうのツーショット

Mr39

ハイタッチはしたのかな?

Do10

こちらの「ツーショット」はいつまで?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの読了「再生巨流」

再生巨流 (新潮文庫 に 20-1)

「Cの福音」でデビューした楡周平作品とは一見思えないタイプの作品だが、

読む者を熱くさせて一気に読み進めさせる作品を書く、という点ではまさに

「楡作品」の真骨頂といえる。

キーワードはありふれたものだが、それをいかに有機的に結合し、発展させるのか。

またそれを絵空事に終わらせず、実現に向けてまさに「死ぬ気で」挑み続ける。

運送会社の枠を越え、従来のシステムの流れを生かしつつ、

ある意味単純化、簡素化して、末端の消費者の要望を如何に取り込むか。

投資額を確実に回収し、さらに利益を上げるには、アイデアだけでなく

「駆け引き」というものも必要で、それを避けることなくうまく取り込んで

物語に真実味を持たせる辺りは流石の手腕という感じもある。

なにより主人公の強引なまでのやり方が、出会った若者達の影響を受け

次第に「自分」から「部下」への信頼へと考え方が変わっていく過程が

無理なく感じられて、これからの自分自身の「指針」にもなった気がします。

それにしてもこれだけの様々な分野の実態を把握するだけでも一苦労どころでは

なかったと思うが、それをさらに「エンターテイメント」として発展させる、

その「努力できる才能」に脱帽です。

でこれを実現させる企業は今の日本にないのかな?

「民営化」しただけじゃ意味はないんだよね。

何か変わったのかな?これから変わるのかな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ことしの法則

Wb1

米大リーグのヤンキースは3日(日本時間)、本拠地ヤンキー・スタジアムでエンゼルスとの4連戦第3戦を行い、8-2で快勝し、連敗を「2」で止めた。また、左ひざ痛のため故障者リスト(DL)入りしている松井秀喜は、今季中の復帰を目指して練習量を徐々に増やしている。

 試合は2回表に2点を先制されたヤンキースがその裏、ベテミットの今季5号2ランで同点に追い付くと、続く3回にアブレイユの今季15号ソロ本塁打など2点を加えて逆転に成功。その後も小刻みに追加点を重ねたヤンキースは、4本塁打を含む11安打8得点の猛攻で圧勝。投げては先発のベテラン右腕ムシーナが、7回を2安打2失点(自責点1)に抑える好投を演じ、アメリカンリーグ首位タイの今季14勝目(7敗)を飾った。 by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15534

何気に気になって調べてみたら、今年の3連戦(4連戦も含む)の3戦目の勝敗は

23勝8敗。

2連敗してても3戦目は結構勝ってるんだよね。(現地にいったのも3戦目)

でスイープされたのは4,5月跨ぎのデトロイト戦1回だけ。

何が原因なのか分からないけどこういうのが最終的な結果にはね返って来る。

ムースも一試合で元に戻って、明日も欲しいね!

で色々入ってくる中何気に結果を残してるベテミット。

ロビンお休みの代役だったけど、何気に内野全部守れるって大きいのかな?

たまの一発も結構効果的だし、せく損、兄貴もうかうかしてられないよね。

でも何か感情移入できないんだよね。。。

最後に生き残るのは誰?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのHEROES(#20-23)

to be continued

あくまでもシーズン1が終わったってことでまだまだ先はあるってことね。

あの「5年後」はひとつの「ケース」にすぎなかったってこと?

結局未来は変えられたのかな?

ヒーローの定義とは、「人の為に自分を犠牲にできる」ってことなのかな。

そういう意味でのヒーローはネイサンってことになるの?

でサイラーは未だ。。。

先は長そうだね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/02

きょうの訃報

赤塚不二夫氏死去

ずっと体調が悪いとは聞いてたけどとうとう。

あちらの校歌は結局覚えられなかったけどバカ田大学校歌は忘れません。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのHEROES(#19 0.07%)

リンダーマンも能力者だったの?

ピーターvsサイラーは痛み分け。じゃないの?

ホントに死んじゃったのピーター。

そしてリンダーマンの狙いがマイカに。

マットはベネットの指示でなんとか脱出もこの先はあるのか?

クレアがピーターに刺さったガラスを取ったら生き返るってそういう対処はお手の物。

結局マイカもリンダーマンの手に。変身能力ってどこまで騙せるの?

サイラーvsアイザックはどう決着したの?

5年後のNYで未来のヒロと対決って。。。

(ってだんだん話を消化してるだけになってる。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのHEROES(#18 Parasite)

クレアはハイチ人と共に国外へ。

(この人見るたびモー様を思い出しちゃうのは駄目?)

と思ったらクレアにパスポートを盗まれて飛行場でハイチ人は足止め。

サイラーとモヒンダはどこまで一緒に?と思ったら分かってたのモヒンダ。

そしてヒロとネイサンが再会してリンダーマンの元へ。

で今度は変身能力のキャンディスってどこまでいくの?

モヒンダもあと一歩のところでサイラーに逆手を取られてついにリストを奪われる。

クレアはピーターを訪ねるもそこには「おばあさん」が。(ハイチ人も一緒)

ヒロはついに剣を手に入れるも「爆発後」の未来に飛んでどうする?

リンダーマンも「あちら側」の人間だったの?

大統領の椅子と引き換えにネイサンも軍門に下る。

そしてピーターとサイラーが遭遇。能力対決の決着は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/01

きょうのHEROES(#17 Company Man)

クレアパパと透明人間がかつての同僚だったとは。

家族に裏の顔を知られて、マットがクレアから真相を聞きだすことに。

で14年前の回想でヒロパパがクレアパパにクレアを託すことに。

どうなってるのこれ?

で14年前から記憶を忘れさせられてたの?

(なんで彼だけ「ハイチ人」なの?)

そして真の黒幕がテッドを撃ったことで暴走が止まらなくなって、

それをクレアが止めたことで黒幕にクレアの能力が知られることに。

でこの「会社」は何が目的なの?

そしてクレアは「会社」に向かうことに。この先どうなるの?

かつての相棒を「殺した」橋の上でパパともお別れって。。。

記憶ってどこまで消せるものなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのHEROES(#16 Unexpected)

ツタヤ半額セールで、ホントはソウ4を見ようと思ってたんだけど、

思わず目に止まったHEROESを一気に制覇することに。

昨日録画した15話を見て、16話からDVDへスイッチ。

英語音声日本語字幕で見出したんだけどやっぱり「生声」は迫力が違うね。

(ヒロとアンドウの日本語は違和感アリアリだけど)

出尽くしたかと思った能力者がまだまだいたみたいでキリがないね。

でいよいよピーターがスーパーマン化しちゃって、サイラーとどちらが最強なのか?

サイラーは「超耳」おばさんの能力を受け継いで頭痛持ちになっちゃって、

クレアはお母さんの記憶障害でパパを信じられなくなって、

そのパパも追い詰められることに。

そしてピーターとアイザックの揉み合いの犠牲にシモーヌが。。。

どうなるのこれから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最後の大異動

Mr37

三角トレードで球界を代表するスラッガー、マニー・ラミレス外野手の獲得に成功したロサンゼルス・ドジャース。20年ぶりのワールドシリーズ優勝を狙う西の名門球団は、翌1日に行われるアリゾナ・ダイヤモンドバックスとの西地区首位攻防3連戦の初戦から、ラミレスをスタメン起用することになりそうだ。

 メジャー通算510本塁打を誇る強打者ラミレスの獲得に、フランク・マッコート・オーナーは「我々は地区優勝するため、そして10月のプレーオフを勝ち進むために集中している。今ここで勝ちたい。だから、トレードを断行したんだ」と力強くコメント。ネド・コレッティGMも「現役屈指のバッターを獲得できた。彼にはワールドチャンピオンの経験もあり、最高の補強だ」と喜びをあらわにしている。

 昨年までニューヨーク・ヤンキースで指揮を執っていたジョー・トーリ監督は、当時ライバル球団だったボストン・レッドソックスの主砲が加入するについて言及。「突然、同じユニホームを着ることになるとはな。本当に特別なこと。マニーには中軸を任せることになるだろう」  by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15495

Kg2

シンシナティ・レッズのケン・グリフィー外野手が、トレードでシカゴ・ホワイトソックスへ移籍する。なお、レッズは見返りとしてニック・マセット投手とマイナーの内野手を獲得した。

 この日のトレード期限を前に様々な情報が錯綜する中、移籍に関するうわさは全く聞こえてこなかったグリフィー。レッズのウォルト・ジョケッティGMも、「彼らが(トレードの)アプローチをしてきたのは、30日の午後だった」と、ホワイトソックスからのトレード打診が突然のことだったことを明かしている。しかし、「彼にとっていい機会だと思う」と、現在ア・リーグ中地区の首位に立ち、プレーオフ進出の可能性があるホワイトソックスとの交渉はスムーズ進展。グリフィー本人もトレード拒否権を行使しないことで合意に達した。 シンシナティ・レッズのケン・グリフィー外野手が、トレードでシカゴ・ホワイトソックスへ移籍する。なお、レッズは見返りとしてニック・マセット投手とマイナーの内野手を獲得した。

 この日のトレード期限を前に様々な情報が錯綜する中、移籍に関するうわさは全く聞こえてこなかったグリフィー。レッズのウォルト・ジョケッティGMも、「彼らが(トレードの)アプローチをしてきたのは、30日の午後だった」と、ホワイトソックスからのトレード打診が突然のことだったことを明かしている。しかし、「彼にとっていい機会だと思う」と、現在ア・リーグ中地区の首位に立ち、プレーオフ進出の可能性があるホワイトソックスとの交渉はスムーズ進展。グリフィー本人もトレード拒否権を行使しないことで合意に達した。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15474

Jw5

ア・リーグ西地区最下位と低迷し、31日のトレード期限を前に主力の大量放出もうわさされたシアトル・マリナーズ。しかし、ふたを開けて見れば、期限最終日に決まったトレードは、救援左腕アーサー・ローズ投手(38)のフロリダ・マーリンズ移籍のみだった。

 ここ1週間、先発左腕ジェレッド・ワシュバーン投手、あるいは中軸のラウル・イバネス外野手、エイドリアン・ベルトレ三塁手らの移籍もうわさされていたマリナーズ。リー・ペレコウダスGM代行は、「いくつかの交渉が合意近くまでいった。ただ、成立することはなかった」とコメントしている。

 ニューヨーク・ヤンキースが獲得を狙っていると伝えられていたワシュバーンは、「ここ4、5日は大変だったよ。(メディアから)いろいろ聞かれたり、(トレードは)ほとんど決まりだとか言われたり。クレイジーだった」と、落ち着かなかった日々を振り返った。

 なおマリナーズは、ローズを放出した見返りとして、マーリンズ傘下の3Aに所属していた先発右腕ギャビー・ヘルナンデス投手(22)を獲得。ヘルナンデスは今後、傘下の2Aウエストテン・ダイヤモンドに合流する見込みとなっている。  by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15491

で井川は残留?

それにしても一気にここまできたね。

まさかトーリの下に魔ニーがくるなんて。二人とも複雑な感じ。

ジュニアもようやく優勝の可能性があるチームにいけてもうひとふん張りだね。

で強すぎ天使軍団。。。ロード、東地区に強いってある意味ボストンより嫌なチーム。

3人に3安打以上、3本の3ランって。ムースに続いてペティットも。

ひとつでも取れるのかな。。。

Ir02

さてこれは誰の足?

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »