« ふたつの数字(444&500) | トップページ | きょうの一枚 »

2008/08/24

今回のオリンピック(総括)

「感謝」「連覇」「悲願」「失望」「日本○○」

  

まず一番印象に残ったのは、各選手のインタビューでの

「家族」「コーチ」「仲間」「ファン」への感謝の気持ちを表したもの。

今までそういうインタビューを聞いていても「ホントにそう思ってるの?」

って感じだったけど、今回様々な選手の声を聞いていて、実感として周りのみんなに

支えられての結果だったというのが改めて感じられました。

    

そして一旦は競技から離れるかもしれない状況に追い込まれてからの復活&連覇を

成し遂げた選手たち。

一度頂点を見てさらなる目標を持つことの難しさ、

それを支えた家族やスタッフ、応援するファン。

9個の金メダル中7個が連覇っていうのは

ちょっと次の大会に向けて心配ではありますが。

  

そして何といっても今大会の一番は「悲願の金メダル」女子ハンドボール。

いままでの歴史を見てきたものとしては(まあ五輪期間だけですが。。。)

長年の夢である、「オリンピックでアメリカに勝って優勝する」という悲願が達成されて

本当に嬉しく思いました。

それも「最強の」アメリカを相手にしての勝利ということで、

最後の大会というのだけが残念ですが、こちらは大丈夫だと信じています。

   

そしてその反面「失望」したのが野球。

確かにストライクゾーンの「不安定さ」という要素はありましたが、

それはどのチームにも当てはまるもので、

やはり星野監督を信頼しすぎたのが敗因だったのか。

世界大会、一発勝負という環境の中で、

選手の状態を正確に把握し、その場その場で一番いい状態の選手を起用する。

駄目だと思ったら即座に切り捨てる「非情さ」というものが最後の決め手だったと。

来年のWBCがあっという間に来てしまいますが、

次回は監督選出、選手の選抜、バックアップ体制と、間違うことが許されない状況。

前回優勝国としての自覚、今大会の結果と合わせて、

今度こそ負けられない戦いになる、ということを今一度考え直して望んでほしいです。

  

今回のオリンピックは改めて「世界大会」というものを実感した大会だったと思います。

「日本柔道」「体操日本」「日本野球」

日本人の価値観の中育ったスタイルが世界の中でどういう位置にいて、

これからどう変化すべきなのか、変化してはいけないのか、

改めて考えさせられる時に来た気がしました。

中国での開催ということで、始まる前からいろいろありましたが、

始まってしまえばやはり世界のトップの真剣勝負に魅了されて、

あっという間に終わってしまった感があります。

きょうの男子マラソンで最後に競技場に入ってきた佐藤選手に対しての「加油」コール。

最後の最後でようやく中国の応援に共感できました。

  

フェルプスの八冠、ボルトの圧倒的な勝利、シンクロロシアの満点演技、

頂点の中の頂点のパフォーマンスが今回もたくさん見られて、

内容的には大満足なオリンピックだったと思います。

Sb3

続いて欲しいね!

|
|

« ふたつの数字(444&500) | トップページ | きょうの一枚 »

北京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/23213015

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のオリンピック(総括):

« ふたつの数字(444&500) | トップページ | きょうの一枚 »