« きょうで終幕 | トップページ | 最初で最後の金メダル »

2008/08/21

きょうの一本

「ブルージェイズ1-5ヤンキース」(20日・トロント)
 復帰2戦目のヤンキースの松井秀喜外野手(34)は、ブルージェイズ戦に指名打者で出場し、復帰後初安打となる左中間二塁打を放った。4打数1安打で、6月22日以来の安打。
  ◇  ◇
 球場内の大型画面に映し出された松井秀のほおは緩んでいた。復帰7打席目で記録した初安打は、左中間を破る二塁打だった。
 八回一死の第4打席。フレーザーの速球を迷わずフルスイング。「いいバッティングだったと思います」。故障前と同じ、快音を響かせた後の“松井節”で振り返った。
 安打が出るまでの3打席も、単なる凡打ではなかった。頭に描くイメージと体の反応も「そんなに離れてはいない」と言う。打撃の精度に関しても「打席を重ねていけば上がっていく」と自信満々だ。“打てるかどうか”に対する不安は、復帰2試合目で早くも払しょくした。
 反省材料は出塁後の走塁だ。次打者のカノが放った一直で飛び出し、帰塁できずに併殺となった。左ひざを気にしたわけではなく「判断ミス。打った瞬間、抜けるんじゃないかと思った。一瞬の判断はかなり鈍い」。約2カ月のブランクは試合に出ることで埋めるしかない。
 地区首位レイズからは10ゲーム差と、厳しい状況に変わりはない。「結果を出してチームが勝つようにプレーしていくしかない」。チームへの貢献が復帰の目的だ。奇跡を起こすためには、存在意義を示し続ける必要がある。 by デイリースポーツ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=16052

点には絡まなかったけど最終打席でようやく一本。

これで明日も出してもらえるかな?

でも7番じゃあんまり意味がないんだよね。

兄貴も上がってこないし5番でいいんじゃないの?

中継がなくなった途端に打ち出したりして。

まあ勝ちゲームも久々の経験だし、ロードでリタイアだけは勘弁ね。

(で9月のNHKの放送予定は立ってないの?ハイライトのみ?)

|
|

« きょうで終幕 | トップページ | 最初で最後の金メダル »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/23137908

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの一本:

« きょうで終幕 | トップページ | 最初で最後の金メダル »