« ことしの法則 | トップページ | きょうのツーショット »

2008/08/03

きょうの読了「再生巨流」

再生巨流 (新潮文庫 に 20-1)

「Cの福音」でデビューした楡周平作品とは一見思えないタイプの作品だが、

読む者を熱くさせて一気に読み進めさせる作品を書く、という点ではまさに

「楡作品」の真骨頂といえる。

キーワードはありふれたものだが、それをいかに有機的に結合し、発展させるのか。

またそれを絵空事に終わらせず、実現に向けてまさに「死ぬ気で」挑み続ける。

運送会社の枠を越え、従来のシステムの流れを生かしつつ、

ある意味単純化、簡素化して、末端の消費者の要望を如何に取り込むか。

投資額を確実に回収し、さらに利益を上げるには、アイデアだけでなく

「駆け引き」というものも必要で、それを避けることなくうまく取り込んで

物語に真実味を持たせる辺りは流石の手腕という感じもある。

なにより主人公の強引なまでのやり方が、出会った若者達の影響を受け

次第に「自分」から「部下」への信頼へと考え方が変わっていく過程が

無理なく感じられて、これからの自分自身の「指針」にもなった気がします。

それにしてもこれだけの様々な分野の実態を把握するだけでも一苦労どころでは

なかったと思うが、それをさらに「エンターテイメント」として発展させる、

その「努力できる才能」に脱帽です。

でこれを実現させる企業は今の日本にないのかな?

「民営化」しただけじゃ意味はないんだよね。

何か変わったのかな?これから変わるのかな・・・

|
|

« ことしの法則 | トップページ | きょうのツーショット »

「読了」カテゴリの記事

コメント

樹里亜さん、この本去年読みましたよ。
モデルは佐川?それともヤマト?どちらでしょうね~

今年になってラストワンマイルとワンス・アポン・ア・タイムイン・東
京/上下巻を読みました。
ラストワンスマイルも運送会社の話で郵政&CVSが絡んだビジネス書的な内容です。恐らくすでにお読みかと思いますがもし読んで無いようでしたらお勧め本です。
今は異端の大儀/上を読み始めた所です。

今朝2時からフジでヤンキース戦放映してたので録画して観たら
案の定、ボストン戦との2次元中継でした。
両方のいいとこ取りしたと言えば聞こえがいいが何か中途半端な
感じで2時間枠なので途中で終了してしまいました。

今日もTBとBOSも勝ちましたね。
敵もやるもんですねー、なかなか負けない、落ちてこない。
9月までこんな調子で行くんですかね?

>Re:樹里亜

「セールスドライバー」ってどちらもいるみたいですね。
通販使って配送も度々なのでお世話になってますが
大変な仕事ですよね。

基本的に文庫派なのでいわゆる新作はお預けです。
森博嗣氏も言ってますが単行本も文庫本も一緒に売ればいいのに。
いずれ文庫化されたら読みますね!

城山三郎の企業物が大好きだったんですが、それを思い出しました。
今度は伝記を書いて欲しいな。

もう民放は見ないことにしました。
きょうも八回の攻防が中継されてないってことですよね?
今BS1のボストン戦を見てます。
あしたは久々の中継ということでようやくパッジが見られます。
ネイディも本領発揮ですか?でも松井の場所が。。。

ボストンはともかく零図落ちませんね。。。
どちらかでいいから落ちてこないかな。


投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2008/08/04 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22750475

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「再生巨流」:

« ことしの法則 | トップページ | きょうのツーショット »