« きょうのお目覚め | トップページ | きょうの空砲 »

2008/08/05

今後の大懸念。。。

Jc21

敵地レンジャーズ・ボールパークで行われたテキサス・レンジャーズ戦に先発したニューヨーク・ヤンキースのジョバ・チェンバレン投手が、右肩の違和感を訴えて5回途中に降板した。なお、同球場では昨年もフィリップ・ヒューズ投手が左太ももを痛めるアクシデントに見舞われていた。

 チェンバレンは、5回無死一塁の場面でイアン・キンスラー二塁手と対戦中に右肩の異常をきたしたもよう。その後、キンスラーを歩かせると、打者4人と対戦したが、逆転の3ラン本塁打を浴びるなど、この回を終わらせることができないままマウンドを降りた。なお、けがに関する詳しい情報はまだ入ってきていない。

 なお、ヒューズは昨年5月1日、メジャー2試合目の先発ながらも7回途中までノーヒットピッチングを展開。しかし、ノーヒットノーランまであとアウト8つというところで太ももを痛めると、その後は故障者リストに入り、長期離脱を余儀なくされていた。

 結局ヤンキースは、9回に新戦力のダマソ・マルテ投手がマーロン・バード右翼手に満塁本塁打を浴び、5-9でサヨナラ負け。この日敗れたア・リーグ東地区の首位タンパベイ・レイズ、2位ボストン・レッドソックスとのゲーム差を縮めることはできなかった。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15612

あれだけ段階を踏んでようやく軌道に乗ったと思ったらこの悲劇。

久々に中継が見られると思ったらこんな結果になるとは。

で今後のオーダーはどうなるの?

試合の方は五回表、二つのボークで点が入って、テキサスの監督が退場。

そして裏の守備、ノーアウト1塁でボテボテのキャッチャーゴロダブルプレーが

一転ファールの判定になって結局歩かせてのノーアウト1,2塁に。

でいつ痛みが走ったのかな?パッジの送球に驚いた時?

1アウト後、ヤングにライトスタンドに運ばれて4-5と逆転。

四回のツーランも高めの球だったけど、その頃から何かあったのかな?

ハミルトンは三振に取ってまだ大丈夫?

バードを追い込みながらライト前に運ばれてトレーナーと共にジョーがマウンドへ。

それっぽい仕草はなかったもののここで降板。我慢しちゃったのかな?

ベンチはどの辺で気がついたのかな?

検査結果を待つしかないのか。。。

(上の写真はかなり「絶妙な」タイミング。そこまで落ち込んでなかったと思ったけど)

で録画してたら途中から雨の影響かカクカク画面になってとうとう途中で録画中止。

確かにすごい雨と雷だったからね。。。

Jg24

一瞬ロケット復帰?かと思ったけど、兄貴だったのね。

剃って最初に先制打。さらに豪快な一発と、4の3。とりあえず結果は出た?

|
|

« きょうのお目覚め | トップページ | きょうの空砲 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22802063

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の大懸念。。。:

« きょうのお目覚め | トップページ | きょうの空砲 »