« 報道の自由? | トップページ | 夢の途中 »

2008/08/11

今年の終戦(90%)

米大リーグ、ヤンキースは11日(日本時間)、敵地でエンゼルスとの3連戦の最終戦を行い、3-4でサヨナラ負けを喫した。

 ヤンキースは初回にエンゼルス先発サンダースの立ち上がりを攻め、アブレイユとA・ロドリゲスの連続タイムリーで2点を先制した。しかし3回、フィギンスとアイバーの連続タイムリーと、テシェイラの犠牲フライで3点を奪われて逆転された。
 それでもヤンキースは4回、無死一、三塁のチャンスで、カノのセカンドゴロの間に三塁走者が生還し、3-3の同点とした。
 試合はその後、両チームとも追加点を奪えず、同点のまま9回裏へ。ヤンキースは2番手マルテが1死一、二塁のピンチを招くと、マルテに代えて抑えの切り札リベラを投入。しかし、フィギンスに決勝のサヨナラタイムリーを浴びて、3-4で接戦を落とした。

 ヤンキースはエンゼルスとの3連戦で痛すぎる3連敗を喫し、首位レッズとのゲーム差は「8.5」にまで広がり、2位レッドソックスとの差も「4」となっている。 by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15786

ついに「3戦目の法則」も敗れて二度目のスイープ敗戦。

スパートを掛けるのが早すぎたのか、采配ミスなのかは分からないけど

自分的には9割方終わったって言ったら駄目?

零図は全く落ちるどころか上がる一方でボストンとの差も4で、

これだけが唯一のよりどころ。

松井が戻ってくるのが先か、雌雄が決するのが先か。

でも今年は膿を出し尽くす為に負けた方がこれからの為なのか。

ワイルドカードで上にいるツインズ戦が最終決断の材料ってことに。

(オリンピックどころじゃないんだけどね。。。)

|
|

« 報道の自由? | トップページ | 夢の途中 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22919392

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の終戦(90%):

« 報道の自由? | トップページ | 夢の途中 »