« 今年の法則? | トップページ | 今後の断髪? »

2008/08/08

名投手の実力

Mm28_2

米大リーグのヤンキースは8日(日本時間)、敵地でレンジャーズとの4連戦最終戦を行い、3-0で快勝した。左ひざ痛のため故障者リスト(DL)入りしている松井秀喜は今月中の復帰を目指し、フロリダ州タンパで調整中。

 試合は、ヤンキースが初回にジーターのソロ本塁打で先制。5回にはデーモンのタイムリーで追加点を奪い、2-0とリードを広げた。9回にはジーターのタイムリーでダメ押しとなる3点目を挙げた。

 先発のムシーナはレンジャーズ打線に8安打を打たれながらも、要所を締めるピッチングで7回を無失点に抑える好投。8回はブラニー、マルテと継投し、9回は連投となったリベラが締めくくった。
 ムシーナは15勝目(7敗)を挙げ、ハーラートップに並んだ。
 
 この日試合の無かった2位レッドソックスと、3位ヤンキースのゲーム差は「3」に縮まった。  by スポーツナビ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15703

去年の状態が「年相応の」成績だと思ってたのに、

今年の状態は何と表現したらいいのか。

これが真の実力なのか?でもタマタマで残せる成績じゃないし。

去年はかろうじての11勝が今年は既に15勝。

17年連続10勝以上、去年はガクッと落ちたけど三振も200以上の時期も

あったんだよね。

114の貯金ってどうなんだろ。

ペティットが14年間で2004年だけ6勝であとは10勝以上で貯金は91。

シリングは結構浮き沈みが激しくて20勝以上が3回もあるけど

1桁勝利も働き出してからでも8回で貯金は70。

乱爺は20勝以上3回、1桁勝利4回で貯金は135。

結構コンスタントではあるけど、ムースほどの安定感ではない。

ヤンクスでの2シーズンは共に17勝してたんだね。何か負けてるイメージが強いのは

気のせいだったのかな?

ペドロは20勝以上2回、1桁勝利3回(ここ2年連続)で貯金116。

1999年の23勝4敗、313奪三振でサイヤング賞は凄すぎだね。

マダックスは20勝以上は2回も19勝も5回あって、20年連続10勝以上、

貯金も133で、現役ではやっぱりナンバーワンなんだろうね。

これだけの投手をまともに見たことがないってちょっと罪なこと。

アリーグとナリーグって日本人にとって大きいのかな?

何とかテキサスに2勝2敗で収まって、明日はまたもや天使軍団。

チェンの代わりの久々ケネディ、今季初勝利なるか?

|
|

« 今年の法則? | トップページ | 今後の断髪? »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22867044

この記事へのトラックバック一覧です: 名投手の実力:

« 今年の法則? | トップページ | 今後の断髪? »