« 一瞬のひらめき | トップページ | きょうの贅沢 »

2008/08/13

ふたつのキューバ斬り(ならず)

Mu2

柔道女子70キロ級と野球の二元実況行きますか。

試合開始直前でオーダーが「確定」するというおかしなルールで

実際のとこはどうなの?

西岡、青木、森野、新井、稲葉、阿部、里崎、宮本、川崎、そしてダルビッシュ。

西岡センター前、青木デットボール、森野初球をきっちりバントで1アウト2,3塁。

新井は見逃し三振であのインコースはきついね。

と思ったらあっという間に上野朽木倒しの一本勝ちで4つ目の「連覇」!!

一本か技ありか判断つかずにしばらく押さえ込んでたけどきっちり一本。

それまでずっと表情を変えなかった上野が畳を降りるところでようやく笑顔が。

こちらも家族の支えがあっての金メダル。

で稲葉凡退でチャンスを生かせず。。。

ダルビッシュは惜しい球が外れて四球スタート。

盗塁を決められるも三振、ライトフライ、三振とピンチを切り抜ける。

しかし二回裏、センターオーバーのトリプルにすかさずセンター前へのタイムリーで

先制を許すことに。

さらにヒットエンドランで1,3塁。たまらず大野コーチがマウンドへ。

インコース攻めが災いしてデットボールで1アウト満塁。

1番バッターをショートフライ、最後はレフトフライで3者残塁。

なんとか1点で抑えた。これは大きい。

そして今度は表彰式。

ちょっとフライング気味に壇上に。もういつもの彼女に戻ったのか、微笑。

銅鑼入りの君が代、ちょっと気に入っちゃったんだよね。

涙はなく最後は思い出したかのような笑顔。

(今気づいたけどキューバの選手、ちょっと可愛いね。)

そしてその間にヒット、ダブル、レフトライナーの間の生還とあっという間の同点!

でもまたもや先頭打者にダブルを打たれてまだまだ長いこの試合。

ファーストゴロで送られて、前進守備の間を抜けてのライト前タイムリーで1-2。

後続は抑えたけどすっきりいかないね。

四回表、稲葉、阿部(セカンドエラー)と続いて里崎ピッチャー正面へのバントで

サードフォースアウト。

見越してたはずなのに宮本サードゴロダブルプレー。痛すぎる。。。

四回裏、行かれたかという打球がギリギリフェンス前で失速もキャッチできず、

その後すかさず三盗で動いてくるね。

三振も取るも2四球でまたもや満塁。

でもなんとかレフトフライに打ち取って粘るね。

五回表、川崎足の怪我を押してのライト前で代走を断っての一塁。

西岡凡退も青木センター前、牽制ミスでボークとなって1アウト2,3塁に。

森野腕に当たってちょっと具合が気になるけど満塁のチャンスで4番新井。

なんとかライトに運んで川崎懸命に走って同点に!

ランナーそれぞれ進んで2,3塁で稲葉。センターフライで逆転まではいかず。

五回裏、100球を超えて3つめの四球。

さらに左中間に持っていかれてここまでか。

頭から代えた方がよかった気もするけどそうもいかないか。

続く投手は成瀬。

追い込んでから痛烈なレフト前で二人かえってバッターもセカンドへ。

パワーもあるけど足も速いね。。。

とここでフェンシング男子フルーレ太田選手の決勝戦が始まって、

またもや二元中継に。

1セット3分間の3セットマッチの第1セット、1-3で第2セット。

二回の同士討ちもどちらも相手ポイント。

2-6となったところで剣の交換。気分も変えて再スタート。

3-9で第2セット、連続ポイントで差が開く。

接近戦の離れ際のポイントでうまい攻めだね。

第3セット1点先取でまずはいいスタート。

1点の攻防で5-10。さらに連続ポイント、6-10。

入れ替わり際の1点で6-11。

さらに横から6-12。残り1分。

そして13点目が入ってあと2点で終了。

3点返すも最後は15点目が決まって試合終了。

でも史上初の銀メダル獲得。最後まで頑張りました。

ようやく野球に戻れる。

七回はマー君登板でいきなり三振。球が切れてるね。

でも難しい球も何球かであっという間に対応してくる。

ライト前に鋭く運んでレベルが高い。

でも今度はストレートで三振。配球も考えないと。

でアメリカは韓国にサヨナラ負け。九回に3点取って2点取られるって

凄い試合になってるね。

最後もストレートの三振でアウトは三つとも三振。

でも八回も三者凡退でこのまま終わる?

で八回裏は藤川が「調整登板」?

三人で抑えるもみんないい当たり。みんなフルスイング。

対応能力の高さは半端じゃないね。

九回先頭の阿部がセカンド右に鋭くセンター前、

でも里崎のスイングが塁審の判断を待たずに主審が三振をコールし、

ちょっと抗議しかけた星野監督に話しかけただけで「退場」コールをしてきて、

でも選手交代の為のベンチアウトということで退場は回避って。

で代打は村田。もう一発しかない。

三振ストライクをひとつオマケしてもらったけど結局ライトフライ。

最後のバッターは中島。三球三振でゲームセット。

この結果がこの先どういう展開になるのか。

やっぱり強い、速い、うまいキューバ。

日本は爆発力がないと勝てない相手だね。

この経験が生きるか死ぬか。

どうなる星野ジャパン!?

Dy2

やっぱり韓国戦だった?

Yo3

いろいろ器械だらけで大変な競技だね。

|
|

« 一瞬のひらめき | トップページ | きょうの贅沢 »

北京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22967131

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつのキューバ斬り(ならず):

« 一瞬のひらめき | トップページ | きょうの贅沢 »