« 最後の一本 | トップページ | 最初の金 »

2008/08/10

これまでの変遷

いつの間にか引っ越してから1年が経って、ちょっと思い出しながらこれまでの

引越し変遷を書いてみようかと。

ちょっと長くなるかな?

   

学生時代はずっと実家で、大学時代にバイト仲間の部屋に泊まったりして

ずっと一人暮らししたいなと思ってて、就職する際も「住宅費補助」があるかどうかを

結構気にしてて、就職と共に初めての一人暮らしを始めることに。

職場が池袋ということで最初に選んだのが和光市。

有楽町線一本で行けるということで、結構あっさり決まりました。

でも補助は半年に一回ということを後で知って、手取りの半分くらいの家賃に

最初はちょっとやっていけるのかって感じでしたが、

なんとか切り詰めてとりあえず一人暮らしを満喫。

でも同期が車を買ったのに刺激されて一年ちょっとで実家に戻ることに。

半年かかって50万貯めて待望の車購入。

でしばらく実家生活だったんだけど、母親の入院、退社、母の死去と怒涛の一年を経て

母親が入院していた病院のそばに物件を見つけて二度目の一人暮らし。

田端という今まで全く接点がなかった町だったけど、

駒込の病院にお見舞いに行っていてその通り道にあった部屋が見つかって即決で。

神田にあるイタリアンレストランにウエーターとして勤めて、

その後お台場のアクアシティでもウエーターをしてたんだけど長続きせず、

お金もなくなってまたもや一年足らずで実家に逆戻り。

で最初の会社の同期の友達の会社に入ることになって、

そこで見つけた仕事が結構長く続いて、その中での職場移転に伴って

3度目の引越し。

職場が聖跡桜ヶ丘でそこから近からず遠からずってことで選んだのが溝の口。

場所的には武蔵新城と溝の口の真ん中辺りで不動産会社でも新城物件として

紹介されたんだけど、いろいろ散策してる内に溝の口にも行けることがわかって

さらに無料の循環バスも通ってることがわかってメインの駅に。

ここでは初めて2年目の更新を経験して結局3年ちょっといることに。

駅前も発達してるし、商店街も充実してて、渋谷にも横浜にも簡単に行ける

理想的な場所だったんだけど、渋谷勤務になって田園都市線のあまりの混雑に

嫌気がさして、今の場所に移ることに。

でも今回は初めて実家を経由しない引越しだったので相当大変でした。

次の引越しが最後になるか、とも思ってますが、どうなりますか。

(ちなみにいままでの不動産屋はすべてエイブル。なぜか縁があるんですよね)

|
|

« 最後の一本 | トップページ | 最初の金 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/22888448

この記事へのトラックバック一覧です: これまでの変遷:

« 最後の一本 | トップページ | 最初の金 »