« 最後の登板 | トップページ | いろいろな顔 »

2008/09/20

最後の準備

Ys51

あの場所——。松井秀喜にとって、クラブハウスに通じる通路に飾ってある永久欠番のレリーフは、格別なものだ。ベーブ・ルースからロン・ギドリーまで、ヤンキー・スタジアムの歴史を飾ってきた選手が時には厳しく、そして時には優しく選手を見守っていた。

 そのレリーフもすでに取り外され、その後ろにあったコンクリートが露わになっていた。

 この日、新球場の正面エントランスに「Y−A−N−K−E−E S−T−A−D−I−U−M」という巨大な文字が取り付けられた。球団は21日(日本時間22日)に行われる現ヤンキー・スタジアムでの最後のゲームに関するスケジュールを発表。全米中継されるこのゲームは現地午後8時15分に開始予定だが、開場は午後1時に決まった。ファンは午後4時まで、フィールドに下りたり、左中間にあるモニュメントパークを堪能できることになった。デレク・ジーターは「素晴らしいアイデアだね」と、球団の粋な計らいに賛同した。

 これだけではない。午後7時5分から始まる記念セレモニーには、ヨギ・ベラやホワイティ・フォードを始めとする往年のOBが駆けつけてスタジアムの最後に花を添える予定だ。その中には、1990年代の黄金時代を支えたバーニー・ウィリアムズの名前も上がっている。「バーニー? 何度も見ているよ」とジーターが笑えば、松井は「久々ですね。会うのを楽しみにしています」と、再会を心待ちにしていた。

 ゲーム前の監督会見は、すでに来季の話、そして21日の話題で持ちきりだ。

「(21日は)想像できない。ワールドシリーズの第7戦を戦うようなものかな。でもすごく楽しみにしているし、感動的なものになるだろうね」

 ジョー・ジラルディ監督はこう話した後、「ゲーム状況によって、選手交代が多くなるだろう。最後のマウンドはマリアノ・リベラに立たせたいが、同点ならどうすればいいか…」と、悩みは尽きないようだった。ちなみにこのゲームについてニューヨークの地元紙は特集記事を組み、全米中継するESPNは、国民的行事としてのCMを流している。

 ファンの出足はいつもよりも早くなっている。開場前から現スタジアムと新スタジアムの間にある道路に立ち、記念撮影をする姿が後を絶たない。 by major.jp

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=16906

いよいよ現実になってきた最後の舞台。

グラウンドに降りられるなんていいなあ。。。

BSの中継が10:10からっていうのがなんでなのかよくわからないけど、

後でもいいから特集番組やってくれるよね?

で何人の選手が出てくるのか?毎回ピッチャー代わってもいいんじゃない?

まあ八回チェン、九回モー様は決まりだろうけど。

オールスターみたいに15回までやるっていう手もあるね。

楽しみであり、残念でもあり。松井は久々の打席で何を見せてくれるかな?

Mr43_2

ボール見失ってたよね?笑って終われてよかったよかった。

|
|

« 最後の登板 | トップページ | いろいろな顔 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/23880020

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の準備:

« 最後の登板 | トップページ | いろいろな顔 »