« 最後の会見 | トップページ | きょうの一枚(無念) »

2008/09/24

いつかの思い出

Ntt

歌手・森高千里さんのヒット曲「渡良瀬橋」に登場する栃木県足利市を流れる渡良瀬川近くの公衆電話の撤去が、市側の要望で延期されている。

 男女の出会いと別れを叙情的に歌い上げた曲で、公衆電話は「床屋の角にポツンとある」と歌詞に登場するが、利用者の減少でNTT東日本が2年前から撤去対象としていた。しかし、写真撮影に訪れるファンの存在や近くに歌碑があることなどから、同市などが撤去中止を要望していた。

 日本最古の学校「足利学校」の世界遺産登録を目指す同市は、公衆電話も「昭和の遺産」として人々の記憶に長く登録されてほしい、と願っている。 by 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000080-mai-soci

かつて何度か訪れた渡良瀬橋。

歌のヒットでちょっと綺麗になりすぎた感もあったけど、

今はもういい感じに寂れてきてるのかな?

この公衆電話は見たことなかったけど、なんでもかんでも廃止することはないよね。

たとえ繋がらなくてもあるだけでいい、っていうものもあるからね。

久しぶりに行ってみようかな?

|
|

« 最後の会見 | トップページ | きょうの一枚(無念) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/23989305

この記事へのトラックバック一覧です: いつかの思い出:

« 最後の会見 | トップページ | きょうの一枚(無念) »