« きょうの読了「ナイチンゲールの沈黙」(上) | トップページ | きょうの探し物 »

2008/09/11

きょうの読了「ナイチンゲールの沈黙」(下)

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

結局上下巻続いてというかたちになったけど、全く別世界に陥った下巻。

火喰い鳥の前に電子猟犬まで現れて、それが因縁ある二人っていうのも凄い話。

グッチーも益々肩身が狭くなる状況だけど、締めるところは締めてくれるね。

二人の歌姫の「凶艶」あり、聴覚と視覚の「共演」あり、

小夜と瑞人、瑞人と由紀、小夜と冴子、冴子と城崎、城崎と小夜。

それぞれが複雑に絡まって、それぞれの行く先が決まっていく。

「私はここにいるよ。」

どこかの歌の歌詞にあったけど、実感・共感の度合いは段違い。

「共感覚」

ちょうどテレビでの特集してて、ちょっとびっくりしたんだけど、

天才が幸福とは限らない、っていう典型になっちゃったかな。

解説欄にもうすでに10作を書き上げてるってあって、

ホントに文庫化が待たれる。

実際本作の発行日は2008年9月19日だからね。

もうちょっと上巻の雰囲気を味わいたかったけど、

そもそもの主役がでてないからね。

で次作の文庫化はいつ?

|
|

« きょうの読了「ナイチンゲールの沈黙」(上) | トップページ | きょうの探し物 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/23670691

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「ナイチンゲールの沈黙」(下):

« きょうの読了「ナイチンゲールの沈黙」(上) | トップページ | きょうの探し物 »