« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/31

久々の感触

PLAYSTATION 3(80GB) サテンシルバー(グランツーリスモ5プロローグSpecIII同梱) Video Games PLAYSTATION 3(80GB) サテンシルバー(グランツーリスモ5プロローグSpecIII同梱)

販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2008/10/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついにまたPSワールドに戻ってきちゃって、久々のGT。

でも付属ケーブルが度ノーマルなAVケーブルで、

全く画面の綺麗さが実感できない。。。

早速明日D端子ケーブルを買いにいかないと。

ってそれぐらい標準装備してくれよ!!

結局GTとMGSを買ってる自分も進化ないけど、

PS2の時のような衝撃はないかな。。。

ケーブル変えたら少しは画質がよくなるのかな?

でレースの方はA、B、CのCクラスを後1レースでクリアするところまで

行ったんだけど、FF車ってどうも合わないんだよね。

やっぱりレーシングカーはFRじゃないと。

2時間程攻めたんだけど続きは明日。

後ブルーレイソフトもレンタルしないと。

でも六本木のツタヤはBRレンタルしてないんだよな。。。

TBSのツタヤ探してみようかな?

早くGT-Rに乗りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/30

きょうの一枚

Cm01

重たそうであり、軽そうであり。

でも誰にもチャンスがある、ってことを証明した結果。

来年こそ!(って何年言ってるのか。。。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/10/29

かつての出会い

こちらの記事に触発されて、

改めて「森博嗣」氏との出会いを書こうかと。

書店で平棚に並んだこちら。

すべてがFになる (講談社ノベルス)冷たい密室と博士たち (講談社ノベルス)笑わない数学者 (講談社ノベルス)

内容は問わずにこのジャケットに惹かれて

どれが一巻目かを確認して即座に購入。

それからは新作が出るやいなや迷うことなく購入し現在に至る。

まずは上の「S&Mシリーズ」。

こちらは犀川創平と西之園萌絵の長ーいラブストーリ?

一話一話の事件と謎解きも面白いんだけど、

犀川先生と萌絵の駆け引きと、ときおり語られる犀川先生の「お言葉」を

毎巻楽しみに読み進めて10巻で一応完結した、

と思った後の「Vシリーズ」もさらに10巻。

(といっても別に1巻、2巻と表記されてるわけではないですが)

でそのふたつのシリーズがひとつになる「四季シリーズ」

えっ、それってまさか?えっ、彼が彼女の。。。って!

えっ、ふたつのシリーズってそういう関係だったの?

と、衝撃の連続で、この布石っていつから張られてたのか、

その周到さに愕然としたシリーズでした。

その後は「Gシリーズ」がいままで通り10巻まで行くのかと思ったら

途中から「Xシリーズ」が始まって、どう展開していくのか

イマイチ分からなくなっている状況ですが、

(現在はそれぞれ7巻、3巻となってます)

いずれ「すべてが」繋がるのを楽しみに待ってます。

(って待っていいんですよね、先生!)

こちらが作品一覧となってます。

未読の方が羨ましいです、こんな宝の山が目の前にあるんですから。

文庫版のジャケットもいいですが、私的にはやっぱりノベルズです。

(ノベルズを買ってるのは森作品だけですが)

是非一読を。でもその後の出費は責任持てませんが。。。

封印再度 (講談社ノベルス)

こちらが私の中のいちおし。

京極氏の「ごちそうさま」の一言がすべてを物語ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/10/28

きょうの引退

Nt

高橋尚子引退宣言

素晴らしい能力を持っていても、

それが必ずしも万全の状態で発揮されるとは限らない。

シドニーでの結果はまさに「開花」という感じだったけど、

まさかそれで終わることになるとは。。。

そういう意味では柔ちゃんはやっぱり凄いんだね。

でも「走る喜び」を伝えてくれたのは確かなこと。

ホントにお疲れ様でした。

今度はホントに楽しんで「走って」ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いまさらのデビュー

先日「再会」した「彼女」から招待を受けて

mixiに登録しました。

こちらでは「きりあ」でやっていきます。

ヤンキースタジアムを目印に探してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/10/27

彼の宿命

選手時代も、WBCの監督でも王、長嶋の跡を継ぐ「羽目」になるとは。

どこまで巨人の「道具」にすれば気が済むのか。

ノムさんも酷だなあ。ここで立ち上がれば冥土の土産になったのに。

それにしても日本シリーズ、アジアシリーズと指揮を執らなければならない立場の

一番「多忙な」監督に、さらにその数倍の「労力」を必要とする立場を

「押し付ける」とは。。。

さらに最悪なのが就任要請の時期。

日本シリーズの前に指名する、ってことは日本シリーズで「絶対に」負けられず、

さらに「完璧な形」で4連勝しないと、

また「こんな状況で本当に任せられるのか?」とか言われて、

それに勝っても、アジアシリーズでも「絶対に」勝たなければならず、

(これも黄泉売り主催の倒狂童無)、

それからはあっという間の予選へと、全く休む暇なく決戦の場へ。

いくら王氏のバックアップがあっても、最終責任は一人の肩に乗せられるわけで

ホントに「死なないで」って思っちゃうのは人情だよね。

でももう決まったからには選手もファンも全面的に応援しないとね。

(で松井はどうすればいいのかな。。。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008/10/26

史上最速のパトカー

イタリアということで「フェラーリ」かと思ったらこちらでした。

続きを読む "史上最速のパトカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの再会(は突然に)

①「夢をかなえるゾウ」を見る。

サイトを見る。

③著者のブログを見る。

④記事に触発されてある人物名を検索する。

⑤検索結果のトップに表示される。

⑥書いてあったメアドにメール(携帯番号付き)をする。

⑦携帯に着信あり。

⑧聞き覚えの声を聞く。

⑨かつての仲間の近況を聞く。

⑩15年振りの電話を掛ける。(不在)

⑪掛かってきたと思ったら、「彼女」のお父さんと勘違いする。

これってどれくらいの確率なんだろう。

大学時代のオケ仲間で、卒業以来あってなかったんだけど、

「彼女」はIT長者?と結婚して4LDKの家に住んでたのが

離婚をして今は6畳一間。

近況を聞いた「彼」はマスオさん状態から離婚されて実家に追い出されて

今その二人が「付き合う」かっていう状況だとか。

色々あるねえ。。。

でいつ頃会えるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/25

4番の一振り

ホームランを見て涙が出るなんて初めて。

八回表、とうとう同点に追いつかれてその裏。

ノーアウト2塁の場面で実況は「なんとかサードへランナーを進めて」

なんて言ってたけど、それが聞こえたのか。

初球を、打った瞬間の勝ち越しツーラン。

どうしてこんな場面でこんな結果が残せるの?

誰もが願ってるけどまさかまさかという結果。

それをあっという間に成し遂げる。

確かに各チームの4番、エース、ストッパーを持ってきただけだけど、

それだけで勝てるわけではないのはヤンキースを見れば明らか。

ラミレスもスンヨプも小笠原もグライジンガーもクルーンも。

それぞれ単純に移籍をしただけでは済まないのが巨人への移籍。

それぞれの苦闘を経ての今。

そして、クライマックスシリーズが始まってから初めての首位決戦。

巨人自体も2002年以来の日本シリーズ、相手は同じ西武。

松井の最後のシーズン以来かあ。

その時のMVPは二岡。どうしてるのかな?

久々に巨人ファンに戻っちゃった?

で日本シリーズは来週?長すぎだろう。。。

とりあえず日本シリーズ進出おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの確認

先日の飲み会でおいしい博多ラーメン屋があると紹介されて

今日行って来たんだけど、

確信しました。

続きを読む "きょうの確認"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/23

きょうの?

星野監督WBC監督辞退

暗黙の了解の中、ドサクサ紛れに決まりそうだったのが、

一転自ら辞退表明。

外堀を埋めてあたかも「推されて」の就任を目論むも

やっぱり世論が選手が黙ってはいず、

雲行きが怪しくなったから始めからその気はなかったみたいな言い草。

やるのであれば周りの言い分など無視してやればいいし、

やる気がないなら始めからきっぱり断っておけばいい。

またさらに評価を下げた形になって、もう権威復活はないだろうね。

で、辞退の理由のひとつに家族の話を出してたけど、

相変わらずお門違いな人間がいるんだね。。。

犯罪者の家族への陰湿な扱いについて、日明氏の作品でも見てきたけど

彼は犯罪者というわけでもないのにどうしてこういう対応をする人間がいるのか。

で結局誰がやるの?もうマジで国民投票で決めるしかないんじゃない?

ノムさんに頼めばやってくれると思うんだけど、

推す「上」がいないんだろうな。。。

せっかく株を上げるチャンスなのに。

いまこそ主催者権限を発動するチャンスじゃない?

そりゃないか。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/10/22

きょうの読了「そして、警官は奔る」

そして、警官は奔る (講談社文庫 た 101-3)

何故「敬礼」に涙腺が引っかかるのか。

受礼者に向かって姿勢を正し、右手を上げ、指を接して伸ばし、ひとさし指と中指とを帽子の前ひさしの右端(制帽を着用している婦人警察官にあつては、つばの前部の右端)に当て、たなごころを少し外方に向け、ひじを肩の方向にほぼその高さに上げ、受礼者に注目して行う。刑事ドラマで、しばしば登場人物の刑事が私服無帽ながらこれを行なうシーンが登場するが、日本の警察礼式においては、厳密には誤り。by wikipedia

「ケイゾク」然り、「踊る~」然り。

なぜかその場面を見ると自然と「グッと」きてしまう。

今回のラストも思わず、電車の中で。

本作こそ「それでも、」じゃないかと思うんだけど、

なぜ「そして、」なのかな?

武本・潮崎コンビに、本作ではさらに和田、小菅の「冷血」「温情」刑事と

どこまで伽羅を生み出すのかと思ったら、

最後には24のニーナ以来の裏切り。

単純に「正義と悪」と色づけられない世の中ではあるけど、

ここまで法と秩序がズタズタに堕ちた時代、

何を信じて生きていけばいいのか。

法律とは悪意を持った人間がその「隙間」をつく為にあるのでは、

と思わせるほど、実際の生活からかけ離れ、

時には足枷にさえなる存在なのか。

誰も困らなくても、人の為になっていても、

法律に違反しているから罰する。

4人の警官それぞれが苦闘し、苦悶し、結局答えは見出せない。

「それでも、」自分にできる事を探し、実行し、それから後悔し、

「そして、」奔るのか。

潮崎には室井氏の二の舞にはなって欲しくない。

どんな「上」になってくれるのか、楽しみです。

<追記>

お互いを尊敬しあっている者同士がするから、

その思いが伝わるのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの診断

血液型ゲノム

結局こういう結果なんだよね。。。

IDは575234です。皆さんとの相性は?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/10/20

きょうの予約(とうとう買っちまった)

PLAYSTATION 3(80GB) サテンシルバー(グランツーリスモ5プロローグSpecIII同梱)

まだ画像がないけど、まあ同じだけどね。

でついに買っちゃうことに。

まあブルーレイプレイヤーとしても4万円切ればもういいでしょ。

久々のGTも楽しみ。

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)

でこちらもあわせて予約。

結局今までのラインナップなんだけどね。。。

とりあえず月末が楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの一票

「星野WBC監督反対」署名

わたしも賛同します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

きょうの一勝(見縊って御免なさい)

Ai03

昨日の時点でボストンが勝つんだろうなあと思ってて、

八回のピンチで終わりかと思ったらそれをしのいで、

4勝3敗でのアリーグチャンピオン。

ひとまずおめでとうございます。どうせなら最下位からのWC。

でも来年は定位置(低位置)に戻ってね。。。

(巨人の相手はやっぱり中日かあ。。。ウッズ畏るべし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/18

きょうの無理

なんかどっかのドラマと24が比較されてるみたいだけど、

同じバイオテロでも緊迫感といいスリル、スピード感、

そしてなにより主人公とテロ組織側のレベルが違いすぎる。

たしかにハッカーとしては優秀?だろうけど、

事件捜査という観点からはまるっきりの素人(って実際素人だけど)。

悪役側もまだよくわからないけど、どう見ても別の意味での怪しさ満載で。

あの女優もサラリーマンNEOではちょっと面白いかなとも思ったけど

やっぱりモデル上がりでしかない。

初回はちょっとは期待できたけど、二回目はあまりの主人公の子供っぽさに

急激に冷めちゃった。

来週どうしようかな?

「ケイゾク」や「QUIZ」のレベルではない。

もうああいうのは出てこないかな。。。

(BGMもSPのパクリ?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

久々の再会

カラヤン チャイコフスキー:後期交響曲集 交響曲 第4番・第5番・第6番 Bruckner: Symphony no 7, Te Deum / Celibidache, Munich Philharmonic

一時弟にあげてたレーザーディスクプレーヤー。

引越す際に再度引き取ったんだけど、先日衣代えで実家に帰ったときに

ソフトを改めて確認して、結構カラヤン作品を持ってたことに改めて驚き。

その頃はビデオに代わる最新の保存ソフトと思ってたけど、

その後DVD、そしてブルーレイと続々高機能高画質高音質の規格が現れて

改めて不変の物はないんだな、と思いながら、

でも規格は代わっても変わらないものはある。

ライブ録音ではあるけど独特のカメラワークで今何がメロディラインを

歌っているのかが一目で分かる独特の演出で、

音楽を「見せる」技を駆使したカラヤン。

上のチャイコフスキーの4,5,6番、ブルックナーの8,9番、

ドボルザークの8,9番にブラームスの1,2番とベートーベン交響曲全集。

そして「展覧会の絵」に「海」、「ダフニスとクロエ」。

我ながらよくぞ買っておいたもんだ。

映像は確かに鮮明ではないけど、ある意味「味」があって、

音響はそれほど「劣化」してなくて、これからの「再演」が楽しみ。

そしてチェリビダッケミュンヘンフィルのブルックナーシリーズ。

こちらは8番をLDで、7番をビデオで持ってたんだけど、

7番もLDで買っておけばよかった。。。

どちらもDVD化はされてないので、ホントに貴重なものに。

さらに小澤征爾サイトウキネンのブラームス全集。

そのときは少しは躊躇したかもしれないけど、ピンときたら買っておくもんだね。

その後どういう状況になるか分からないけど、

その時の感性を大事にしたいです。

次は何を「見よう」かな?

(ブル8同じのをDVD買ってました。。。これで二度買い何度目?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/10/17

きょうの一枚

Gr1

信じられて羨ましい。

でもやっぱりボストン恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/16

きょうの?

監督決定?

なんだか騙された気分。

そこまで人材がいないっていうのもねえ。

ノムさんどうなんだろう。責任とるのが嫌なのかな?

でももう誰かさんと心中なんて真っ平だし。

イチローはどうするんだろう。

松井は早々の辞退は正解だったね。まあ誰がやっても状況的に無理だけど。

まあいい加減決めないとだけど、メッキが剥げた監督に

どれだけ選手がついていくのか。

遊びじゃないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/13

きょうの一曲

チャイコフスキー:交響曲第5番

88歳のバースデーコンサートでこの演奏。

買ったのはHQCDというもので千円以上高かったんだけど違いはあるのかな?

チャイ5は最後のラッパが天辺までいくかどうかをいつも聴いてるんだけど

大阪フィルのラッパは最後までいってくれて「やるなあ」と感心。

亡くなってもう7年も経ったんですね。

結局何度コンサートに行ったんだっけ?

もう出てこないよなあ。

でもまだまだ聴いてないCDあるし、これからまた集めてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最後の選択?

新型PS3発売

最初に出たときにはもう買わないと思ってたんだけど、

ブルーレイプレーヤーとして考えれば安いよね?

GT5同梱っていうのも魅力的だし。

最後のゲーム機、どうしようかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの読了「それでも、警官は微笑う」

それでも、警官は微笑う (講談社文庫)

読み終わってから「そういえばこの作者、女性だったんだ」って思い出して、

改めて驚いた次第。

それにしてもこれだけ面白くて、恐ろしくて、緻密で、大胆で、壮大なドラマを

処女作で書いてしまうなんて。

どうしていままで出会えなかったのか不思議なくらいハマリマシタ。

講談社ノベルスは結構チェックしてたんだけど、さらに文庫化したものを

ようやく14刷版で手に取るとは。

でもそのお陰ですぐに続編が読める、と思えば逆に良かったのかも。

作者の思いが潮崎警部補に顕れてるっていうのが私見なんだけど

当たってないかな?

彼が語る数々の「刑事」の名前にすぐにピンとくる自分が

改めて「警察小説」好きだったことに気づかされて。

(でも「岩崎白昼夢」警視って誰?)

「百舌」のくだりは思わず「微笑って」しまいました。

何気な布石ってこと?

潮崎警部補の喋り口調に白鳥厚生労働省大臣官房秘書課付技官を

思い出したのは私だけではないはず。

なんか全然武本巡査部長のことが出てこないけど、

こちらも色んな「武闘派」刑事が混ざり合った結晶みたいな刑事で、

その二人にコンビを組ませる安住課長にちょっと新宿鮫の桃井警部を

思い出させるのも意図的なのかな?

さらに潮崎警部補に「上」を目指させるなんて、

「踊る」シリーズまで絡ませる気?

読了したばかりだけどすぐさま続編が読みたくなりました!

で、「それでも、」の意味とは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/12

きょうの梯子観戦

スケジュール通りいけばカブルことはなかったんだけど、

終わらないBOSvsTBとF1日本グランプリを二画面でチェックしてるんだけど

F1中継相変わらずCMブレイク大杉。。。

これだけ波乱の展開なのにブツブツ切って全く集中できない。

でタンパは現地時間深夜1時。客席も眠そう。子供は寝てる。

延長10回終了。ホントに終わるのかな?

予定では14:25から日ハムvsオリックスのクライマックスシリーズなんだけど。

日本GPはハミルトンの強引なブレーキングで中嶋が煽りを食って

いきなりピットインで最下位、その後も続々とリタイアが出て

残り40周で現在1位がピケJr。

ハミルトンもライコネンもマッサもポイント圏外。

ボストンは11回チャンスを作るもタイムリーは出ず。

もういい加減決めてくれ零図。

パペが降りてティムリンがマウンドへ。終わったか?

(でF1中継する気ないのかな不治は。CMの放送時間の方が多いんじゃない?)

先頭バッターが微妙なボールで歩いて(前の回にストライクだったボール?)、

ファレル投手コーチが暴言で退場。

後続バッターもバントの構えから結局歩いてノーアウト1,2塁。

9番バートレッドはバント失敗するもセカンドランナー盗塁で

その間のサードゴロで結果2,3塁。岩村は歩かされて満塁に。

アプトンの浅いライトフライもサードランナーホームインでようやく決着。

結局5時間27分。

八回のワイルドピッチがなければもうちょっと早く終わったんだけどね。。。

でそのまま引き続き日ハムvsオリックス戦へ。

もうF1は携帯ワンセグで十分。

結局トラブルレースに強いアロンソが連覇の1位チェッカー。

2位クビサ、3位ライコネン、4位ピケ、5位にようやくトヨタのトゥルーリ。

ホンダは13,14位、中嶋はほとんど写らずに最下位フィニッシュ。

やたら「生中継」を繰り返してたけど全然緊張感のない中継。

これなら録画してCM飛ばして見た方がよっぽど臨場感があった。

チャンピオン争いはマッサが8位で1ポイント。

ハミルトンはポイントなしでその差6ポイント。

(その後6位の選手にペナルティが課せられてマッサは7位で2ポイント獲得。

ハミルトンとの差は5ポイントに)

まだまだ決まりそうにないね。

でもホントに不治のスタンスには呆れ返る。そこまでしてCM見せたいの?

きょうはあとゴルフも見る予定。

ひとまずここらで打ち切ります。

<追記>

日ハム連勝でCS第二ステージへ。

男子ゴルフはまたもや宮里優勝に手が届かず。

女子ゴルフはプロ二年目の若林舞衣子が逆転優勝。

あっという間に一日が終わっちゃいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?

阪神の岡田監督辞任へ

なんでこの時期に言い出すの?

先がなくなった時点で言うのは仕方ないけど、

まだチャンスが残ってるのに。

選手やファンの気持ちとか考えないのかな?

総理大臣といいホントに自分のことしか考えてない。

いまからでも臨時でもいいから監督交代しないと。

こんな気持ちで指揮を取るなんて考えられない。

また「これが阪神」ってことになっちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/10

きょうののだめ(巴里編スタート)

巴里編は実写ドラマの方が先になったけど

アニメの日本編は原作に忠実になってたから、そこまで驚きはないだろうけど、

ちょっとのだめ太った?

プリゴロ太でフランス語レッスンって。

千秋はいきなり「鬼教官」になって。

あっという間の30分だけど、これから指揮者コンクールなんだよね。

ビエラ先生との再会もあるし、地獄の契約も。

改めて先が楽しみ。

で何回放送なのかな?

ラヴェル:ピアノ曲全集 第2集 ラヴェル:管弦楽曲集(第4集) 組曲「クープランの墓」/古風なメヌエット/道化師の朝の歌/海原の小舟/逝ける王女のためのぱヴァーヌ / クリュイタンス

(ピアノ版はフランソワ、オケ版はやっぱりクリュイタンス。

でも道化師はやっぱりオケ版の方が好きだな。

ちなみに「逝ける王女のためのぱヴァーヌ」じゃなくて

「亡き王女のパヴァーヌ」です!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あっけない幕切れ

Th2_2

きのうの負けでまさかきょう決まるとは思わなかった。

ノビノビになってた歓迎会があって、

終わって携帯チェックしたら巨人が勝って阪神負けてる。。。

13ゲーム差を覆してのメイクレジェンド。

でもなんか盛り上がってこないんだよね。

やっぱり去年の「暗い巻く巣」の敗退があって、

まだ何も決まってないって感じで。

パリーグのクライマックスシリーズを見ていたときは、

「何でセリーグでもやらないの?」って思ってたけど、

実際巨人が優勝しちゃうとそのままいってくれればって思っちゃうのは

都合がよすぎだよね。。。

ホークスもそうだけど、優勝して敗退するっていうパターンはホントに辛いからね。

メジャーはさらにその上をいくシビアな結果だけど、

やっぱりチーム数が違いすぎるし。30対12じゃねえ。

原監督もきょうぐらい先のことは考えたくない、っていう気持ちもよくわかる。

阿部の状態が心配だけど、ビール掛けはできてるみたいで一安心。

(これで中日が勝っちゃったら洒落にならないね。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/07

最後のユニフォーム

Oh32

勝てなかったかなあ。。。

小久保、松中。

でも12回までやれたっていうことだけでもよかったのかな?

ノムさんからどんな言葉をかけられたのかな。

ホントにホントにお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの読了「ライオンハート」

ライオンハート (新潮文庫)

恩田陸作品は「ドミノ」が初見だったんだけど、

ジャンルが幅広くて次になにを読めばいいのかずっと悩んでたんだけど、

当たりと言えるかな?

まるで翻訳作品のような感じで、時代もあっちこっちに飛んでって、

始めは何がなんだかって感じだったけど、

いくつかのストーリーを経る毎に徐々に全望が開けてきて、

最後の大団円にはホロリときてしまいました。

それにしてもどれだけ壮大な話なんでしょう。

何人のエリザベスとエドワードが出会ったんでしょう。

その「瞬間」だけの為に生きて、それが色々な世代の「二人」の思い出となって

夢の中で引き継がれるなんて、誰が想像するでしょう。

そして最後には。。。

ライオンハート(紙ジャケット仕様)

こちらも聴いてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/06

きょうの「男」達

Jp16


Jw6


Pf1


みんな凄い迫力!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お笑いの審査

きのうの番組を見てからいろいろかんがえてたんだけど、こんなのどう?

基本はイロモネアとスマスマのときめきメータ。

まず統計学者にどういう配分で審査員を割り振るかを決めてもらって、

(その前にどの層をターゲットにするかを決めなくちゃなんだけど)

無作為に選ばれた審査員○名の内何人が笑ったかを「笑顔センサー」で認識して、

さらに審査員全員に心拍計を付けて、

平常時の心拍数と笑いが起こった際の最大心拍数を測って

その「差」をポイントにして、その総合ポイントで優劣を決めるっていうもの。

これ以上「科学的」な審査方法はないと思うんだけど。

やっぱりどれだけ「心が動いたか」っていうのが

一番の審査ポイントだと思うんだよね。

おもろいかおもろないか。これだけでいいんじゃない?

芸暦も年齢も、所属事務所も、先輩後輩も、全く関係ない、

真の「面白さ」を見せて欲しいね。

(キングオブコメディって名前の芸人、誰が許可出したのかな?)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/05

きょうのキング?

バッファロー吾郎が470点って何で?

ロバート勿体無い。

バナナマンはやっぱりコントってジャンルで言ったら一番でしょ。

でももう一回ロバートと勝負してほしい。

何でバッファローなの?(二度目)

天竺鼠もチョコレートプラネットもよかったけど、

やっぱり先輩方としては若手を上げる訳にはいかないってことなのかな。。。

2700も点数低!

もうバッファロー不戦敗でいいんじゃない?参ったしちゃいなよ。

「なんやねん!」ってまさに浜ちゃんのユートーリ。

でバナナマン。知ってるコントだった。。。

まあ面白くはあるけど、内容知ってたからなあ。

新作もってこいよ!

(もうあのリズム忘れてる。)

で一組ごとに発表って!

なんか裏切り者みたいじゃん!

確かに両方「バ」から始まってるからややこしい。

で5-2でバッファローって。。。嘘だろ。

やっぱり「素人」審査員が一人もいないって変だよね。

これ2回目あるの?

| | コメント (3)
|

最後の明暗

もう藍「ちゃん」とは呼べないかな。

久々の優勝争い、めずらしい生中継、徐々に重苦しくなる空気。

それを切り裂く16Hのティーショット。

狭いフェアウェイを真っ直ぐに通りすぎて、逆転のきっかけになるか。

前の組に1打差遅れの不動、後の組にトップタイのイチヒ。

第二打はピン奥に止め、でもバーディパットは思いのほか切れず。

でもきっちりパー。

桃子、さくらはちょっと圏外だけど、決めるとこは決める。

17H不動がピンに向かったショットでこのパットを決められるか。

16Hキャンベルのラフからのチップイン!これで2打差。ギリギリ?

17Hのドライバーショットはフェアウェイ左。

そして不動、堂々のバーディで三人が3アンダーで並ぶ。

(歓声凄すぎ。音声さん気をつけて!)

15Hのリエスドも1打差でまだまだ。

18H不動のドライバーショットが左のギャラリーの後ろへ。打ち所はどう?

横へ出すだけ。痛い。

17Hの第二打はちょっと左のグリーンオン。力んだか?

15Hリエスドバーディで4人が並ぶ。

16Hイチヒはパー。

さくらは最後はバーディで、桃子はパーで終了。

17H15m以上のバーディパット。打ち切れずちょっと残る。

でもきっちり抑えてパーセーブ。決まった!

18H不動、手前のピンに対して奥にやっちゃって万事休す。

ボギーフィニッシュも未だ可能性ある?

18Hきっちりセンターに運んで第二打もど真ん中。顔つきが変わってきた?

17Hイチヒは打ち切れずにパーセーブ。

そして18Hのドライバーは不動同様左のラフ。

でも第二打をうまくリカバーして第三打を。

16Hリエスド、トラブルを何とかボギーで乗り切る。

18H第三打はバックスピンが掛からずにちょっとピンをオーバー。

そしてバーディパットは上からで打ち切れず。まあしょうがないか。

パーパットは難なく決めて、イチヒの結果を待つ。ここまで3アンダー。

キャンベルはパーセーブで1アンダーフィニッシュ。

そしてイチヒの第三打。ピン横同じ段のナイスオン。やられた。

17Hリエスドはギリギリでパーセーブで2アンダー。踏ん張るね。

イチヒ最後はきっちりスライスラインを決めて4アンダー。決まった。

後一歩及ばず。最終ホールの第三打が明暗を分けた形に。

リエスドの第三打がピン横のバーディチャンスに終わった時点で優勝決定。

でもリエスドも頑張ったね。

(最後のパットは飯島のダボ。これもゴルフ)

ちょっと期待しての観戦だったけど、日本女子オープンという大舞台。甘くはないね。

1位イチヒ4アンダー

2位宮里藍、リエスド3アンダー

4位不動2アンダー

それにしても改めてゴルフって一打一打が重たいね。

でいつごろ藍選手の優勝が見られるかな。。。

(イチヒ選手日本語ウマイ!)


| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/10/04

きょうのガリレオ

確かに「相棒」を女にしたのは意味があったのかな?

ドラマを見てから原作を再読した時に、

「地味だなあ。。。」と思って。

きょうの「番外編」を見て、柴崎コウがいなくて、むりやり長澤まさみを持ってきて、

でもやっぱり草薙だけじゃねえ。

で、ラストは何?

あの娘が一番怪しいと思ってたのに、ホントに「いい娘」だったってこと?

で最後は「僕らの音楽」?

映画を見る人はやっぱり福山ファンってことなんだろうね。

少なくとも東野ファンでは。。。

(でも大学生ガリレオ、似てたなあ。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの一枚

Bc3

何をそんなに驚いてるの?

今度は何で驚かせてくれるの?

今までの失敗

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/10/01

最後の星

Kk04_3

色々ありすぎるくらいありすぎたけど、やっぱり野球の神様はいたのかな?

来世で王選手と同じチームでホームラン競争。

見てみたいなあ。

これからどこへ飛んでいくのか。

ひとまずゆっくりして下さい。

ホントにお疲れ様でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »