« きょうの「男」達 | トップページ | 最後のユニフォーム »

2008/10/07

きょうの読了「ライオンハート」

ライオンハート (新潮文庫)

恩田陸作品は「ドミノ」が初見だったんだけど、

ジャンルが幅広くて次になにを読めばいいのかずっと悩んでたんだけど、

当たりと言えるかな?

まるで翻訳作品のような感じで、時代もあっちこっちに飛んでって、

始めは何がなんだかって感じだったけど、

いくつかのストーリーを経る毎に徐々に全望が開けてきて、

最後の大団円にはホロリときてしまいました。

それにしてもどれだけ壮大な話なんでしょう。

何人のエリザベスとエドワードが出会ったんでしょう。

その「瞬間」だけの為に生きて、それが色々な世代の「二人」の思い出となって

夢の中で引き継がれるなんて、誰が想像するでしょう。

そして最後には。。。

ライオンハート(紙ジャケット仕様)

こちらも聴いてみようかな。

|
|

« きょうの「男」達 | トップページ | 最後のユニフォーム »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/24339510

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「ライオンハート」:

« きょうの「男」達 | トップページ | 最後のユニフォーム »