« きょうの複雑。。。 | トップページ | きょうのお仕事? »

2008/11/20

今後の行き先(未確定)

Mm30

今季ニューヨーク・ヤンキースで自身初となるシーズン20勝を達成し、通算で270勝を挙げているベテラン右腕マイク・ムシーナ投手(39)が現役を引退するようだ。米4大ネットワークのひとつ、FOXのウェブサイトが19日付(日本時間20日)で報じている。

 ある関係者によると、ムシーナは今週末にも去就を正式に表明する意向。一方、ヤンキースはすでにムシーナ引退に備え、CC・サバシア(ブルワーズ)やA.J.バーネット(ブルージェイズ)といった大物フリーエージェント投手の獲得に動いている。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=18098

20世紀末のニューヨーク・ヤンキースを代表する名外野手で、4度のワールドシリーズに貢献したバーニー・ウィリアムズ氏(40)が、現役復帰に意欲を示した。チームの地元紙ニューヨーク・ポスト(電子版)が19日付で報じている。

 同紙によると、現在はミュージシャンとして活躍し、4月には新譜も発売予定のウィリアムズ氏は、現役復帰への門戸を完全に閉ざしているわけではないとコメント。同紙が来季にオープンする新ヤンキー・スタジアムでプレーしたいかと問うと、もちろんと答えたという。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=18103

ニューヨーク・ヤンキースの地元紙ニューヨーク・ポスト(電子版)は19日(日本時間20日)、ヤンキースからフリーエージェントとなった大砲ジェーソン・ジアンビ一塁手が、同じ東地区所属で今季のア・リーグを制したタンパベイ・レイズへ移籍する可能性を報じた。

 同紙は、岩村明憲二塁手も所属するレイズが、今オフは左打ちの指名打者を補強ポイントとしていることを指摘し、ジアンビは最適な人材だと評価。さらに来年1月に38歳を迎えるジアンビが、今季並みの年俸2300万ドル(約22億円)を要求することもないだろうと推測し、その一方で今季に32本塁打、96打点を挙げたように打棒はいまだ健在だと分析している。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=18102

どれも確定記事ではないけど、どれが「ホント」になるのか?

「(20勝を挙げたシーズンに)引退したら、かなりかっこいいと思う」

っていうのは本音?

バーニーはきっちり引退式をやってほしいね。

兄貴はまだまだやれるでしょうし。敵にしたら怖いかも。

|
|

« きょうの複雑。。。 | トップページ | きょうのお仕事? »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/25517044

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の行き先(未確定):

« きょうの複雑。。。 | トップページ | きょうのお仕事? »