« きょうの確定(100%) | トップページ | 3度目の契約切れ(私上初) »

2008/11/26

きょうの読了「グラスホッパー」

グラスホッパー (角川文庫)

島田作品後ということで、ちょっと軽めを選んだつもりだったけど、

「軽く」はなかったです。

「鈴木」「鯨」「蝉」の三人の視点から描かれる「ハードボイルド」らしいんだけど、

凄惨な場面もある中、なぜか「爽やかさ」も感じて、一気に読み進めました。

前回読んだ「魔王」とはまた違った雰囲気もありつつ、

やっぱり同じ世界観も感じつつ、

この先も「制覇」したくなる作家を見つけたな、って感じです。

『「車」の存在を「無作為に、一万人も殺すテロリスト」として、

「それなのに、車に乗るのをやめよう、とは誰も言い出さない。・・・

大事なのは、利便性だ。命より利便性だ」』

ていう考え方、最近やたらと目に入ってくるんだよね。

常識っていうものがどんどん壊されている現在、

一回リセットすべきときなのかも知れない。

その先達になる作家なのかもね。

次は話題の?「重力ピエロ」を狙います!

|
|

« きょうの確定(100%) | トップページ | 3度目の契約切れ(私上初) »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/25675539

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「グラスホッパー」:

« きょうの確定(100%) | トップページ | 3度目の契約切れ(私上初) »