« 仏の顔も三度まで | トップページ | きょうの父兄参観(府警山間じゃない) »

2009/04/20

初めてのタイムリー

Hm016

しばらくスタメンはないかと思ったら7番DHで出場。

二打席凡退の後、七回無死2塁。

今季初のタイムリーがセンター前に。

(ホームランはタイムリーって言わないのはなぜ?)

そして直後にポサダの逆転弾が。

ファンが取ったか微妙な判定も結果はホームラン。

八回にもロビン敬遠後、フルカウントからきっちり選んで、

その後のランサムのラッキーヒットで結果7-3で勝利。

ようやく「きっかけの」松井が復活?

まあ無理はしないで、一歩一歩。

Cp001_2

あれ?誰?六回1失点であわや勝利投手?

勝たせはせん。やらせはせんぞ!(byドズル・ザビ)

|
|

« 仏の顔も三度まで | トップページ | きょうの父兄参観(府警山間じゃない) »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/29211980

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのタイムリー:

« 仏の顔も三度まで | トップページ | きょうの父兄参観(府警山間じゃない) »