« きょうの実況(結果を残したい4番) | トップページ | いまさらの感想「救命病棟24時」 »

2009/08/14

きょうの読了「謀略法廷」

謀略法廷〈上〉 (新潮文庫)謀略法廷〈下〉 (新潮文庫)

久々のグリシャムだったけど、やっぱり面白かった。

<ここからはネタばれ>

 

でも「えっ、これで終わり?マジで?どんでん返しはなし?」って感じで、

「悪は勝つ、金さえあれば」ってことなの?

懲罰的損害賠償金3,800万ドル。

それもただの数字でしかないのか。

一旦は判決が下っても、上級裁判所で覆されれば意味は無い。

まさか「子飼いの」裁判官を金で買うとは。

それも選挙を通してだなんて。

一旦は莫大な費用が掛かっても、それを通り越せばそんな費用は気にならない

金額が手元に転がり込んでくるなんて。

敢えて逆転判決という結末にしないことで、

現実社会の実態を思い知らせたかったのか。

30億ドル稼いでも、それを60億ドルに増やしたいだなんて。

贅沢ってキリが無いってことなの。

今の日本の社会をも切り取ってるのかな。

富めるものはさらに富み、貧するものはさらに貧す。

犯罪を犯しても、闇の力で揉み潰す。

いくら金が掛かってもそれもあっという間に取り返せる。

いやいや、そんな金なんて取り返せなくても全然困らない。

かたや、きょうの生活にも困って死ぬしかない状況に陥るしかない人も。

これをどう「読んだら」いいのか。

このままでいいのか。。

|
|

« きょうの実況(結果を残したい4番) | トップページ | いまさらの感想「救命病棟24時」 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

こちらの作品も読みたいなと思ってるんですが
その前に既に本が山積みになってるので
下手すると来年になってしまうかも!?笑

グリシャム以外にオススメの外国人作家っていますか?

>Re:樹里亜

昔はクーンツとかハンドラーとか読んでましたが、
やっぱり登場人物が多くて忘れちゃうんですよね。。

あと、名前、苗字、愛称とコロコロ表現が変わって
誰のことだか分からなくなって。。

トマス・ハリスは一応出てるものは全て読みました。
ってハンニバルシリーズだけですが。。

わたしも中々進みません。。

投稿: UCHICA⇔樹里亜 | 2009/08/14 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/30957988

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「謀略法廷」:

» 「謀略法廷(上・下」正義は本当に行われるのか? [soramove]
「謀略法廷(上・下」★★★☆ ジョン・グリシャム著、2009/7/1発行                         →   ★ブログランキング★                           どんなブログが人気なのか知りたい← 「大規模な薬品工場のある小さな町で 工場の廃棄物からの水質汚染で がんを発症する住人が起こした裁判で 巨額の賠償金支払いが、企業に命じられた」 以前良く出来た映画で「エリン・ブロコビッチ」という ジュリア・ロバーツの当たり... [続きを読む]

受信: 2009/09/02 07:24

« きょうの実況(結果を残したい4番) | トップページ | いまさらの感想「救命病棟24時」 »