« きょうの読了「イノセント・ゲリラの祝祭」 | トップページ | きょうの鑑賞「ハッピー・フライト」 »

2010/01/31

きょうの24(シーズンⅦ22:00~23:00)

あっという間にテレビ放送が追いついちゃいました。

 

今の一人の命とこれからの何万人の命。

今までなら何の迷いもなく後者を選んでいたジャック。

でも今回は警備員との「約束」を選んだ。

それが正しかったかと言われれば答えはないけど。

そして結果はジャック自体が生物兵器の犠牲になり、兵器自体は敵の手に、

さらにトニーまで人質に。。

どちらをとっても後悔する結果にしかならない選択を迫られ続けるジャック。

ここまで自分を犠牲にしながら、殺害犯として、逃亡者として追われるジャック。

本当に何が彼を動かしているのか。

スタークウッドって結局自分たちの傭兵部隊を採用させる為に

自ら戦争状態を作り上げてるってことなの?

まさに需要から供給まで。

彼らを動かしてるのは金?

それで国家を、国民をどん底まで落としこんでも何も感じないの?

でも一番怖いのはやっぱり大統領の娘。

彼女を動かしてるのは征服欲なの?

大統領にならないとそれは満足できないのかな。

でも彼女が大統領になんてなったら。。想像もできないほど恐ろしい。

で、ジャックはまた生き延びちゃうの?(もういいんじゃないの。。)

|
|

« きょうの読了「イノセント・ゲリラの祝祭」 | トップページ | きょうの鑑賞「ハッピー・フライト」 »

24」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの読了「イノセント・ゲリラの祝祭」 | トップページ | きょうの鑑賞「ハッピー・フライト」 »