« 今日の読了「ブルー・ローズ」 | トップページ | 初めての海外旅行(ローマ編) »

2010/01/16

きょうの読了「はいからさんが通る」

はいからさんが通る (1) (講談社コミックスデザート (172巻))

八巻完結かと思ったら七巻途中でお話はオシマイで、後半分は番外作品で、

八巻は丸々スピンオフ。

ちょっと騙された感もあったけど、とりあえず本編は読了。

で、やっぱり花男はこれを参考にしてるよね?

主人公は男勝り、でも周りに集まる男性陣はみんな絶世の美男子のみ。

その全てをひととおり虜にして、でも最後は本命の元へ。

上司の陰謀、戦争、記憶喪失、破産、震災と、様々な困難を乗り越えての

ハッピーエンド。

懐かしい、っていう感じより、「そうそう」って感じで一気に読了しちゃいました。

ところでアニメは途中で打ち切りだったっけ?

最後まで見た気になってるのは原作を読んでての勘違いだったかしら?

アニメ再放送しないかな。。

|
|

« 今日の読了「ブルー・ローズ」 | トップページ | 初めての海外旅行(ローマ編) »

「読了」カテゴリの記事

コメント

>上司の陰謀、戦争、記憶喪失、破産、震災

なかなか重そうな内容ですね!

漫画の表紙から抱いていたイメージと全然違いましたけど
ハッピーエンドになるのはやっぱり少女漫画だからでしょうかね。

「物語は完結せず、原作中盤時点(シベリア出兵に従軍した忍が記憶喪失となり帰国した時点)で打ち切りとなったため関東大震災後の大団円まで描かれなかった」って。。。(ウィキより)

>Re:樹里亜

いえいえ、半分位がボケツッコミみたいなノリで、
重くはないですよ。

確かに表紙のイメージとは違った意味で裏切られますが。

アニメも見たのは大分前なので、震災場面はなかったでしたか。。
復活も原作者の許可が取れなそうで。。

まあ頭の中で再演させますか。

投稿: UCHICA⇔樹里亜 | 2010/01/16 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の読了「ブルー・ローズ」 | トップページ | 初めての海外旅行(ローマ編) »