« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/21

きょうの鑑賞「ニキータ」

ニキータ [Blu-ray]

結局これがレオンの原点であり、レオンはこれの焼き直しだったってこと?

宙ぶらりんの足や、武器を入れるトランク、サングラススタイル、

通風口への脱出。

レオンは復活したけどニキータの続編はないのかな?

結局何処へ消えたのか。

もう一度逢いたい。


| | コメント (0)
|

2010/11/20

きょうの鑑賞「X-MEN ZERO」

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

24を借りようかと思ったけどまだ新作扱いだったんで、

仕方なくこちらを。

まあ待ってればテレビでやるんだろうけど、久しぶりにお金を払って。

前から気にはなってたからいい機会かも。

ストライカー役が違う人だったからイマイチピンとこなかったけど、

結局この手の黒幕って身内の不幸が原因ってパターン多いね。

そして最強の武器を手に入れた途端にみすみす取り逃がすところも。。

目からレーザービーム、瞬間移動、機械操作、刀使い。

本当になんの為に身に付いた能力なのか。

電化製品を自由に操れる能力は害もないし持っててもいいかも?

でも死ねないっていうのは。。

また最初から見たくなったのは確か。

これってコミックとはどれくらい関連があるのかな?


| | コメント (0)
|

2010/11/12

きょうの企画書

名付けて「RED NOTE レッドノート」。

iPadと赤ペン先生と電子カルテが融合した、電子楽譜。

大きさはやっぱり通常の楽譜と同じサイズで、二枚折形状。

できれば軽量薄型で。

画面上にまずはオーケストラの各楽器のパート譜面が表示され、

画面をタッチするとフルスコアにも、楽器単位にも、

低音パート、高音パート、リズム系、メロデイー系と、

指定したグループ単位に変化する。

そしてタッチペンで気になったことをメモ書きし、瞬時に保存も出来て、

さらに一曲の譜面が全て関連づけられて、

例えばパートリーダーが他のメンバーの譜面に注意書きが出来たり、

指揮者が書き込んだメモを全てのメンバーが見れたり。

その「赤ペン」表示は誰が書いたかも分かるように色分け表示され、

モチロンマッサラな状態でも表示されるし、自分が書いた分、

リーダーが書いた分、指揮者が書いた分と切り替えもOK。

事前に筆記登録をしておいて、個人の書き方の癖も把握して、

手書きそのままでも、清書された形でも表示、保存される。

学生オケでの活用も当然だけど、

プロオケ、プロ指揮者のコメント付きの楽譜を「販売」することによって、

この指揮者はこの曲のこのフレーズはどんな意図で行っているかとか、

プロの演奏家がどういうところに気を配ってるのかとかを

知ることができる。

さらに演奏家だけでなく、音楽視聴時にこの楽譜を見ながら聴けば、

今まで「聴こえて」こなかった音が聴こえてくる?

フルスコア、パート譜、リズム系、メロデイー系と

タッチパネルで切り替えながら音を追いかける楽しさも体感できる。

そしてこれが意外と欲しかった機能だけど、譜めくり機能。

どこかをタッチすることで切り替えるか、時間設定で切り替えるかは自由。

さらに対面カメラを装備することで、遠隔セッション、遠隔レッスンも。

iPadの機能があれば、今すぐにでも実現可能かなと思うんだけど

どうでしょう。

後は楽譜の電子化。

書籍の高速スキャン技術も発達してるし、物理的には可能だと思うけど、

問題はやっぱり著作権?

現状での実際のスコアのお値段は結構するけど、

電子化した場合に一曲いくらになるか。

後は単純な楽譜のコピーだけじゃなくて、

フルスコアからパート譜へ展開するために個別の譜面を統合する作業が

結構大変なのかな?

でも全ての音符をバラバラにしてそれを組み上げるだけだから

そうでもない?

こうやって言葉にするとイマイチイメージが表現されきれないけど、

実際に端末として出来上がったらもっと色んな発想が生まれそうだし、

使ってもらってこういう機能が欲しいとか、出てきそうだし。

とりあえず試作品を、よろしくお願いします、孫さん?

一台5万円ってとこかな?

シンプルバージョン3万円くらいでスタートするってのもあり?


| | コメント (1)
|

2010/11/07

今季の終焉

エンジェルスが敗退し、日ハムが敗退し、巨人が敗退し、

ヤンキースが敗退し、

最後の最後でようやくロッテが。

でも正直ここまで惹かれるとは思わなかった。

やっぱり応援歌のお陰かな?

最初に気になったのはキヨタで、それ以外も井口も剛も、そして福浦。

第二戦に中日が勝った時点で、

「もうこのまま中日が四連勝で決まりかな」と思ってたのが、

勝って負けて勝って引き分けてーの、勝ち。

そりゃあ一番に応援してるチームが勝ってくれれば言うことないけど、

ここまで試合自体に呑めりこめるなんて。

視聴率がどうの、地上波中継がないの、地味な対戦カードだのって、

散々言われまくったけど、やっぱり野球は野球。

少ないながらも6球団を勝ち残った2チームの頂上決戦。

でもここまでドラマチックな日本シリーズもないね。

できれば第八戦も見たい気もしたけど、

それは選手たちにはあまりにも酷だったね。

不治は相変わらず不治だったけど。。

もう二度と中継しないで欲しいね。

せっかくのチャンスだったのに、優勝インタビューを端折るなんて。

結局誰がMVPだったのか。

でも全員がMVPだったのが事実なんだろうね。

ロッテの選手、中日の選手、本当にお疲れ様でした。

野球最高!

| | コメント (0)
|

2010/11/03

きょうの選択3

ブログネタ: もしも外国人に英語で道を聞かれたら?参加数拍手

堂々と日本語で。

ワカラナイのはあちらが悪い。

日本に来てるんだから、日本語で話すのが当たり前。

アメリカで日本語で道を教えてくれるなんて絶対ないからね。

| | コメント (0)
|

きょうの選択2

ブログネタ: コンビニで買い物するとき、一番悔しいのはどれ?参加数拍手

パック飲料を買って、付いてるはずのストローがない!

(かつて二度もありました。。今は必ずチェキ!)

| | コメント (0)
|

きょうの選択

ブログネタ: 1カ所限定「どこでもドア」、行き先はどこにする?参加数拍手

モチロン、松井のいるチームの球場前!

マジで欲しいなあ、ここだけのドア。

| | コメント (0)
|

きょうの鑑賞「のだめの千秋」

のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション[DVD]

まさかボレロまで忠実に「再現」してるとは。。

ムジークフェラインザールでのベト7はちょっとカメラが回り過ぎ。

魔法使いの弟子はちょっとはまともに聞こえたけど、

ボレロはまさかの「そのまんま」。

最後の銅鑼ジャンプまでって、そこまで再現しなくても。。

でもそれで1812年がより一層際立って。

でもこの曲だけでもフルバージョン見たかったなあ。

テオは登場しなかったけど、千秋も表情豊かで、エキストラであるはずの

「聴衆」の笑顔も本物で、円熟の一曲。

ドラマ版はやっぱり若い。

久しぶりにチャイコフスキーのバイオリン協奏曲も

フルで聴きたくなりました。

日本シリーズの時間になっちゃったので、悲愴はまたの機会に。

やっぱり音楽はいいなあ。


| | コメント (0)
|

2010/11/02

今季の終焉

個人的にはとっくの昔に終わってたけど、正式な形での終わりが。

サンフランシスコに来てからは初のワールドチャンピオンとなったジャイアンツ。

ほんとはもうちょっと下のチームに頑張って欲しかったんだけど。。

去年は本当に熱かったし、忙しい中、残業したり休日出社したりで

なんとか午前休を取る算段をしての観戦だったけど、

今年は録画さえしなかったりしてのワールドシリーズに。。

ヤンキースも予定通りの敗退で、そこに勝ったレンジャースも

頼みのリーが二連敗じゃね。。

ゲレーロが活躍しなかったのも何気に嬉しいヒトもいたみたいだし。lol

本当の意味での戦いはこれからだからね。

早く決まるのか、なかなか決まらないのか。

西か東か、北か南か。

守備は出来るか、やっぱりDHのみなのか。

強いチームか弱いチームか。

まあどこでもいいんで早く決まって欲しいなあ。。

来年渡米するチャンスはあるのか。行きたいと思わせてくれるのか。

ゆっくり待ちますか。

Hm058


| | コメント (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »