« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/31

今年のばかやつら会(麻雀編)

去年はメンバーが足りずに断念した恒例の徹マン大会。

今年もお店巡りはしたけど、なかなかいいお店が見つかりました。

麻雀さん

店員さんの対応も丁寧だし、トイレも綺麗で、さっそく来年も予約しないと。

<ここからは専門用語連発で>

メンバーはここ最近の定例メンバーに飛び入り参戦の計5名で。

毎回のことだけど、この大会の趣旨は永遠のライバルから一度でも上がること。

あちらは毎週二回接待麻雀をしてる強者。

対戦は最初の三半荘はちょい負けが続き、

続く半荘は東一局でいきなりの飛び振込で撃沈。。。

あまりの衝撃で悔しいのを通り越しちゃって。

(この時点で予想2万超えの負け)

そして運命の5戦目。

いきなり親のチートイツを引いて、反撃スタート。

ツモれば欲しい牌がきて、あれよあれよと飛ばしの断然トップ!

そしてラスト半荘もその流れが続き、

ついに守りが緩んだライバルから渾身の

「ウルオオオオオーーーーーーンンンヌヌ!!!」

もうこの瞬間を待ってました。

眠気もぶっ飛ぶ当たりでそのままエンディング。

結果的には三位だったけど、そんなことは関係ない。

終わりよければ全てよし、ということで、よい年末を迎えられました。

場代もその後の吉牛もトップが払うということで、

これだけ楽しめて全く悔しくない負けでした。

ていうか実質的な「勝ち」でした。

来年はゴールデンウィーク開催を予定してます。

この記事が今年最後の記事。

来年はどこまで野球ブログになれるかわかりませんが、

ツイッター共々出来る限り「叫んで」いきたいです。

壱年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします!


| | コメント (0)
|

2010/12/29

ことしのブログ

ツイッターを始めたのが去年の5月3日。

それからこちらは毎日なにかしらつぶやいてたけど、

それと反比例するようにブログの更新は停滞。。

松井の試合出場も少ない一年ということで、

野球ブログより読了ブログになってきた?

今年は4、5月とプー状態で、その後も二度の契約切れを乗り切って、

なんとか来年に繋がった状態で、

本当に何をしたんだろ、っていう一年でした。。

仕事が決まる直前に買ったiPhoneが今年一番のヒットかな。

いままで何で手にしなかったのか、とも思ったけど、

4のリリース直前の購入というのは

ある意味ベストタイミングだったのかも。

後は9月末に買ったホームベーカリー。

粉によってこんなに出来上がりが違うのか、

正確な計量がここまで出来に差をつけるのかと

試行錯誤の三ヶ月でした。

来年も少しずつベストな一斤を目指していきます。

そして衝動買いしてついにマックデビューとなったAir。

なんだかんだでいろいろ買っちゃった一年でした。

でもハズレなしだったのは満足でした。

来年は赤から緑で、もう突き進むしかないですから。

明日は恒例のバカやつら会で、そのまま徹マンなので、

少し早めの最終更新。

来年こそ「仕事」がしたいし、彼の仕事もきっちり見たいです!


Hm002

いざ!

| | コメント (1)
|

2010/12/15

きょうの読了「のだめカンタービレ#25」<完>

のだめカンタービレ(25) <完> (講談社コミックスキス)

ついに、ついに最終巻。。

って23巻で終わりじゃなかったの?

手に取った時は前巻の内容を忘れてて再読してからの本巻。

ついに凱旋公演を果たしたのだめとオペラデビューの千秋&峰。

黒木君もターニャ共々お披露目で、誰が主役かワカラナイ最終巻。

表紙に楽器がないのが本編とアンコールの違いなのかな?

まあまだまだ「復活」もありそうだけど、

気長に待ちますか。

今度は本当の「競演」が見たいなあ。

(ターニャカンタービレも。)


| | コメント (0)
|

きょうの二枚

Hm005

Hm008

どっちが前に行くのかな?


| | コメント (0)
|

2010/12/14

今の気持ち

ついに明日会見が行われてアスレチックス行きが決まる。

それまで待とうかとも思ったけど、ひとまず今の気持ちを。

ヤンキースからエンジェルスに決まった時は

ある程度ライバルチームということで知ってる顔もあって

そこそこの期待感はあったけど、

今回のオークランド行きは。。

モチロン毎日松井の打撃は見たいけど、

それだけじゃないのがMLB観戦の楽しみ方だからね。

はっきり言ってカートスズキしか知らないチームって。。

今年も相当数エンジェルスとも戦ってるはずなのに

ほとんどNHKBSでは中継無かったんだよなあ。

来年はどうするんだろう。

エースは?クローザーは?足なのか、守備なのか、特色が見えてこない。

チームとしての人気もどうなのか。

オークランドという街の評判は?

話によると相当「危ない」街みたいだし。

まあ55番も貰えるし、守備もやらせてもらえ「そう」だし、

今度こそ「引っ張っていく」存在にならざるをえないよね?

最年長の選手って誰?

リーダーっているの?

もうわからないことだらけだけど、

彼を信じるしか無いね。

リーがフィリーズに決まってとりあえずレンジャースから出て行って、

意外と一番のライバルはエンジェルスになるのかな?

まあずらずら書いちゃったけど、

明日の会見の顔を見てからこれからの方針を決めますか。

| | コメント (0)
|

2010/12/05

きょうの読了「ひかりの剣」

ひかりの剣 (文春文庫)

解説で海堂氏が剣道をやっていたことを知って、

ちょっと意外感があったけど、

そうじゃなきゃここまで書けないよね。

相変わらずスイスイと読み進められて、あっという間の読了。

それにしても権太は何者なんだ?

ジーンワルツは最近読んだはずなのに、清川のイメージが浮かばない。。

もう一回読まないと。

それに比べてやっぱり速水の方はイメージがある程度あるから

これがあの速水の原型なのかと思いながら。

それにしても海堂作品には「ひかる」ヒロインがいっぱいだね。

それを後の方に華々しく登場させる辺りが憎らしい。

手術シーンも迫力あるけど剣道の立会いの描写も巧い。

「伝説の」失神シーンも見られて、またバチスタから読みなおすのもあり?


| | コメント (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »