« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

きょうの読了「終末のフール」

終末のフール (集英社文庫)

「終末のフール」

「太陽のシール」

「籠城のビール」

「冬眠のガール」

「鋼鉄のウール」

「天体のヨール」

「演劇のオール」

「深海のポール」

「塩味のカール」

「郊外のニール」

「最新のヤーツ」


続きを読む "きょうの読了「終末のフール」"

| | コメント (1)
|

2011/02/23

わたしにとっての生まれ順

不治テレビでやってる「生まれ順毎の性格」ドラマ。

随分と固定観念そのまんま、って感じで見てはいないけど

改めて自分の生まれ順を考えてみると。。

初めっ子の長男として生まれて

ちょうど一年半後に妹が生まれ

さらに5年後に弟が生まれて

普通に考えればちやほやされて育てられたパターンではあるけど。

二番目が女、っていうことは男とは違う可愛がられ方になるし

近い年の男女って小さいころは女の方が成長が早いから

小学生の時は二人並んでると必ず「お姉ちゃんと弟」に間違えられて。。

さらに母方の従兄弟に一年上が二人、二年上が一人といて、常に4人で遊んでて

そうなるとその中では「末っ子」という形になって。。

そして弟が生まれたのもちょっと間があるから

感覚的には長男っていうよりも末っ子気質が強いのかな。。

で、結論。

続きを読む "わたしにとっての生まれ順"

| | コメント (1)
|

2011/02/20

きょうの鑑賞「アイアンマン」

アイアンマン [Blu-ray]

そんなに期待してなかったけど、思いのほか面白かった。

初号機もいいけど、やっぱり二号機、あの「赤」は鎧の色?

敵機の方は「鉄人」だったけど。。

アイキャッチって初めて聞いたけど、なかなか斬新?

色々カットされてる場面もあったみたいで、

今度レンタルして全編制覇しようかな?

で、2は残念なの?。。。

(でも、声優は赤い彗星じゃないんだよね。。)


続きを読む "きょうの鑑賞「アイアンマン」"

| | コメント (0)
|

2011/02/10

きょうの読了「フィッシュストーリー」

フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリーが「法螺話」だっていうのはちょっと意外だった。

魚のどこらへんが法螺なのか?

『動物園のエンジン』

『サクリファイス』

『フィッシュストーリー』

『ポテチ』

自分的にはベタだけど、ハイジャックのシーンとホームランのシーンかな?

「ただのボールが遠くに飛ぶだけのこと」

ホント、それだけのことなんだけど、なんであそこまで心が動かされるのかな?

ちなみにポテチはやっぱり塩味です。ψ(`∇´)ψ


続きを読む "きょうの読了「フィッシュストーリー」"

| | コメント (0)
|

2011/02/05

きょうの思うところ

親父の友達がこちら

大賞を取って展覧会がミッドタウンで開かれるとのことで、

現地で待ち合わせての鑑賞。

富士フィルムのギャラリーということだけど、

出展作品の半分以上がデジカメ撮影。

講座でどういうことを学ぶのかは知らないけど何が選考基準になるのか。

被写体の選考、構図、撮影技術。

最近iPhoneの写真アレンジアプリを見つけてからすっかりハマって

あれもこれもとアレンジしてpickしてるけど

何がオリジナルで何がセンスでどこまでいじくっていいのか、

分からなくなってきて。。

現地に自分の体が行って、構図を決めて、そこに必要最小限の技術を加えて

ありのままの現象を撮ればそれが「優れた」写真なのか。。

なにが「努力」で、なにが「手抜き」で、なにが「技術」なのか。

審査基準ってなんなんだろう。。

| | コメント (0)
|

2011/02/04

6年目の春

Hm007

今までの一年間で一番投稿数が少なかったかなあ。。

といってこれからの一年間で盛り返すかというとほとんど無理。。

ツイッターも大分呟かなくなってきたし、ちょっとまたpickしてるけど、

それも一時の事だろうし。

と、後ろ向きなことばかりだけど、今年こそ、「彼」が引っ張ってくれることを信じて。

ブログを止めることもちょっと考えたけど、

まあそこまで重く考える事もないかなとおもって。

ツイッター、mixi、pickと、それぞれのやり方で続けるしかないのかも。

って、何もたいした事書いてないなあ。。

こんな感じですが、たまには遊びにいらしてくださいませ。m(_ _)m


| | コメント (0)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »