« 6年目の春 | トップページ | きょうの読了「フィッシュストーリー」 »

2011/02/05

きょうの思うところ

親父の友達がこちら

大賞を取って展覧会がミッドタウンで開かれるとのことで、

現地で待ち合わせての鑑賞。

富士フィルムのギャラリーということだけど、

出展作品の半分以上がデジカメ撮影。

講座でどういうことを学ぶのかは知らないけど何が選考基準になるのか。

被写体の選考、構図、撮影技術。

最近iPhoneの写真アレンジアプリを見つけてからすっかりハマって

あれもこれもとアレンジしてpickしてるけど

何がオリジナルで何がセンスでどこまでいじくっていいのか、

分からなくなってきて。。

現地に自分の体が行って、構図を決めて、そこに必要最小限の技術を加えて

ありのままの現象を撮ればそれが「優れた」写真なのか。。

なにが「努力」で、なにが「手抜き」で、なにが「技術」なのか。

審査基準ってなんなんだろう。。

|
|

« 6年目の春 | トップページ | きょうの読了「フィッシュストーリー」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6年目の春 | トップページ | きょうの読了「フィッシュストーリー」 »