« きょうの読了「極北クレイマー」 | トップページ | いよいよの春 »

2011/03/27

きょうの読了「最愛」

最愛 (文春文庫)

なにか作品によっては真保裕一と東野圭吾って同一人物なんじゃないのかと

思う時がある。(y氏公認)

まるで「白夜行」を思い出させる内容、というか雰囲気。

あまりに真正直でそれ故に様々な困難に立ち向かった姉と

それを羨みながらも追いつけない弟。

運の悪い偶然、と捉えるか、自分の意志がもたらした必然と考えるのか。

一瞬に囚われた一生か、一生を決める一瞬か。

ちょっと一時期の妹と被らせながら読んでましたが、

人が人を選ぶ基準って、他人にはわからない。

でもその人にとって一番必要なものを持っている者同士が

惹き付け合って結ばれるんだろうなあ。


|
|

« きょうの読了「極北クレイマー」 | トップページ | いよいよの春 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

小生も読んでる最中です。
同時に2冊読むようにしてるので未だ半分くらいかな。

松井今日も一安打。
ようやく調子が上向いてきたので一安心です。

いよいよ土曜日からMLB開幕ですね~
またMLB中心の生活リズムに成ります。

>Re:樹里亜

他の書評はあまりよくなかったみたいですが。。

テニスを始めようかと思いながらもう4月。
冬になるまでお預けかな。

今年はツインズも。
まあ西岡次第ですが。

まずは開幕。カズに続いて欲しいですね!

投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2011/03/31 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの読了「極北クレイマー」 | トップページ | いよいよの春 »