« 今年の「開幕」 | トップページ | きょうの再読了「マグマ」 »

2011/04/05

きょうの再読了「悪意」

悪意 (講談社文庫)

もう何年前に読んだか忘れたけど、加賀刑事シリーズの再読ということで。

それにしてもここまで内容を覚えてないのは喜んでいいのか。

悪意は人に説明できないとこまでいかないと「悪意」とは呼べないのかも。

この犯人も加賀刑事の資質を見切った上であそこまでのトリックを

考えたのかな。

その上を行く加賀刑事の粘り強さ(しつこさ?)で最終的には

真実に行き着くんだけど。

この犯人、本当はホントに文才があったんじゃないのかな?

ここまで文章で人を操れるんだから。

でも人の思い込みって怖いもんだなあ。

これだけ周到なシナリオを演出してその動機が

「とにかく気に食わないから」って。

「善意」も捉え方によっては「悪意」を生む。

今現在、善意があっという間に悪意に取って代わられる。

何が真意で何が虚偽か、真剣に見極めないと。。

(で、次は何を読もうか。。)

|
|

« 今年の「開幕」 | トップページ | きょうの再読了「マグマ」 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の「開幕」 | トップページ | きょうの再読了「マグマ」 »