« いよいよの春 | トップページ | 今年の「開幕」 »

2011/04/04

きょうの思うところ

「事実は小説より奇なり」

それがここまで実感できる日がくるとは。

いままで小説の中で、大企業と政府の癒着、マスコミ統制、天下り、

現実の危機を前にしての現場と会議室の温度差、スピード感の相違、

原因追求の断絶、論理の摺り替えを、嫌と言う程見てきたつもりだったけど。。

結局小説は「その後」を書いてないんだよね。

先日本屋に行ったけど、手に取る本より今の現実の方が

はるかに「非現実」すぎて、

今何を読んだらいいのかが分からなくて。

いっそ「終末のフール」みたいに、期間と結果が「確定」された方が

どんなに楽かと思えてきて。

何を目標に、何時を目指していけばいいのか。

とりあえず彼の一撃を見るまでは。。

|
|

« いよいよの春 | トップページ | 今年の「開幕」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよの春 | トップページ | 今年の「開幕」 »