« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/31

きょうの選択3

ブログネタ: 今まで行った中で一番好きな旅先は?参加数

やっぱり最初の一人海外旅行先、

イタリア!

ローマもフィレンツェもジェノバもミラノも

絶対もう一度行きたい。

次に行くときは南方面にも行きたいなぁ。

アメリカは、、、もういいかな。。

| | コメント (0)
|

2011/05/30

きょうの選択2

ブログネタ: ポテトチップスで一番好きな味は?参加数

やっぱり塩でしょ!

因みにラーメンも塩。

| | コメント (0)
|

きょうの選択

ブログネタ: 「メロンパン」vs「カレーパン」、どっちが好き?参加数

高校時代は何故か周りにメロンパン好きと

認識されてて、自分でも、

「俺はメロンパンが好きなんだ!」

と思い込んでたんだけど、

そのブームが終わってからはほとんど食べなく

なったかも。

カレーパンは昔から普通に食べてたから

比較したら7:3でカレーパンだな。

でも一番食べてるのはモチロン食パン。

| | コメント (0)
|

2011/05/29

きょうの読了「The Void Shaper」

【送料無料】ヴォイド・シェイパ

久しぶりに本屋で森作品を見つけて、久しぶりの単行本を読了。

ちょっと西尾維新の「刀語」を思い出しちゃったけど、

この題名、「無を研ぎ澄ます」って感じなのかな?

生きることに意味がある、と思うこと自体が囚われてることなのか。

「人間は生きているかぎり、別人になれる。

 生きている人間に価値があるのではない。その変化にこそ、価値があるのだ。
 
 死んだ者は、もう変わらない。」

昨日の自分と今日の自分は別人、と考えられれば、

とりあえず明日を生きることはできるのかな?

森作品がある限りは死ねないか。

| | コメント (0)
|

2011/05/26

きょうの読了「自由をつくる自在に生きる」

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)

本屋で久しぶりに森作品を見つけたと思ったら、気がつかない間に結構

出版ラッシュだったみたいで、こちらも他の本を追い抜いての読了。

今までにも聞いたことのある言葉もあったけど、

改めて「森博嗣」とはこういう人物だったなあと。

「非合理な常識よりも、非常識な合理を採る。それが自由への道である」

「想像こそが人間の能力の基本であり、あらゆる活動の基礎になるものだ。
 
 想像ができなくなったら、もう人間ではないといっても良い。」

「願わない夢は叶わない」

好きなことにも嫌いなことにも「拘らない」。

そのスタイルを改めて思い出しながら、きょう、この瞬間から、

リスタートします。


| | コメント (0)
|

2011/05/18

きょうの再読「天空の蜂」

天空の蜂 (講談社文庫)

「『新陽』に落ちたほうがよかった。そのことにいずれみんな気がつく」

いまさらながら、気付きました。。


続きを読む "きょうの再読「天空の蜂」"

| | コメント (0)
|

2011/05/12

5年前の今日とその4ヶ月後

2006年5月12日9月13日(日本時間)

この日があってあの日がある。

5年後の日本はどうなってるのかな?

| | コメント (0)
|

2011/05/09

きょうの読了「プリンセス・トヨトミ」

 プリンセス・トヨトミ (文春文庫) (文庫) / 万城目学/著 
 
知らぬは男、ばかりなり。。


続きを読む "きょうの読了「プリンセス・トヨトミ」"

| | コメント (0)
|

2011/05/06

きょうの鑑賞「インセプション」

 インセプション/Inception

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夢の又夢の又夢の又夢の・・・・・・・

夢の中だからって何でもできるわけでもない?

現実のものを思い描くより、現実にないものを思い描け?

最近は痛さも色も夢の中で感じてるから、

何か「これは夢なんだ」ってワカルものが必要なのかも。。

永遠に廻り続ける独楽。

必ず1が出る賽子。

倒そうとしても必ず起き上がるチェスの駒。

ときたら、振ると必ず「と」になる「歩」にしようかな?

死ねば目が覚めるけど、死ななければ痛みは感じ続けるってのは嫌だなあ。

久しぶりに「明るい」トウキョウを見た気が。

あの映像が「現実」で見られる日は来るのかな。。

で、あの独楽は廻り続けたの?

| | コメント (1)
|

2011/05/05

きょうの読了「ミス・ジャッジ」

ミス・ジャッジ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手に野球ミステリーかと思ったら、どっぷり「野球小説」だった。

舞台にボストンレッドソックスを選んだのがいい感じなのかも。

個人的にヤンキースの次に詳しいチームだからってのもあるけど、

実名は使わないまでも、選手も馴染み深いし、

いかにもそういう展開になるなあ

って感じでスムーズにその世界に入っていけて。

主人公だけはぴったりその人物っていうのはいないけど、

審判役のモチーフが彼ではないのは確か。

メジャーの世界をあまり知らない野球ファンが読んだら

どういう反応になるのかな?

この作者自体が結構メジャー通らしいので

他の作品も読んでみようかな。

(帯の「大リーグ」って表現が懐かしい?)

| | コメント (0)
|

2011/05/04

きょうの鑑賞「24ファイナルシーズン」

 24 TWENTY FOUR ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX

 
  
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

結局三日間で見終わっちゃった。。

やっぱりジャックは怖い。。

ある意味最狂最悪のテロリストだった。。

 


続きを読む "きょうの鑑賞「24ファイナルシーズン」"

| | コメント (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »