« きょうの鑑賞「インセプション」 | トップページ | 5年前の今日とその4ヶ月後 »

2011/05/09

きょうの読了「プリンセス・トヨトミ」

 プリンセス・トヨトミ (文春文庫) (文庫) / 万城目学/著 
 
知らぬは男、ばかりなり。。


 
 
400年の長きに渡って守られてきた秘密と末裔。

でも大阪女に勝てるものなし、か。

それにしてもどうしてこう、映像化する人たちって

簡単に男女のキャストを入れ替えるのかな?

彼女が彼女だからこの話は成り立つんじゃないの?

まあなかなか旭に見合う女優がいないとは思うけど、

だからって旭と鳥居を入れ替えるなんて。。

バチスタといい、せっかくいい原作なのに。

まあ脳内で映画化した方が好きに出来るし。

で、大輔は「男」として守るのか。「女」になってなのか。

ところで総理候補とプリンセスが結婚は、やっぱりないか。

|
|

« きょうの鑑賞「インセプション」 | トップページ | 5年前の今日とその4ヶ月後 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの鑑賞「インセプション」 | トップページ | 5年前の今日とその4ヶ月後 »