« きょうの読了「レッドゾーン」 | トップページ | きょうの一枚 »

2011/07/10

きょうの読了「ルームメイト」

ルームメイト (中公文庫)

帯にちょっと期待値が上げられすぎたけど、まあまあ面白かったかな?

でも最後は余計だったのか?結局「彼」は誰?

で、実際こういうケースで裁判になったらどういう判決が下せるのかな?

「今邑彩」って初めて読むけど、男性?女性?

バッドエンド版は読まなくてもよかったかな。。

他の作品を読もうかとも思ってたけど、また本屋で見かけたら、って感じかな。

それよりもこっちの方が気になったかも。

24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエル・キイス文庫)

自分的にもせいぜい5人が限度かな。。24人って。


|
|

« きょうの読了「レッドゾーン」 | トップページ | きょうの一枚 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの読了「レッドゾーン」 | トップページ | きょうの一枚 »