« 最近のお楽しみ | トップページ | きょうの読了「大延長」 »

2011/07/30

きょうの読了「9・11倶楽部」

9・11倶楽部 (文春文庫)

都知事に復讐するには何が一番効果的なんだろう。

都庁を襲ってもその場にいなけりゃ関係ないだろうし。

一番の肝はなんなんだろう。

激怒の極地の心境にさせて急性心臓マヒとかか?

恵まれてるから優れた能力が開花するとは限らないし、

恵まれてないからこそ研ぎ澄まされる感覚がある。

テロを起こすのがいいとは言わないけど、

暴動も起こせないような国は国とは言わないのかも知れない。

って、こういうのって言葉だけで何かの検索に引っかかったりするのかな?

困ってる人を救えなくて何が公僕なのか。

人を救おうとすると法に触れるって誰の為の法なのか。

彼らの思いは少しは解消されたのかな?

(彼を追っていた刑事たちが一番の被害者なのかも。。)


|
|

« 最近のお楽しみ | トップページ | きょうの読了「大延長」 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のお楽しみ | トップページ | きょうの読了「大延長」 »