« きょうの再読「アンフェアな月」 | トップページ | きょうの三本 »

2011/07/17

きょうの読了「殺してもいい命」

殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)

違う本を読んでたんだけど、どうせならということで連続雪平ということに。

まさかあの人が犯人?って誰も思わない人をうまく隠しながらラストで、

って、分かってる手法ではありながら騙されるんだよね。。

まあ分かっちゃったらそれはそれでつまらないし。

ドラマシリーズを見てないからなんとも言えないんだけど、

そもそもドラマと小説は完全に別ものらしいので

気にしなくていいのかもだけど。

俳優が「この人物を演りたい」っていって成功したケースも少ないと思うけど、

これはやっぱり嵌ったのかな。

(ホワイトアウトをぜひ演りたい、って言った小田勇二って誰?)

バチスタシリーズやプリンセストヨトミでのキャスティング、

何とかならなかったのかな。。

で、「雪平は死にましぇーん」なの?

|
|

« きょうの再読「アンフェアな月」 | トップページ | きょうの三本 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの再読「アンフェアな月」 | トップページ | きょうの三本 »