« きょうの読了「9・11倶楽部」 | トップページ | きょうの読了「ファントム・ピークス」 »

2011/08/07

きょうの読了「大延長」

大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)

野球の神様かあ、いるんだろうなあ。。

勝利の女神はどちらに微笑んだんだろう。

「野球に比べたら、俺たちの存在なんて」

でも時に、野球の存在以上の「存在」になる選手達がいるのも確か。

その瞬間だけを求めるのもありだし、その後の栄光を掴むために

その瞬間を拒否するのもあり。

でも、どちらを選んでも結局後悔することになるんだよね。。

そういう意味では神様というか悪魔なのか。。

最高の投手と最高の打者の最高の状態での最高の見せ場での対決って、

どれくらいの確率なのかな?

その場面に立ち会えるだけでも。

今年の夏も暑くなりそう。


|
|

« きょうの読了「9・11倶楽部」 | トップページ | きょうの読了「ファントム・ピークス」 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの読了「9・11倶楽部」 | トップページ | きょうの読了「ファントム・ピークス」 »