« きょうのお知らせ | トップページ | ことしのバカやつら会 »

2012/12/28

きょうの区切り

久々の記事がこのニュースというのは本当に残念だけど、

やっぱり書かない訳にはいかずに封印を解くことに。

昨日の新聞報道でちょっと衝撃が和らいでしまったけど

ついにこの日が来てしまった。

彼とは社会人になった年が一緒で、彼の転機になった年に母が亡くなり
メジャーに挑戦を始めた年も個人的な転機を迎えて、
そして今年、自分自身も一時は引退を考える年になって
色々なリンクがあった人物であったと改めて感じました。
親父の影響で好きになった巨人を嫌いになりかけながらも
彼の打席だけはかかさず見続け、ヤンキース入団後は都合三度の渡米、
でも実際に彼の打席を見られたのは最初の機会だけだったのは
本当に残念ではありました。
それでも仕事が忙しい中、
あのワールドシリーズを生でテレビ観戦できたことは
松井秀喜を見続けたファンの一人として本当に嬉しかったです。
彼の中ではやっぱりヤンキースの一員であることが誇りであり、
そこから出た後は正直余生になってしまっていたのかとも思います。
巨人、阪神、中日、ダイエーからドラフト指名され、
あの伝説の引きによって長嶋巨人軍に入っていなかったら。
というのはやっぱりありえないことだったのだろうと思います。
一番の思い出が「長嶋監督との素振り」というのが
二人の関係性を表していたと思います。
トーリ監督の話がなかったのはちょっと意外でしたが
それだけ長嶋監督への思いが強かったのかなと。
彼を追いかけることでヤンキースを好きになり、
そのチームメートを好きになり、ライバル球団の選手も好きになり
MLB自体を好きになるという相乗効果がありましたが
その根幹が無くなることで今までのような熱さを野球というスポーツに
持てなくなるということも非常に残念なことです。
でも、彼という存在をリアルタイムで体感できたことは
本当に幸せだったと思います。
彼を通してブログやTwitterで様々なファンとも出会えて
私自身の人生の幅を広げてくれた存在でした。
あの放物線、放り投げられたバット、キャプテンに頭を小突かれる場面、
一生忘れないと思います。
久しぶりにあの試合を再見したいです。
「もう少しいい選手になれたかもね」
この向上心が彼の全てだったのかも知れません。
マヤ暦の様に一つの区切りは終わりましたが
また新たな暦が始まります。
これからも彼を追い続けるのは変わりません。
ひとまずはお疲れさま、いままで本当にありがとうございました。

|
|

« きょうのお知らせ | トップページ | ことしのバカやつら会 »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

松井さんとは野球以外でいろいろ接点があったんですね。

私からも「お疲れさまでした」

>Re:樹里亜

そうですね。

年下ですが、人生の師、です。

投稿: ほな⇔樹里亜 | 2012/12/31 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのお知らせ | トップページ | ことしのバカやつら会 »