カテゴリー「スポーツ」の88件の記事

2010/06/21

真の女王

Am01

国内にいたときはほとんどの優勝を見てきたつもりだったけど、

やっぱり海外に出てからは月曜の朝に勝敗が決まる形になって

生で見ることがほとんどできず。。

今回もいい位置にいたのは聞いてたんだけど、

ようやく「本土」での優勝ということで、名実ともに「女王」と呼んでもいいかな?

今季4勝目で賞金ランキングも一位となり、

でもまだまだ勝って勝って勝ちまくって欲しいね。

今度は凱旋優勝も見たいなあ。

遅ればせながら優勝&誕生日おめでとうございます!

| | コメント (1)
|

2010/02/26

今回の結果

Mao_3

あまりにも完璧な演技で、確かに脱帽だったんだけど、

150点はやっぱり行き過ぎでしょう。。

その歓声を聞きたくないというようにギリギリまでイヤホンを付けてた真央。

二つのトリプルアクセルがこちらも完璧に決まるも、

コンビネーションジャンプの途中で躓き、さらにジャンプ寸前でのミス。

でも最後まで諦めずに鬼気迫る演技。

演技終了直後、天を向いて何を思っていたのか。

直後のインタビューでも途中まで我慢するも堪えきれずに涙があふれ、

でも許してくれないインタビュアー。。

「長かったけどあっという間」

競りあってお互い強くなっていったと思ってたんだけど、

ここのところは大分ヨナに水をあけられて、

このオリンピックでその差をひっくり返そうと思ったところが

さらにその差を広げられる結果に。

これがお互いにとって良かったことなのか。

ヨナはヨナで追ってくる者がいなくなり、

真央は真央で「これだけやっても追いつけないのか」という思いが。

そして男子にも言われた「総合力vs先駆的な技術」の問題。

4回転やトリプルアクセルを決めても、繋ぎにミスがでたり

バランスが崩れると点数が出ない。

大技はなくても総合力で点数を稼ぐ。

それがルールといえばそれまでだけど、ホントにそれでいいのか。

採点競技の宿命でもあるけどどうあるべきなのか誰も答えが出せない。

体操競技も今日見たエアリアルも

かつては難しかった技が当たり前の技になって全体のレベルが上がっていってるのに

フィギュアはこれからどこに向かうのか。

スポーツまで安定志向なんて誰も望んでないと思うんだけど。

挑戦なくして進歩なし。

別にヨナの演技を否定する気は全くないんだけど、どうなるのかなあ。。

二人の今後が益々気になります。

ひとまずはお疲れ様でした。

(で、今回一番感動したのはやっぱり鈴木明子選手でした。

あの盛り上がりは今大会一でした!)

| | コメント (1)
|

2010/02/24

今回のチーム青森

今回の結果

 

結果的には3勝6敗、8位という結果には終わったけど、

カーリングという競技がなかったら今回のオリンピックは全くスルーしてたかも知れない。

初戦のアメリカ戦をメジャー判定で辛くも勝ち取り、

前回撃破したカナダ戦、ここで勝ててればねえ。。

そして点数以上に突き放された中国戦。

で、歴史的な試合となったイギリス戦。

この試合がなかったらここまでのフィーバーにはならなかっただろう。

そして新たな「ヒーロー」となった解説の小林さん。

常に冷静に状況を解説し、相手チームに対しても「ナイスショッ!」と褒め讃え、

それが試合の盛り上がりとともに徐々に感情が高ぶってきて、

最後は絶叫&無言の涙。。

スキップ目黒の奇跡的な5点ショットでコンシードフィニッシュというおまけまで付いて。

さらに続くロシア戦でのギリギリの攻防での延長線での勝利。

最後のショットはホントにギリギリのショットで、布団の中で冷や汗をかきました。

しかし続くドイツ戦辺りから徐々に疲れが見え出し、

スイス戦ではスキップオットに対する「許してくれません」発言も出る完敗。

そしてきょう、スウェーデン、デンマークと3戦連続コンシード負けで

今回のオリンピックは終了。

今回はツイッターという新兵器?も加わり、小林さんの実況解説と

ツイッターでの実況つぶやきが相乗効果を発揮して

想像以上に楽しむことができました。

そして改めてスポーツ中継はNHKだと。

民放の宿命であるCM挟み。タイミング的には各エンドの合間がそれではあるけど

長すぎるCMで一投目が悉く潰される結果に。

後、解説はずっと小林さんだったけど、実況アナは毎回代わって

同じ説明を何度もする展開になったのはちょっと余計だった。

できる事なら全て刈屋アナにお願いしたいところだけどねえ。。

で、日本は出ない決勝ラウンド。是非録画でもいいから放送してほしいなあ。

そして今後オリンピック以外のトーナメントを是非中継してほしい。

4年前の二の舞だけは。。

小林さん、もうひと踏ん張りお願いします!

お疲れ様&ありがとうチーム青森!

| | コメント (0)
|

2009/10/11

きょうの棚ボタ(じゃないよね?)

Am003

◆女子ゴルフツアー SANKYOレディース最終日(11日、群馬県赤城CC=6462ヤード、パー72) 宮里藍(24)=サントリー=が通算4アンダーで国内ツアー3年ぶりの優勝を飾り、賞金1800万円を獲得した。5打差の4位でスタートした宮里は6バーディー2ボギーの猛チャージで逆転。2006年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン以来となる通算15勝を挙げた。

 1打差の2位は、全美貞(26)=眞露ジャパン=と服部真夕(21)=INAX=だった。さらに2打差の4位は李知姫(30)=韓国=と大場美智恵(36)=フリー=。横峯さくら(23)=エプソン=は通算イーブンパーの6位、諸見里しのぶ(23)=ダイキン工業=は7オーバーの23位だった。

 06年から米ツアーに本格参戦した宮里は、今季は絶好調。7月にはエビアン・マスターズで米ツアー初優勝を記録。8月の全英リコー女子オープン選手権は3位となりメジャー初制覇はかなわなかったが、続くセーフウェー・クラシックも4位と上位に入り賞金ランクは3位に浮上。9月末のサムスン世界選手権最終日では惜しくも1打差で2位だったが、賞金ランクは2位に浮上した。

 宮里藍「3年ぶりに日本で勝ててすごくうれしい。きょうは確かに運があったけど、自分らしい、いいプレーができたので充実感がある。ギャラリーが多い日本の試合ではどうしても(余計な)力が入ってしまっていたが、米国と同じようにシンプルなプレーができるようになった」 by スポーツ報知

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091011-00000136-sph-golf

 

これも最後まで自分のプレーをしてきた結果だからね。

それにしても久しぶりだなあ。。

でもまさかそれまで1位の全が締めの2ホール連続ダボなんてね。。

次は圧倒的な勝利を!松井も続け!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/08/02

きょうの実況(全英女子オープン)

10番ホールを終わって1アンダーで1位タイ。

もう決勝ラウンドで赤いウェアは止めたのかな。

白のウェアで白星を狙う?

11番もリカバリーショットから長いパーパットを決める!

ていうかアンダーパーはマシューと二人だけ。

1番いきなりバンカーに入ってボギースタートも、2,6,7番でのバーディ!

どれも長いパットが決まってる。

昨日トップのマシューはきょうは3オーバーで、でもこのままでは終わらない?

12番のショートホール、ワンオンはならず、でもギリギリバンカーには落ちず

絶妙の寄せでオッケーパー。

13番のミドルホール、今度もバンカーを避けて、セカンドがグリーンオンで

まずまずの位置。

そして6mのパットはちょっと右。でもきっちりパーセーブ。

マシューの13番はティーショットがラフに。

カリー・ウェブ、18番バーディパットがギリギリ外れてイーブンパーフィニッシュ。

で、鬼門の14番、またもやバンカーに捕まって、ボールの手前に石があって、

結局出すだけのショットに。。

でマシューはその後持ち直してなんとバーディ決めた?2アンダー単独1位。

15番、ポーラ・クリーマーもバーディでアンダーパー。

宮里藍、第三打はグリーンに乗るもちょっと距離がある。

長ーいパーパット、入れーーと思ったけど惜しくもカップに嫌われる。

でもナイスボギー。これでイーブンパー、2位タイ。

マシュー、14番もティーショットがギャラリーへ。今度こそヤバイ?

と思ったら全然オッケーなライ。ついてるなあ。。

そして16番、連続バーディのクリーマー、1アンダーで単独2位。

さらにマシューはツーオンかよ。。

15番ロングのティーショットはフェアウェイキープでここはバーディを取らないと。

セカンドはグリーン左手前でイーグル狙っちゃう?

そしてさらにマシュー、あの距離を入れちゃう?連続バーディで3アンダー。

なんてお母さんなんだ。。

第三打、柔らかいタッチでそのまま入れ、って感じで、でもオッケーバーディ。

1アンダー2位タイ。

16番のミドル、こちらもフェアウェイキープも、マシューはツーオン。

第二打、グリーンオンもちょっと距離がある?

マシュー、イーグルパット、ギリギリで止まった。。でも3連続バーディ。4アンダー。

バーディパット、ちょっと曲がってパー。3打差かあ。。

17番ミドル、ティーショットがバンカーへ。。踏ん張れ!

さらに今度はラフ?

マシューはラフからグリーンオン?どこまで凄いんだ。。

第三打はなんとかフェアウェイへ。

クリーマーは18番ダブルボギーで1オーバーフィニッシュ。キツイナア。。

第四打、オンするもちょっと距離が残る。入ってボギーかあ。

マシューは16番はパーで後2ホールで4アンダー。

諸見里は8オーバーフィニッシュ。でも着実に力は付けてきてる。

ボギーパットも後一歩で結局ダブルボギー、1オーバー。。

18番、ひとまずフェアウェイはキープ。

宮里美香は4オーバー、11位タイでフィニッシュ。来年も来られそう?

宮里藍、グリーンオンで何とかバーディを。

マシューようやく17番でボギーもまだ3アンダー。

最後のパットにはならず、結果パーで1オーバーフィニッシュ。。3位タイ。

まあよく頑張りました。

そしてスタンディングオベーションの中、18番ホールにマシューが。

同じ組のキムが露払い?

最後もバーディフィニッシュかと思ったけど、ここはひとまず抑えて、

ウィニングパットを取っておく。

そして最後のパットを決めてガッツポーズ。

まさに「母は強し」の一言。

最終成績は3アンダーのマシュー、2位はアンダーパーのウェブ、

1オーバーで3位タイが4人。

まあこの4日間はやっぱりマシューが飛びぬけてたってことなんだろうね。

次こそメジャーを掴んで欲しいけど、きょうはお疲れ様。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009/07/27

彼女の時間のかかり方

Am01_2

たとえ一年目に簡単に優勝してたとしても、驕ることはなかったとは思うけど、

でも四年は短かったとは言えない。

でもそれが彼女にとって必要な時間だった、と言える彼女を

これからも応援していきたいと、改めて思った。

スタートラインに立った、なんて言わない。

長い助走の後のホップで、さらなるステップ、圧倒的なジャンプを期待します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/03/29

きょうのあれこれ

まずは最後のオープン戦、巨人vs千葉ロッテ

亀井、鈴木、小笠原、ラミレス、李、アルフォンゾ、阿部、坂本、谷。

走れる選手と打てる選手がこれでもか。

ガッツと慎之介の一発も出て、ラミちゃん、スンちゃん、アルちゃんって

一年で何本打つのか。

内海は里崎に大きな一発を浴びたけど、巨人のエースになれるのかな?

そしてF1開幕戦、オーストラリアGP。

まさかの1,2スタートのホンダ改めブラウンGPがマタマタまさかの1,2フィニッシュ

それにしてもなんなのあのデカフロント。

タイヤ幅より大きいウイングって。。。

そして気がついたら終わってた千秋楽

結局一番も生で見なかった。でもやっぱり白鵬強いね。

朝青龍も切れちゃったかな。

もひとつフィギュアがあるけどこれはもうちょっとお預け。

記事をクリックしたら結果は分かっちゃうんだけどね。

と思ったらテレビのトップで結果をやっちゃってる。。。日テレには関係ないか。

真央ちゃん4位、ミキティ3位。そうですか。まあそうでしょうね。。。

そういえば高校野球もあった。

早実は勝ったね。そういえば慶応は一回戦負け?

で松井は練習試合でスリーラン。これはおまけ。

桜はもうちょっとだけど、いよいよ球春かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/02

ことしの覇者(ならず)

Kardinal

猩々紅冠鳥でショウジョウコウカンチョウって読むみたいだけど

なんのことだか。

続きを読む "ことしの覇者(ならず)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/01/11

運命の初日

最後の左ストレートは余計だったけど、それもご愛嬌?

一気に押し切られそうなところから逆転の寄り切り。

これが横綱の「意地」なのか。

土俵の上で結果を出すか出さないか、だけでは済まないのが横綱というものだけど

これだけ「惹きつける」力士もなかなかいないんだよね。

すっかり結びがどうでもいい雰囲気になった国技館だけど、

その中でもしっかり勝つ白鳳も横綱の仕事をきっちりしている。

久しぶりに生で見たけど、客席も空席は見られずこうでないとね。

負けるまでは、とも思うけど、なんとか15日間持ってほしいね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/22

来季の予感

意志あるところに道はある

土台を築いた3年を経て、いよいよ2009年はその底力を発揮する年。

「信」という言葉にその思いが伝わります。

日本であそこまで上り詰めた彼女が、信じられないような挫折を経験し、

それでも前を向くことを止めずに、いままで取り入れなかったことを

貪欲に取り組んで、かつての「ジュニア時代」の感覚を取り戻す。

「諦めなければ負けではない」っていうのが正しいことを証明するためにも

来季はぜひ「メジャー初制覇」を達成してもらいたいです。

その時はどんな時間でも生で見たいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧