カテゴリー「音楽」の51件の記事

2010/11/03

きょうの鑑賞「のだめの千秋」

のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション[DVD]

まさかボレロまで忠実に「再現」してるとは。。

ムジークフェラインザールでのベト7はちょっとカメラが回り過ぎ。

魔法使いの弟子はちょっとはまともに聞こえたけど、

ボレロはまさかの「そのまんま」。

最後の銅鑼ジャンプまでって、そこまで再現しなくても。。

でもそれで1812年がより一層際立って。

でもこの曲だけでもフルバージョン見たかったなあ。

テオは登場しなかったけど、千秋も表情豊かで、エキストラであるはずの

「聴衆」の笑顔も本物で、円熟の一曲。

ドラマ版はやっぱり若い。

久しぶりにチャイコフスキーのバイオリン協奏曲も

フルで聴きたくなりました。

日本シリーズの時間になっちゃったので、悲愴はまたの機会に。

やっぱり音楽はいいなあ。


| | コメント (0)
|

2010/01/01

ことしのニューイヤー・コンサート

一部と二部の頭がこうもりとウィンザーということだけで

今年は楽しみだったけど、予想以上に良かったです。

85歳とは思えない指揮ぶりだったけど、

やっぱり木乃伊にしか見えない風貌がちょっと怖かったです。。

エンディングがちょっと長!って感じだったけど。

何故かお菓子作りのシーンが気になっちゃいました。

小物も効いてて、でも客席へのバレリーナは無かった模様。

さて来年は誰?そろそろ若手に譲ってあげても、っていないか。

客席に若林正人の姿が。ちょっと羨ましかったです。。

| | コメント (0)
|

2009/12/28

今年の一曲「22’50’’」

クリスマスの約束2009

全員で「この日のこと」

藤井フミヤ 「TRUE LOVE」

スターダスト・レビュー(根本要) 「今夜だけきっと」

広瀬香美 「ロマンスの神様」

JUJU「明日がくるなら」

松たか子 「明日、春が来たら」

中村中「友達の詩」

Sing Like Talking(佐藤竹善)「LaLaLa」

Crystal Kay 「恋におちたら」

AI「Story」

ラッツ&スター(鈴木雅之)「夢で逢えたら」

一青窈 「ハナミズキ」

赤い鳥(山本潤子)「翼をください」

清水翔太「HOME」

オフコース(小田和正)「YES-YES-YES」

キマグレン 「LIFE」

Aqua Timez(太志)「虹」

スキマスイッチ「全力少年」

平原綾香 「Jupiter」

夏川りみ 「涙そうそう」

チューリップ(財津和夫)「青春の影」

いきものがかり(吉岡聖恵) 「帰りたくなったよ」

全22曲で22’50’’。

全然長くない、というかいつまでも聴いていたくなる「一曲」でした。

あまりの完成度に、来年やることが無くなっちゃったのかも、

っていう心配はありますが。

でも、これがやりたかったんですね。

二度とできないかも知れませんが、もう一度見たいですね。

今度は何分何秒だろう。

日本の音楽もまだまだ捨てたもんじゃないですね。

平原綾香

キマグレン

たしかなこと

(最近左目からだけ涙がこぼれます)

| | コメント (0)
|

2009/07/12

リアルのだめ?

「熊蜂の飛行」

機械の腕?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/06/16

きょうの二枚

ザ・ケルン・コンサートヴェリー・ベスト・オブ・クリストファー・クロス(スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)

違うタイミングで注文したんだけど、同じ日に届きました。

左は伝説のコンサート、右は久しぶりに床屋で流れてて1500円ということで購入。

でもきょうは聴けません。。

(「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」って邦題だったのね?

てっきり入ってないと思っちゃった。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/06/10

きょうの裏技

Shostakovich: 24 Preludes & Fugues op. 87 / Jarrett

ダミアン会のなかで話題になった本作。

でも日本では生産中止でどこにも売ってなくて一度は諦めたんだけど、

きょう偶々アマゾンをぶらぶらしてたらUS版なるものが紹介されてて

さっそく購入ボタンを「ポチっとな」

その後よく見たら2000円くらい安いお店もあったんだけど

最後の一枚だったし、亜米利加配送で送料いくらか怪しかったので通常版で。

早く聴きたい!

(さっそく「10~12日以内に発送します。」に変わってました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/05/17

きょうの5番(Shostakovich)


 
バーンスタインと言えばこの曲(だと思ってる)

やっぱりカッコいい!

(ブラームス、シューマンが4番までしかないのが痛い。。

ブルックナーは6番からがいいんだよな。。

ドボルザークは8,9番くらいしか聴かないし。

そう考えるとここら辺で打ち止め?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009/05/16

きょうの5番(Mahler)

やっぱり長くて、これだけじゃ勿体無いけど、

ショルティも切れがあるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/05/15

きょうの5番(Tchaikovsky)

ラッパ大変だなあ。。

一番キツイところをゆっくり目で指揮するバーンスタイン。

結構マゾ?

(でも最後までオクターブ下に行かないバージョンが好きなんだよね)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの5番(Beethoven)

4:05からのティンパニに始まる静けさからの怒涛の嵐。

これをイメージしたのでは?

(カラヤン若い!カッコいい!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|