カテゴリー「松井秀喜」の198件の記事

2013/01/06

最後の観戦記

彼の決断を期に前から行きたいと思っていた

松井ベースボールミュージアムへ。

といってもやっぱりこの時期寒いだろうしどうしようかと思っていて、
正月二日に実家に帰った時に親父を誘ってみたら二つ返事でのってきたので
じゃあ行こうかと。
二日の時点でアプリの乗り換え案内で新幹線で米原で特急しらさぎに
乗り換えて小松に行こうとチケットを買って、いざ東京駅から乗ったら
米原付近が吹雪で10分程到着が遅れるとのアナウンスがあって
そもそも乗り換え時間はどれくらいかと調べてみたら9分。
アウト!と思っていっそ京都まで行っちゃおうか、名古屋で降りて
そこから別のしらさぎに乗るか迷っていて
車掌さんも対応中で数えたら30人くらい乗り換えする人がいるとのことで
でもしばらくしたら天候が回復して遅れは3分で済みそうとのことで
なんとかスケジュール変更は回避。。
でも全然ゆっくりできなかった。
さらに親父の話だと埼玉から金沢までの入場券は途中下車可能で
都内から金沢までは途中下車不可とのことで気をつけろと。
でも小松に着いたら自動改札じゃなくて駅員さんも特に区別無く
普通に途中下車できました。
天候は東京晴れ、名古屋晴れ、米原曇り、福井雪、小松曇りって感じで
米原駅を降りたときもそこまで寒いとは。
小松駅もそこまででもなく、駅の蕎麦屋で天ぷらうどんとおにぎりを食べて
タクシーでいざミュージアムへ。
10分2000円で到着。
住宅街の中の広い家、みたいな感じでついに来たかと。
松井少年の像に出迎えられいざ館の中へ。
さらに手形諸々
これがなかったらどうなってたんだろう。
広い駐車場に10台くらいの車で、中も3、40人はいたかな。
小学生低学年くらいの男の子が松井の活躍VTRをやってるモニターの前で
静かに見つめてるのをみてこんな子も応援してたんだなあと。
三周くらいあちこち見て写真撮って、もう存分だと思ってて、
家に帰ってパンフ見たら受付の後ろ側にショップコーナーが!
全く目に入らなかった。。
でもこの空気感とたくさんのファンの思いが感じられて充分満足でした。
この頃何を見ていたのかな 。
受付の人にタクシーを呼んでもらって小松駅に。
帰り道は随分裏道ぽくて200円くらい安かった?
で、駅についた途端に雪が。
ここから金沢までは各駅停車で行こうと思ったら雪で15分くらい遅れてて
結果1時間くらい掛かったかも。。
で、ようやく金沢駅に。
ホテルは駅の隣のビルだったけど、入り口手前で屋根付き通路が切れてて
雪の中を歩くことに。
17時前に着いてちょっとのんびりしてバスに乗って近江町市場へ。
でも市場自体はもう閉店ガラガラで二階にあった寿司割烹のお店に。
俺は握りで親父は海鮮丼で熱燗を。
シャリが小さめで親父の丼のご飯をちょっと貰って。
ネタ的には普通だったかな。。
なぜか二人の祖父の話になったんだけど、聞いてみたら二人とも
飲んでる最中にポックリ逝っちゃったらしくて。。
まあその頃はあんまり延命措置みたいなことは出来なかったみたいだけど
それはそれでありだったのかなと。。
でも父方は俺が産まれるちょっと前、
母方は俺が生まれた三ヶ月後なので。。
そして戻って大浴場に入って雪見露天。
体は温かいけど顔だけ雪が当たって寒い寒い。
ちょっとテレビ見て22時前に寝たけど、
なんとなく目が覚めたのが23:30。。
そこからもう一度寝ようと思ったけど親父のいびきで全然眠れない。。
さらに5:30過ぎにもう親父は起きてきて6時過ぎには完全に起きる。
朝風呂入ってバイキングの朝食を取って8時前に出発。
金沢の兼六園を見て帰るか、京都に行くか迷ったけど、
雪で電車がどうなるか分からなかったので即京都に行くことに。
みどりの窓口で京都経由の特急券とのぞみのチケットを買ったんだけど
京都駅で経由外れで追加料金取られて。。
500円の一日券を買ってバスでこの前入れなかった平安神宮へ。
神苑内にも行ったけどやっぱり雪景色が見たかった。。
そしてこれも行けなかった三十三間堂に。
ホント何体あるんだ、って千一体?
で、新幹線の時間まで後二時間弱で、もう京都駅で飯食って帰ることに。
この前も駅ビルの飲食店街はどこも満杯で、今回は即前に行った
地下街の洋食屋東洋亭へ。
10人くらい並んでたけど、10分ちょっとで順番来たので
早速定番のハンバーグセットにフェアをやってたボトルワインを。
冷やしトマトと蒸かしジャガイモにホイル入りのハンバーグ。
これって「つばめグリル」のパクリ?
お店はこちらの方が古かったけど後で調べたらここの店長がどうも
つばめグリルで一年修行してたらしくて。
まああちらは関東でこちらは関西だから問題ないのかな?
そしてちょっとお土産を見て、余裕を持って新幹線に乗って
今回は問題なく東京へ。
あっという間だったけど、まあ楽しい旅だったかな。
でもパンフレットとか時刻表とかはやっぱり見ておいた方がいいって
改めて実感したかも。。
なるようになる、ってのもあるけどやっぱり事前の確認って必要。
とりあえずこれが最後の観戦記となるかな。
あちこちで松井の看板を見たり、ミュージアムでVTRを見てる人達の
顔を見て、愛されているんだなあと実感して、ちょっとウルッと。
次はヤンキースタジアム最後の打席?
行きたいなあ。

| | コメント (1)
|

2012/12/28

きょうの区切り

久々の記事がこのニュースというのは本当に残念だけど、

やっぱり書かない訳にはいかずに封印を解くことに。

昨日の新聞報道でちょっと衝撃が和らいでしまったけど

ついにこの日が来てしまった。

彼とは社会人になった年が一緒で、彼の転機になった年に母が亡くなり
メジャーに挑戦を始めた年も個人的な転機を迎えて、
そして今年、自分自身も一時は引退を考える年になって
色々なリンクがあった人物であったと改めて感じました。
親父の影響で好きになった巨人を嫌いになりかけながらも
彼の打席だけはかかさず見続け、ヤンキース入団後は都合三度の渡米、
でも実際に彼の打席を見られたのは最初の機会だけだったのは
本当に残念ではありました。
それでも仕事が忙しい中、
あのワールドシリーズを生でテレビ観戦できたことは
松井秀喜を見続けたファンの一人として本当に嬉しかったです。
彼の中ではやっぱりヤンキースの一員であることが誇りであり、
そこから出た後は正直余生になってしまっていたのかとも思います。
巨人、阪神、中日、ダイエーからドラフト指名され、
あの伝説の引きによって長嶋巨人軍に入っていなかったら。
というのはやっぱりありえないことだったのだろうと思います。
一番の思い出が「長嶋監督との素振り」というのが
二人の関係性を表していたと思います。
トーリ監督の話がなかったのはちょっと意外でしたが
それだけ長嶋監督への思いが強かったのかなと。
彼を追いかけることでヤンキースを好きになり、
そのチームメートを好きになり、ライバル球団の選手も好きになり
MLB自体を好きになるという相乗効果がありましたが
その根幹が無くなることで今までのような熱さを野球というスポーツに
持てなくなるということも非常に残念なことです。
でも、彼という存在をリアルタイムで体感できたことは
本当に幸せだったと思います。
彼を通してブログやTwitterで様々なファンとも出会えて
私自身の人生の幅を広げてくれた存在でした。
あの放物線、放り投げられたバット、キャプテンに頭を小突かれる場面、
一生忘れないと思います。
久しぶりにあの試合を再見したいです。
「もう少しいい選手になれたかもね」
この向上心が彼の全てだったのかも知れません。
マヤ暦の様に一つの区切りは終わりましたが
また新たな暦が始まります。
これからも彼を追い続けるのは変わりません。
ひとまずはお疲れさま、いままで本当にありがとうございました。

| | コメント (1)
|

2011/07/21

きょうの三本

Hm012

それにしても長かった。。

松井が打って、アスレチックスが勝つ。

これが揃うのにどれくらい掛かったのか。

キャプテンの3000本フィーバーには及ばないけど

3安打3打点で久しぶりに勝利に貢献出来た形。

追加点タイムリー(内野安打)、勝ち越しホームラン、勝ち越しタイムリー。

「だいぶ時間がかかったけど、あす以降、

ようやくそういう質問をされないので良かった。

こんなにかかるのなら意識すれば良かった。

(そうすれば)もっと早く出たかもしれない」

「光栄なことではある。見ている方が喜んでくれればいい。

早く501号が出ればいい」

「特別は特別。一番最高な結果なわけですから、本塁打は。

でも、そこを目指して打席に入ることはない」

「一塁コーチが(捕った)ファンと交渉してくれたけど、決裂しました。

できれば実家に送りたいと思ったが、打ったバットがあるので、

そちらを送りたい」

キャプテンの記念ボールはきちんと帰ってきたんだけどね。。

ファンもそこは考えてくれないと。。

まあ早く501号が見たい。勿論生で!

| | コメント (0)
|

2011/05/12

5年前の今日とその4ヶ月後

2006年5月12日9月13日(日本時間)

この日があってあの日がある。

5年後の日本はどうなってるのかな?

| | コメント (0)
|

2011/01/01

きょうの一枚

Hm010

さて、どのスイッチが付くのかな?

打点?ホームラン?MVP?

全部でも全然オーケー!

| | コメント (0)
|

2010/12/15

きょうの二枚

Hm005

Hm008

どっちが前に行くのかな?


| | コメント (0)
|

2010/12/14

今の気持ち

ついに明日会見が行われてアスレチックス行きが決まる。

それまで待とうかとも思ったけど、ひとまず今の気持ちを。

ヤンキースからエンジェルスに決まった時は

ある程度ライバルチームということで知ってる顔もあって

そこそこの期待感はあったけど、

今回のオークランド行きは。。

モチロン毎日松井の打撃は見たいけど、

それだけじゃないのがMLB観戦の楽しみ方だからね。

はっきり言ってカートスズキしか知らないチームって。。

今年も相当数エンジェルスとも戦ってるはずなのに

ほとんどNHKBSでは中継無かったんだよなあ。

来年はどうするんだろう。

エースは?クローザーは?足なのか、守備なのか、特色が見えてこない。

チームとしての人気もどうなのか。

オークランドという街の評判は?

話によると相当「危ない」街みたいだし。

まあ55番も貰えるし、守備もやらせてもらえ「そう」だし、

今度こそ「引っ張っていく」存在にならざるをえないよね?

最年長の選手って誰?

リーダーっているの?

もうわからないことだらけだけど、

彼を信じるしか無いね。

リーがフィリーズに決まってとりあえずレンジャースから出て行って、

意外と一番のライバルはエンジェルスになるのかな?

まあずらずら書いちゃったけど、

明日の会見の顔を見てからこれからの方針を決めますか。

| | コメント (0)
|

2010/10/04

今季の総括

Hm117

思いがけず録画されてたのでそちらを見ながらの総括を。

っていうかこの時期に総括することになるとは。。

今日は21号を撃って打点84、打率.274。

数字だけを見ればまずまずと言えなくもないけど、

優勝請負人としてはペケが付くのかな。。

まあ松井一人に責任を押し付けるのはどうかと思うけど。

チームが松井に裏切られた、という声もあるけど、

松井もチームに裏切られた感はあるんじゃないかな?

あの嫌らしい、どこからでも点が入って、競った試合を最後はモノにする、

っていう「あの」エンジェルスはどこにいったのか。

守備もボロボロ、スタータは揃わず、ブルペンもガタガタで、

暴走もあり、怪我人も出て、

さらに「期待してた」ソーシア采配も、今年は別人?って感じで、

まるで汁を見てるかのよう。。

ってどんどん愚痴大会になっちゃうからこのへんで。

先日の松井会でも話してたけど、

エンジェルス残留がホトンド無い現在、

理想の移籍先は黒豚君を追い出してのボストン、だけど、

誰かさんが嘆き悲しみそうだしなあ。。

シアトルに、なんて考えもつかないけど、1%でも可能性があるのかな?

オークランドは悪いチームじゃないけど、なんとなく優勝を狙いにいく

チームに見えないし。

そうなるとかつてのレイズに倣ってボルチモア「デビル」オリオールズも

目がないわけじゃない?

まあポストシーズン中に決まることはないとは思うけど、

どこでもいいから一日も早く決まって欲しいです。

どこにいっても応援するのは変わらないから。

ひとまず一年間お疲れ様でした。

| | コメント (3)
|

2010/06/13

ことしのバースデー(敬遠・・)

Ms004

ここまで亜米利加仕様のオーダーとは。。

そして、

Jt001

敬遠って冗談じゃなかったの??

とりあえずお誕生日おめでとうございます。。

| | コメント (0)
|

2010/06/12

きょうの恩返し?

Hm106

ツーショット写真が見つからない。。

でも映像は見たからね。マッティングリーも来てて、ユニフォームは違っても

あの笑顔は相変わらず。

一、二打席はいい当たりも結果はアウトで、でもツーアウト満塁での第三打席は

先っぽで勢いが落ちたのが幸いしたのか、ハンターも長駆ホームインでの三打点!

結果日米通算1523打点で気がつけばもうひとつの師匠越え(長嶋氏)。

メジャー通算150本塁打に気を取られてたけどそれはあしたの誕生日に?

あしたも是非スタメンで使ってやっておくんなまし、ソーシア。

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧