カテゴリー「北京オリンピック」の20件の記事

2008/08/24

今回のオリンピック(総括)

「感謝」「連覇」「悲願」「失望」「日本○○」

  

まず一番印象に残ったのは、各選手のインタビューでの

「家族」「コーチ」「仲間」「ファン」への感謝の気持ちを表したもの。

今までそういうインタビューを聞いていても「ホントにそう思ってるの?」

って感じだったけど、今回様々な選手の声を聞いていて、実感として周りのみんなに

支えられての結果だったというのが改めて感じられました。

    

そして一旦は競技から離れるかもしれない状況に追い込まれてからの復活&連覇を

成し遂げた選手たち。

一度頂点を見てさらなる目標を持つことの難しさ、

それを支えた家族やスタッフ、応援するファン。

9個の金メダル中7個が連覇っていうのは

ちょっと次の大会に向けて心配ではありますが。

  

そして何といっても今大会の一番は「悲願の金メダル」女子ハンドボール。

いままでの歴史を見てきたものとしては(まあ五輪期間だけですが。。。)

長年の夢である、「オリンピックでアメリカに勝って優勝する」という悲願が達成されて

本当に嬉しく思いました。

それも「最強の」アメリカを相手にしての勝利ということで、

最後の大会というのだけが残念ですが、こちらは大丈夫だと信じています。

   

そしてその反面「失望」したのが野球。

確かにストライクゾーンの「不安定さ」という要素はありましたが、

それはどのチームにも当てはまるもので、

やはり星野監督を信頼しすぎたのが敗因だったのか。

世界大会、一発勝負という環境の中で、

選手の状態を正確に把握し、その場その場で一番いい状態の選手を起用する。

駄目だと思ったら即座に切り捨てる「非情さ」というものが最後の決め手だったと。

来年のWBCがあっという間に来てしまいますが、

次回は監督選出、選手の選抜、バックアップ体制と、間違うことが許されない状況。

前回優勝国としての自覚、今大会の結果と合わせて、

今度こそ負けられない戦いになる、ということを今一度考え直して望んでほしいです。

  

今回のオリンピックは改めて「世界大会」というものを実感した大会だったと思います。

「日本柔道」「体操日本」「日本野球」

日本人の価値観の中育ったスタイルが世界の中でどういう位置にいて、

これからどう変化すべきなのか、変化してはいけないのか、

改めて考えさせられる時に来た気がしました。

中国での開催ということで、始まる前からいろいろありましたが、

始まってしまえばやはり世界のトップの真剣勝負に魅了されて、

あっという間に終わってしまった感があります。

きょうの男子マラソンで最後に競技場に入ってきた佐藤選手に対しての「加油」コール。

最後の最後でようやく中国の応援に共感できました。

  

フェルプスの八冠、ボルトの圧倒的な勝利、シンクロロシアの満点演技、

頂点の中の頂点のパフォーマンスが今回もたくさん見られて、

内容的には大満足なオリンピックだったと思います。

Sb3

続いて欲しいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/22

きょうの無理心中

Hj2

七回に藤川が出たときに、「あれ?八回はどうするの?」と思ってて、

案の定八回は岩瀬。

この時点で負けを確信しました。。。

当たってないスンちゃんにまわってきて

一発だけはと思いながら結局打たれて万事休す。

GGのエラーとかは関係ありません。

上野で心中するのは誰もが納得ですが、岩瀬では無理心中と言うしか。

結局情に流された「星野ジャパン」ではなく「星野さんと不愉快な仲間達」。

きのうのソフトの喜びが半減したきょうの試合。

これだけのピッチングスタッフを揃えながら、

決勝を見据えすぎた温存&温情采配。

結局はじめから藤川、岩瀬、上原と決めてかかっていたのがそもそもの間違い。

っていうかもう書く気が起きない。

録画がうまく録れてなかったみたいだけど、見る価値がないってことなんだろうね。

でみなさん帰ってくるんですか?

――調子の良くない岩瀬を、どうして大事な場面で起用したのですか?

(韓国メディア)

星野監督 それは私のやり方ですから。

だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/21

最初で最後の金メダル

Yu

初回不運な当たりで満塁までいったけどなんとか無失点で抑えたのが効いてきたのか

三回三科の今大会初ヒットのダブル、バント後のショート内野安打で待望の先取点!

そして四回3番山田が高めのボールを思い切り引っぱたいて

センターオーバーの追加弾!

と思ったら雨が激しくなってきて一時中断。

宇津木氏の言うとおり流れを変えたくないのもあるし、そこまでひどくもない雨で

これがどう影響するのか。

でなでしこを見てみたら0-1で負けてる。。。

きょうも上野が投げてて、うまい具合に力が抜けて、丁寧なピッチング。

20分弱の中断からどう展開していくか。

四回表ツーアウトランナーなしから再開。

広瀬三振でチェンジ。

四回裏、二回目の4番ブストス。

軽ーく合わせただけのバッティングであっという間にスタンドイン。

パワーもあるけど打撃もうまい。二球同じ球は駄目だね。

そしてなでしこはもう一点取られて0-2で4位決定。

よくやったとも言いたいし、もう一歩とも思うし。。。

上野も最後はドキッとしたけどセンターフライで後続は抑える。

五回表はまたオスターマンの投球が低めに決まりだして三者凡退。

五回裏、上野もきっちり攻めて三者凡退。

(それにしても宇津木氏叫びすぎ。こっちがヒヤッとする。。。)

六回表アメリカはアボットにスイッチ。

さらに球が速くて重い。どうなってるの?

それでも3番山田、きっちりセンター前に打ち返して凄いねえ。

4番馬渕、109kmが肘に当たってツーアウト1,2塁。

最後はチェンジアップで佐藤は三振。うまいねえ。

六回裏、2番にヒットが出て3番バントでブストス敬遠。まあしょうがないか。

1アウト1,2塁でギリギリの投球でフォアボールで満塁。

6番をショートフライ、7番もセカンドフライで今度も守り抜いた!

あと一回、あと一回!

七回表、広瀬低めをサード横に捌いて三科バントをセカンド送球も取り損ねて

ノーアウト1,2塁!

峰はピッチャー強襲でランナー進めて1アウト2,3塁。

打球が足に当たってどうするアメリカ。

藤本ピッチャーゴロもホーム送球エラーでサードホームイン!

二人目はホームタッチアウトも1点追加で3-1!

最後は見逃し三振も貴重な一点。

さあ最後の「攻撃」!

先頭打者がセンター前で出たけど、ショートファールボールを追って追って掴んで、

1番のサードライナーを執念のキャッチ。

そして最後もサードゴロ。ファーストにボールが渡ってついに勝った!

勝ったんだよね!

宇津木「監督」も嬉しくて言葉が出ない!

しばらく無言の中継の中、健闘を称えあう選手たち。

やっとここまで来たんだね。

絶対勝てない、なんてことはない、ってことをようやく証明してくれた彼女達。

Sb1

本当におめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうで終幕

Af

「夢の舞台で五輪チャンピオンと試合できてよかった」。北京五輪卓球女子シングルス4回戦で、世界ランキング1位の張怡寧選手(中国)に敗れて全試合を終えた福原愛選手(19)は、笑顔で振り返った。
 2005年から世界最高峰の中国スーパーリーグに参加。中国語も堪能で、中国では「瓷娃娃(ツーワーワー、磁器の人形)」「小愛(シャオアイ)」の愛称で親しまれる。試合中は張選手への「加油(頑張れ)」の大声援に交じり、中国語で「
福原愛」コールも起きた。「(張選手は)北京出身なのに、(自分を)応援してくれてうれしい。中国の人の声援が聞こえた」と福原選手。
 「納得いくプレーができた。アテネ出場はラッキーだったけど、北京は狙って出られたので満足。悔いは残っていない」とも。家族や監督への感謝を口にした後、報道陣に「ありがとうございました」。愛ちゃんスマイルで締めくくった。(了) by 時事通信

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080821-00000114-jij-spo

第二の故郷で最高の舞台を満足して終われるって、色々な意味で「有難き」こと。

ひとつのステージが終わったのかな?

次のステージは何を目標にするのか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふたつの金&世界新

Uv1

Uv

凄い、凄すぎる。(ってどっちも見逃してる。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/20

ふたつのタイブレーカー

Ue

結局きょう一日で何球投げたのか。(正式記録21回、318球。シンジラレナイ!)

野球との二元中継で書き出したんだけど、あまりにも終わらなくて書き直し。

それにしても凄すぎる。

午前10時半からのアメリカ戦で九回を投げて、午後6時からのオーストラリア戦も

最終的には12回を投げきっての勝利。

点を取らせる為のタイブレーカーが機能しなかったのか、

延長八回から5回で1失点だからね。

点を取られた11回の裏に再度追いついて、12回にようやく満塁からのセンター前。

七回ツーアウトからの痛恨の同点弾後、ここまで引っ張られるとは。

で明日も投げるの?

結局野球は六回裏から本格観戦ということだけど、こちらも動かないねえ。

ダルビッシュの先発も二回で降板で三回からはマー君って調整登板ってこと?

韓国戦かキューバ戦でもう一回先発するのかな?

六回裏1アウト1,2塁からセカンドバーデンの二つの「守り」勝ちで無得点。

でこちらも11回に突入して初めてのタイブレーカー。

ノーアウト1,2塁からのスタートで打順も選び放題。

ピッチャーは10回に続いて岩瀬で、アメリカは8,9番がランナーで1番バッターから。

そしてバントをしてくるのかと思ったらいきなり初球をヒッティングで

センター前へのタイムリー。1,3塁。スタートまでにごちゃごちゃしてて

集中力が欠けてたか。。。

さらに初球をライト前でさらに1点でまたもや1,3塁。やられた。

こちらはきっちり機能してるタイブレーカー。

で今度もセンター前に落ちて3点目。またもや打たれる岩瀬。

4番をようやく三振に取るもファーストゴロの間にホームインで4点目。

最後はファーストフライも4点は多すぎ。

そして日本は荒木、西岡がランナーで2番青木からの攻撃。もう打つしかない。

で青木は三振、新井はセンターフライ、稲葉にようやくライト前タイムリーが出るも

遅すぎでしょ。

中島にレフト前が出て2-4でツーアウト1,2塁で川崎。

ワイルドピッチでランナー2,3塁となって一打同点?

そして川崎敬遠で代打慎之介。一発狙ってる?

最後は変化球をファールフライで終わった。もうこの時点で終了。

ベスト4の4位。上位3チームに全敗ってもう駄目でしょ。

このチームで勝っちゃ駄目ってことでしょう。

韓国に潔く負けて帰ってきてください。ソフトボールに期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/19

今後の展開

韓国がキューバに勝って、事実上1位通過でキューバは2位。

そして明日のアメリカ戦に勝てば3位、負ければ4位。

3位ならキューバと、4位なら韓国と準決勝。

WBCのことを考えると韓国、キューバの順番の方がいいかとも思うけど、

明日アメリカに負けてるようじゃ金メダルなんて夢のまた夢。

それに4位だと準決勝が11時からになっちゃうからやっぱり3位にならないと!

木曜一日休みでこれからのローテーションはどうなるの?

ダル、涌井、杉内、和田、(休み)、成瀬、涌井ってことはやっぱり明日はダルだよね?

ダル以外の先発はきっちり仕事をしてるし、明日きっちりダルが締めて、

キューバに成瀬、韓国にもう一回和田を当てて、ピンチになったら即座に継投で

総動員体制で乗り切るしかないよね。

中国戦は6回までに10点取って、七回も涌井がそのままで戦力温存作戦に。

調整登板させるほど余裕がないのかな?

10-0のコールドゲームで、とりあえず決勝トーナメント進出決定。

でも中国は韓国相手に0-1と競ってたんだよね。

どこでどういう結果になるかは全くわからないし。

ここからアメリカ、キューバ、韓国とひとつも負けられない戦い。

もうやるしかない!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/08/18

まさかの勘違い

銀のヌデレバは大勘違いを犯していた。独走していたトメスクの存在に気づいたのは、ゴール手前41キロ過ぎの折り返しだった。「驚いた。前にいたのに気付かなかった」トメスクが20キロ過ぎに抜け出した時は、集団の後方につけていたため分からず、トップ集団にいると思い込んでいた。この勘違いがなければ当然、抜け出せていた。

 40キロ地点で1分1秒差。それまで集団の中で足元も滑ったため慎重な走りを続けていたが、昨年の世界陸上女王は猛然と追い上げ、トラックに入って地元・中国の周春秀とデッドヒート。競り勝って1位に22秒差でゴールした。

 2大会連続のメダル獲得はモタ、エゴロワ、有森裕子に次いで4人目。「この結果には失望はしていない。私の辞書に失望はないの。2回目の出場で2度目の銀メダルはすばらしいと思う」と、36歳は胸を張った。 by スポーツ報知

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080818-00000059-sph-spo

これもコースマジックだったのか。

縦長集団で道が狭まる箇所もたくさんあって、

走りながら順位の確認までは無理だよね。

でもこういうことって今までなかったのかな?

トメスク自身も何で追いかけてこないのか不思議がってたけど、

スパートに気が付かないなんて思いもしないだろうし。

誰か教えてあげるタイミングってなかっただろうし、

何か対策を打たなきゃいけないことだよね。

これだけ情報戦っていってる中で、順位っていう最低限知っとかないといけない情報が

疎かになってるなんてホントに灯台下暗し。

金メダリストになるのってホントに「ラッキー」なことなのかもね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/08/17

4つのメダル

Ki00

奇しくもアテネと同じ色になったけど、それぞれ全く別の色に見えたメダルたち。

でもそれぞれ「晴れやかな」笑顔が見られてそれだけはよかったと思う。

もうこの4人が揃うことはないだろうけど、それだけに価値のある4人だった。

でもその4人の仲間になれなかった選手たちが何人いたのか。

野球の代わりにレスリングの階級をもうすこし増やしてあげてもと。

ですぐに10月にまた世界大会があるんだって?

もうちょっと休ませてあげたいねえ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日跨ぎの連敗

Hj1

お盆で実家に帰ってちょっと人と会うことになって、自宅に帰ったのが7時。

女子レスリングは金と銀という「予想通り」の結果になって、

まあしょうがないかと思ってて、赤坂に帰るには微妙な時間で

親父が飯を作ってたっていうのもあって、

しょうがないから韓国戦を見てから帰ろうと思ってたんだけど、

まあ予想通りすんなり終わるはずもなく、魔の九回が終わった段階で、

「これで帰るのか。。。」と思ったら、まさかの反撃で「これじゃ帰れない!」

ってことになったんだけど、ノーアウト2,3塁からの三者凡退という、

三度目のまさかで結局終電に間に合わずに自宅に泊まることに。

そしてチャンネルを変えると100mが終わってる。。。

まさかまさかの9.69。それもゴール前で横を向いての記録ということで

信じられないこと尽くし。

ホントに人類に限界はないんだね。

そして朝一で帰ろうかと思ったら、そういえばきょうは女子マラソンか、

ってことでこちらを見てから帰ることに。

でも途中で土佐がやばくなって、中村も集団から離脱したところで

時刻表をみて帰ることに。

それにしても「マラソン中継」を何だと思ってるのか。

ただでさえどうなるかわからない北京のマラソンコースでの試合だったのに、

CMを見てるのか中継を見てるのかわからない放送内容で、

こんな中継するならNHKに中継権渡せ!って感じで途中で見る気もなくなって。

でもあんなロングスパートでそのまま独走するなんてね。

ホントにオリンピックはわからない。

で家に着いて男子400mメドレーリレーが見れて、米、豪に続く銅メダルで

日本も凄い位置に来たもんだなと。

これからは残りのレスリング、あと二人、馨はともかく京子はどうなるか。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧